某ホームセンターで売られている国内メーカの無名エンジンオイルに、化学合成系(VHVIベースオイル)の記載があるにも関わらず価格が非常に安い(\1580/4L)ものを見つけました。

 興味がわいたので、試しに使ってみようと自分なりに調べたところ、エンジンオイルのなかで化学合成油といわれるものには、PAO(ポリアルファオレフィン)・VHVI(Very High Viscosity Index:たぶん高度水素化精製の意味?)・エステルの3種類があることまで分かったのですが、じゃそれがどう違うの?となると今ひとつ明確に分かりません。

 これらのことについて詳しい知識をお持ちのかたがいらっしゃいましたら、以下の質問を分かりやすくお教えください。

1.これら3種類のエンジンオイルベースとしての特性/特徴はそれぞれどういうものなのでしょうか?
2.端的にエンジンオイルベースとして、どの成分・配合のものが優れているのでしょうか?
3.鉱物油ベースのものと比較すると、どの成分のものであれ化学合成系ベースのほうが優れていると考えてもいいのでしょうか?

 以上、ややマニアックかも知れませんが、よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

なんだかAgipのオイル(BEATIX)に似ていますね。


http://www.japan-oil.co.jp/html/oil/agip_s20.htm

VHVI、Agipではハイドロクラッキングと言っているみたいです。

コレらの特徴が簡単に説明しているトコロです。
http://www.japan-oil.co.jp/html/what/tokutyo.htm

経験談です。
Agip RIDiX と BEATIX をTodayに使ったことがあるのですが、
差が分かりませんでした。燃費も変化なし。
ただ、それまで使っていた BP Mini NA よりも遥かに良い結果でした。
http://www.bp-oil.co.jp/PRODUCT/mini.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもRESを有り難うございます。

 ご紹介下さったURLをもとにあれこれ探ったところ、PAOとエステルの特性が簡潔に記されていて、おおよそ理解できました。
 これを読んで、最近カストロールが力を入れているMagnatecというオイルも、おそらくはエステルを含んでいるらしいことが推測できます。

 その一方、アジップではVHVIをハイドロクラッキング油と呼んで、鉱物油を合成油レベルまで改質したものとして、鉱物油のカテゴリーに入れているんですね。

 てことはVHVIはやっぱり鉱物油の一種?、それとも合成油?
 ンンンンン、分からなくなってしまってます。(^_^;)

お礼日時:2001/08/20 09:48

今更ですが、VHVIのコトがチットだけ載っています。


ワックスを原料としたOIL?Agipのハイドロクラッキングよりも
遥かに100%合成油に近いそうです。
カー用品店で手にとってOIL缶の側面を見てくださいな。

参考URL:http://www.kyokuto-oil.co.jp/html/oil/elf_s.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 elfの缶をみてきました。
 ハイドロクラッキングとはベースが違っていてほとんど合成油と呼んでいいみたいですね。
 でもなんだかよくわからない・・・。
 結局SJ・SLクラスの表示=ドーナツマークのついたオイルならどんなものでも一定の規格を満たしているのだから、きちんとオイル管理していれば車にとっては大差ない??の??でしょうか??

お礼日時:2001/09/04 19:37

あまり回答にはなっていませんが,Castrol RS よりも 某貝殻マーク石油の普通のオイルの方が確実に燃費がいいです。

(実測データによる)
たぶん合成油はやわらかすぎて低回転ではエンジンにからみにくいのだと思います。
大枚はたいてRSを入れたのに残念。意味なし。
合成油はサーキット走行などRevオーバーぎりぎりまで回しても絶対に油膜切れを起こしてはいけないような時に有効なようです。
ちなみにシントロンぐらいになると,サーキット走行後、マフラーからほとんど透明なオイルがたれてきます。
エンジンを通過しても酸化,蒸発,燃焼しないオイル?
他のオイルではこの現象は見られません。
合成油は耐熱,耐酸化,性能は格段に良いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 RES有り難うございます。

 燃費的側面から見るとややこしくなっちゃうんですよね。
 でも合成油の10W-50と鉱物油の10W-30だと、そういう結果も納得出来なくはないです。

>合成油は耐熱,耐酸化,性能は格段に良いようです。

 つまるところ、合成油と呼ばれるものはこの2点では無条件に鉱物油より優れている=エンジン内部への堆積物が生成されにくい=エンジンにとって良い、と単純に考えてしまっていいんでしょうか。
 

お礼日時:2001/08/20 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイル鉱物油→化学合成油 効果は?

新車登録から11年経過し(2001年製)6万5千km走っているトヨタ車に乗っております(゜Д゜;)
私が中古で購入してから今日までトヨタ純正の鉱物油を入れてきました(゜Д゜;)
(おそらく前のオーナーもそうだと思います)

鉱物油から100%化学合成油に変えたら、体感での変化ってあるのでしょうか?(゜Д゜;)
そこまでの変化は無いでしょうか?
また、体感できなくても何か良い効果はありますか?(゜Д゜;)

それとコスト以外のデメリットも教えて下さい(゜Д゜;)
100%化学合成油だとオイル漏れしやすいとかオイルシールへのダメージが高いといったことを聞いたことがある気がするのですが、実際どうなのでしょうか?
11年前の国産車なら大丈夫でしょうか?(゜Д゜;)

最近、自分でオイル交換してみたくなり、どうせするならこれを機に100%化学合成油を入れてみてはどうなのだろうと思って質問させていただきました(エレメント交換もします)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、体感はできないと思いますよ。

こういうのを比べる時に
「古いもの→新しいものに変えて良くなった」という人が多いですが、それは当たり前で、AとBを比べるならなるべく同じ条件で比べないと意味がありません。
つまり
・古いオイル→新品のCオイル→比べたい鉱物油(この場合トヨタ純正オイル)
・鉱物油→新品のCオイル→→入れたい100%化学合成オイル
上記2つを比べるべきです。

でも、だれもこのように手間をかけた実験はしておらず、闇雲に古いオイル→100%化学合成オイルと変えて「良くなった、良くなった」とインプレッションしています。

ある程度の基準を満たせば、市販車でオイルの差を体感するのは難しいと思います。
レーシングカートに乗ってた時は、確かにオイルにより特性は違いますが、市販車では熱ダレしにくい水冷エンジンということもあり、まずわからないと思います。

私もなんとなく良さそうなので、部分合成油を10年以上入れていましたが、そのせいかオイルにじみは2車種で合計3回ありました。ですので、今は鉱物油オンリーです。鉱物油オイルで不満を感じたことはありません。

まず、体感はできないと思いますよ。

こういうのを比べる時に
「古いもの→新しいものに変えて良くなった」という人が多いですが、それは当たり前で、AとBを比べるならなるべく同じ条件で比べないと意味がありません。
つまり
・古いオイル→新品のCオイル→比べたい鉱物油(この場合トヨタ純正オイル)
・鉱物油→新品のCオイル→→入れたい100%化学合成オイル
上記2つを比べるべきです。

でも、だれもこのように手間をかけた実験はしておらず、闇雲に古いオイル→100%化学合成オイルと変えて「良くなった、良くなっ...続きを読む

Q化学合成オイルと鉱物油オイルですが

エンジンオイルには化学合成オイルと鉱物油オイルがあるそうですが、どちらがいいのでしょうか。

鉱物油の方が値段が安く品質も安定しているとも聞きますし、普通に走る程度なら鉱物油で十分なのでしょうか。

よろしく。

Aベストアンサー

>化学合成オイルと鉱物油オイルがあるそうですが、どちらがいいのでしょうか。

技術的に言うと、基本的に同じです。
エンジンオイルに関しては、値段=品質・性能ではありません。
日本国内外で走行する場合は、鉱物油でも何ら問題ありませんよ。
現実的には、アメリカ国内で開催している「インディーズ」でも鉱物油を使っています。
但し、質問者さまが「平均時速300キロで数時間走行する」また「急停止・急減速・急加速を行う」必要性があれば別ですが。

面白い実話です。
香水が発達した理由は、「体臭を隠す」目的ですよね。
では、化学合成油が発達した理由は?
アラブ産原油から精製した潤滑油の品質が、劣るからです。
(アメリカの鉱物油は、ペンシルバニア産原油から精製しています)
そこで、各潤滑油精製メーカーは「各種添加剤を加える」事で対応したのです。
各種添加剤が発達すると「何だ。化学合成出来るじゃん!」となった次第。
当然、原油から精製するよりも原価が多く必要ですから、販売価格も高くなります。
販売店の利益幅も上がります。
「鉱物油<部分化学合成油<化学合成油」と性能・品質がUPする!と商売を行う理由ですね。
すし屋で「鰯よりもトロ」を勧めるのと同じです。一貫で、トロの方が利益幅が高いのです。
本当は、鰯を勧める方が経営的には成功なんですがね。

>鉱物油の方が値段が安く品質も安定しているとも聞きますし、普通に走る程度なら鉱物油で十分なのでしょうか。

面白い報告があります。
(大前提として、メーカー指定グレード+メーカー指定粘度のオイルを準備)
化学合成油指定の自動車に、鉱物油を入れても(電子顕微鏡で見れば分かりますが)大きな不具合は発生しません。
鉱物油指定の自動車に化学合成油を入れると、目に見えて不具合が生じます。
何故だと思いますか?
化学合成油は、鉱物油に比べて「強い吸湿性+強い浸透性」があるのです。
例えば、新品時に5W-40の粘度でも、数ヵ月後には粘度が変わっています。(吸湿性)
例えば、鉱物油仕様の自動車に化学合成油を用いると、高い確率でオイルにじみが発生します。(浸透性)
つまり、鉱物油が安定した品質を保っている証拠なんです。

先のすし屋ではありませんが・・・。
年1回トロを注文するよりも、年2回鰯を注文した方が「健康+お財布」にも良いのです。
格闘家は、トロを多く注文する必要があります。^^;
自動車も、同じです。

余談ですが・・・。
カストロールは、「菜種油を潤滑油」として製造・販売してきた会社です。
今でも、社名に残している歴史ある会社です。
つまり「テンプラ油」でも、高速回転しない産業革命時代のエンジンには潤滑油として利用出来たのです。

>化学合成オイルと鉱物油オイルがあるそうですが、どちらがいいのでしょうか。

技術的に言うと、基本的に同じです。
エンジンオイルに関しては、値段=品質・性能ではありません。
日本国内外で走行する場合は、鉱物油でも何ら問題ありませんよ。
現実的には、アメリカ国内で開催している「インディーズ」でも鉱物油を使っています。
但し、質問者さまが「平均時速300キロで数時間走行する」また「急停止・急減速・急加速を行う」必要性があれば別ですが。

面白い実話です。
香水が発達した理由は、「体臭を...続きを読む

Qホームセンターで自動車のオイルを見たらピンキリの値段でした 合成油と鉱

ホームセンターで自動車のオイルを見たらピンキリの値段でした 合成油と鉱油があり前者の値段が高かったです この違い違いは何なのですか? それからジーゼル用とガソリンエンジン用のオイルの違いは何ですか?

Aベストアンサー

化学合成油は、鉱物油より製造に手間が掛かっています。
その分の差額だと思えばいいです。
その分、化学合成油の方が総じて性能は良いです。
が、貴方の車に適合するのかどうかは別の問題

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンより圧縮比が高いです。
つまり、より大きな力が掛かると言うこと。
その分、高圧に耐えられる油膜が作られることが必要な条件となります。
また、ガソリンに比べて汚れが出やすいので、それをきちんと取り込む清浄性が必要です。

ぶっちゃけ、ディーゼル用はガソリン車にも使えますが、ガソリン車用はディーゼルには使えません。
共用の物もありますけどね。
燃費をどうこう言いたいのなら、それぞれ専用で、指定粘度の物を使いましょう。

Q100%化学合成油

鉱物油に対してのメリットありますか、値段高いのであるとおもいますが、なんなのでしょう、ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

ベースオイル(添加材が入っていない状態)を比較すると、化学合成油のほうが優れている性能として、下記の性能があります。
低温流動性、蒸発性(オイル消費が少ない)、酸化安定性、温度粘度特性などに優れています。
http://www.castroljapan.com/jpn/useful_aboutoil_why.shtml

それに加えて、化学合成油のほうが高性能の添加材を加えてありますので、性能の差は明らかだと思います。主な添加材は以下のとおりです。
1.減摩剤(=摩耗防止剤)及び抗酸剤(=酸化防止剤)
2.酸処理剤≒清浄分散剤
3.粘性維持剤(=粘度指数向上剤)
4.抗泡剤(=消泡剤)
5.流動点改良剤(=流動点降下剤)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiroshi/oildata.html

以上のように化学合成油の方が優れてはいますが、自動車メーカーが鉱物油を薦めているわけですので、鉱物油で十分です。

大切なのは、定められた周期でオイル交換することです。
(もちろんオイル以外のメンテナンスも重要です)

参考URL:http://www.castroljapan.com/jpn/useful_aboutoil_why.shtml

ベースオイル(添加材が入っていない状態)を比較すると、化学合成油のほうが優れている性能として、下記の性能があります。
低温流動性、蒸発性(オイル消費が少ない)、酸化安定性、温度粘度特性などに優れています。
http://www.castroljapan.com/jpn/useful_aboutoil_why.shtml

それに加えて、化学合成油のほうが高性能の添加材を加えてありますので、性能の差は明らかだと思います。主な添加材は以下のとおりです。
1.減摩剤(=摩耗防止剤)及び抗酸剤(=酸化防止剤)
2.酸処理剤≒清浄分散剤
...続きを読む

Q100%化学合成ギアオイルの交換サイクル

オイルの劣化速度の違いのせいで部分合成オイルよりも早めになりますか。

Aベストアンサー

オイルの特性でいえば、峠やサーキットを攻める、ジムカーナ、ラリー走行をするなど、高温環境下にならないかぎり、極端な差はないですよ。

それよりも、距離で換えるサイクルとして街乗りや短距離走行が多いようであれば、目安となっている2~3万より気持ち早めに換える程度でいいんじゃないかと。

ただ、新車のときは金属くずがでますから、最初の3000までと1万までの2回は交換しておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報