ベンツやBMWはボディー剛性や側面からの衝突に
対して有効だからセダンの形式を取ってます。昔は
カリーナEDやブルーバードなどピラーレスハードトップも
ありました。今はスバルレガシーはピラードハードトップです。
マーク2はピラードハードトップからセダンへと変わりました。

質問ですがプレスセダンとピラードハートトップでは
剛性や側面からの衝突に対する安全性は同じでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

皆さんが詳しい説明をしているようなので、私は補足ということでお話させてください。



一応答えておこうかな。。。
側面衝突と剛性は車種によります。
ハードトップで剛性が強い車はたくさんありますし、セダンで剛性の弱い車もたくさんあります。
これは設計上の問題です。
詳しい話は、皆さんのお答えで出ているので、省きます。

で、私が説明したいところは、カリーナやブルーバード、マーク(2)が何故セダンになったかと言うところですが、これは車種整理のときに変更になりました。

むかしは、カリーナはスポーツ的な車でしたし、マーク(2)もコロナのスポーツといった所でした。
車種統合の時に、カリーナの兄弟車としてセリカが出てたため、カリーナはセダン系列で販売しようと言う事になったのです。
マーク(2)も似たようなもので、スポーツはセリカに任せて、マーク(2)は独自に高級スポーツセダンとしてクレスタ、チェーサーと重なりました。
(チェーサーは今でもハードトップかな? 忘れた。。。)
ブルーバードもスポーツとしてハードトップがありましたが、グロリアとかにお株を奪われて、今ではパルサーと統合、ゆったりセダンとスポーツセダンの間にはいってしまいましたね。

こういったことで、セダンに変化したので、剛性や安全性でハードトップから変わったのではありません。
(まあ、少しは安全性という言葉もあったかもしれませんが。。。)

ってなことで、一応余談としてご説明いたしました。
ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんお返事ありがとうございます。
やっぱりハードトップいいですね。

お礼日時:2001/09/16 22:23

 現在売られているクルマの側突安全性に関しましては、セダンでもピラードハードトップでも、基本的には設計年度の新しい方が安全とお考えになられてヨイでしょう。


 ただ、設計的な見方をしますと、ピラードハードトップのBピラーは、外側にサイドウインドゥがオーバーラップする為セダンのBピラーより断面積を稼ぎにくい形状となってしまい、結果、同じ側突性能を確保する為に板厚を増やしたり内部構造を工夫するなど、セダンよりアタマとおカネを使わなければなりません。

 さて次に車体剛性に関してですが、車体剛性と衝突安全性は必ずしも関係はありません。
 車両剛性とはバネ定数に置き換えてその大きさで決る値で、一方衝突安全性能は変形による衝突エネルギの吸収量で決る値です(工学的に申しますと、「剛性は弾性域、衝突は塑性域」の話となり、直接的な関係はありません)。
 スカットル付近がタワタワでハンドルがフラフラのオープンカーでも最近のクルマならFMVSS(北米)やEURO-NCAP(欧州)の衝突基準を満足していますし、一方現在乗ってみても侮れない剛性感を持つ20年前のベンツなどでも、今日の衝突安全基準を満足するかどぅかは判りません。
    • good
    • 0

自動車事故対策センターの自動車アセスメントでは


あまり差はないようですね

個人的にも
ピラードハードトップとセダンでしたらあまり差がでないと思います
(どちらも同じ位置に柱があるから)
ピラーレスの場合は大きな開口部になるから剛性不足になると思う

参考URL:http://www.osa.go.jp/anzen/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薄膜のたわみによるヤング率変化について

薄膜のたわみによるヤング率変化について
質問させてください。

例えば、A4サイズの紙の短い辺の片端だけを持つと、
重力によって紙は当然ペロンと下に曲がります(たわみます)。
しかし、長い方の辺にすこしだけ力を加えてたわませると、
その紙は下にたわまなくなり、重力に抵抗できるようになります。
厚みなどのパラメータは変わりませんので剛性変化というよりも、
ヤング率が変化したと考えられると思います。
また、この現象は金属膜でも同様に確認できます。

さて、この現象をどのように理解したらよろしいでしょうか?
長辺方向の変形による、ヤング率の変化
(いわゆる微分剛性やストレススティフニング)でしょうか?
みなさまご教授ください。

Aベストアンサー

>アーチ構造にして見かけ上の剛性が変化した場合、
>同じだけたわませるにはより応力が必要になると
>考えてよろしいでしょうか?

いえ、アーチは応力がそもそも発生しにくいのです。
より大きな応力ではなく、より大きな荷重が必要と言った方がいいでしょう。
ウィキペディアの図を借用して解説しますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Arch_action.png
アーチはその形状から曲げモーメントを軸力に変換します。

曲げモーメントが作用した場合、軸力が作用するのに比べ、多大な応力が発生し、
これが大きなたわみを生み出します。
ところが、アーチ形状では、曲げモーメントが発生しにくいため、
そもそも応力があまり発生しない構造といえます。
これは剛性というより、形状によって発生する断面力に差異があると考えてください。

Qスバルのレガシーツーリングワゴンについて

最近、街を走っていて見かけたレガシーツーリングワゴンについてです。
いつの年式のものかわかりませんが、テールランプが五角形のような形で、BMWの1シリーズを彷彿させるような後部外観でした。
いつの、なんとういうモデルのレガシーかわかる方情報提供お願いします。
とてもいい感じのデザインに見えて欲しくなったのですが買いようがありません。
情報が大雑把で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も乗っているBP型のレガシーツーリングワゴンです。先代モデルです。
レガシールーリングワゴンの中でもベストモデルです。
現行モデルになってから、アメリカでの販売を重点に置いて、ボディーサイズを大きくし、少しもっさりさせてしまいました。大いにがっかりしました。
BP型にはもう8年乗っていますが、買い換える気にならず、もうしばらく乗り続けるつもりです。
特に後期のC、Dモデル(スバルは年改と称して毎年マイナーチェンジを繰り返している)が完成度が高くベストです。(スタイル外観はまったく同じ)
中古をお買いになるならこれを狙われるといいです。

Q伸び剛性と曲げ剛性

一辺が50cmの正方形断面を持つ鋼鉄の伸び剛性と曲げ剛性は下の値で合ってますか?

鋼鉄のヤング率E : 206*10^5[N/cm^2]
断面積A : 25*10^2[cm^2]
断面二次モーメントI : 52*10^4[cm^4]

伸び剛性 EA : 5*10^10[N]
曲げ剛性 EI : 1*10^13[N*cm^2]

大雑把な値を使ったので、正確な値とは大分違うと思うのですが、大体合っているかどうか知りたいです。
どなたか教えてください。
あと伸び剛性と曲げ剛性の単位も自信がないので間違っていたら教えてください。

Aベストアンサー

あってます。
必要ある場合は、有効数字を意識して下さい。

QカリーナEDのホイールについて

カリーナEDのホイールを購入しようと思うのですが、
思うような情報が手に入らなかったので、質問させていただきます。

今度購入検討しているのが、
5穴・7J・100PHD・オフセット+48・17インチと、
5穴・7J・100PCD・オフセット+50・16インチ
のホイールですが、
内側に入るのは良いのですが、外に出て車検が通らない、
ハンドルをきると当たる、など、支障はあるのでしょうか?

すいませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前乗っていたカリーナED(ST202)に履いていたアルミですが
ホイール
7J-17インチ・オフセット+40・PCD100(5穴マルチでした)
タイヤ
215-45-17
でした
たぶん普通に乗るにはこの辺がぎりぎりだと思います。
フェンダーはこのサイズでつらいちでした。
タイヤの干渉はなかったです。
タイヤサイズは少し純正より大きいはずですが車検を結局取らずに手放してしまったので車検に通るかは不明です。
検討しているホイールがかなりオフセットの大きいものですのでもしかしたらサスかどこか内側に干渉する可能性があると思うので確認したほうがいいかもしれませんね。
ちなみに、もしスーパーストラットサス仕様のグレード(設定があったかわかりませんが)でしたらサイズ変更は不可のはずですので注意してください。
覚えているのはこのくらいですが参考になれば幸いです

Q見かけのヤング率について

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチューブ先端の変位
I:カーボンナノチューブの断面二次モーメント
と記述してあります。

ここでEを”見かけのヤング率”としている理由に関して論文中では、
『ナノチューブの断面は定義しにくいためパイプと仮定し、断面係数を変形に因らず一定とみなしている。今回求めたヤング率はこの効果(断面係数一定)を含み、曲げ剛性を示しているので【見かけのヤング率】と呼ぶ。』
とあります。

(1)パイプと仮定したら断面係数を変形に因らず一定とみなせるのですか?
(2)断面係数を変形に因らず一定とみなすと具体的に何を無視して計算することになるのでしょうか?現実とどうかけ離れるのでしょうか?
(3)断面係数を変形に因らず一定とみなすことと曲げ剛性との関連は?

以上三点お願いします。どれか1つでもかまいません。
長文失礼しました。

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチュー...続きを読む

Aベストアンサー

パイプの断面係数を理解されたらとりあえず解決するかも。
工学部でしたら、石を投げたら機械系の学生に当たるとおもいますので、謝りがてら聞いてみましょう。

Qセダン系かハッチバック系でGT-Rやスープラ等と互角の勝負出来るスポー

セダン系かハッチバック系でGT-Rやスープラ等と互角の勝負出来るスポーツカーありませんか?
用途はサーキットや普段の足にしようします

Aベストアンサー

WRCは残念ながら撤退してしましたが、
いまだにレースを目的に本気モードで車作りをしている、
スバルをおすすめします。

インプレッサSTIがいいと思います。
特にコンペティション仕様であるスペックCだと最適です(`・ω・´)

最近出たセダン
http://www.subaru.jp/wrxsti/nurburgring/index.html

スペックC動画
http://www.youtube.com/results?search_query=Impreza%20SpeC&search=Search&sa=X&oi=spell&resnum=0&spell=1

Q剛性について

学生です。

実験するにあたって初期剛性を実験地と計算値で比較するのですが、なぜ計算値のほうが大きい値になるのでしょうか??

また初期剛性はどのような式で計算できますでしょうか??

P=kδのkが初期剛性ならば、k=EIであらわされるとなっていましたが、EIとは曲げ剛性のことではないのでしょうか??この場合、初期剛性=曲げ剛性なのでしょうか?

せん断剛性は考慮しなくてもいいのでしょうか??
またせん断剛性はどのように表されるのでしょうか??

Aベストアンサー

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず。
しかし、AとBは同じにならず、B>Aとなることがある。
すなわち、耐震壁周囲の境界梁、寸法効果をどうしても加味しなければ、設計に応用できる結果が得られない。
ということをです。

せん断剛性は、たしか、
G=E/2(1-γ) では。
γ;ポアソン比

単純に、
>初期剛性=曲げ剛性+せん断剛性
です。
これは、間違っていないと思います。
初期に限らず部材の応力と変形は、曲げとせん断の総和だと思います。

しかし、実験では、変形量しか判らないので、
曲げ変形 と せん断変形
を分離して考えないとなりません。
しかし、これは大変難しいから耐震壁では、あえてせん断破壊させてませんか?
といいますか、曲げ破壊する耐震壁は、低耐力で頭うちするんで意味が無いのでしょうか?
(自分でも、こんがらがってきました・・・)

で、またはじめに戻れば、
計算による曲げ剛性とせん断剛性、これと実験での結果との比較を行う。
これが実験を行う意味の全てではないか、私は考えます。
(計算どおりの剛性評価=変形量評価=耐震性能評価 が、可能であれば、世の中、”推定式”なるものは無い)

わたしも考え続けます・・。

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず...続きを読む

QU14ブルーバード 時々エンストします。

8年式ブルーバードSSS(SR18エンジン)に乗っています。
走行はようやく50000キロ程度で、年1回はディーラーで点検を受けています。
始動時は問題ありませんが、ある程度走行した後エンジンを切り、次にエンジンをかけようとすると、始動後に回転数が上がらなくすぐにストンとエンジンが切れてしまいます。(1~2年前より)
この症状が出ると何度始動を繰り返してもすぐにエンジンが止まります。無理にアクセルを踏んで回転数を上げますが、アクセルを離すとすぐに止まります。
一度駐車場内でアクセルを踏んだまま軽く走らせましたが、回転数が不安定なままで、走行中でも回転数が落ちて止まります。

普段なかなか症状が出なく(翌日には問題なく走れます)、3ヶ月に1度ぐらいこの症状が発生します。ディーラーに出すと「症状出ず」で返されてしまいます。

想像できる不具合点がありましたら、教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ガソリンタイク内に水が溜まっている場合に同じような症状がでました。
いつも満タンにしていないと、気温の変化でタンクの内側に水滴が付きます。
ガソリンとは混じらないのでインジェクションに水がまわりエンストします。
ガソリンスタンドで水抜き材(アルコール)を入れてみましたか?
どうでしょう?

Q剛性について簡単に教えてください

剛性と比剛性との違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 補足です。
 ある物体に力がかかったときの変形のしにくさ。
 力pを加えたときの変位をδとすると、変形のしにくさの尺度は
 p/δ である。
 とお答えしましたように、変位が少ない=小変形 ならこの値
 p/δ は大きくなります。(剛性が高い:分母が小ですから)
 この回答で何か変でしょうか?
 比~ とは何かを一定にしたときの相対値で、ここでは、物体の変形が一定
 として、そのために加える力の大きさの比をいいます。
 ただ、強度と変形の相関はかなり問題があります。つまり、
 強度=硬さ=もろさ
 変形=柔らかさ=粘り強さ
 なんか、日本刀の解説みたいになりましたけど。
 だから、真の強度は、復元力を含んで(粘り強い)、変形しにくいのですが。
 

Q日産ブルーバードのエンジンがかからない。

H7年式日産ブルーバードですが、今朝エンジンがかからなくなりました。
今回の台風でかなりの雨がかかったりしたのですが、昨日の17時には問題なく
懸かりました。
スターターは回りますが、エンジンがかかりません。
一瞬懸かってもすぐに(1秒くらいで)エンストします。
燃料が適正に供給されていないのではないかとも考えますが、
原因はやっぱりIC基盤でしょうか?
対処方法があれば教えてください。
もしもIC基盤が原因だとしたら修理費用はどのくらいでしょうか?
来年車検で買い換えるかどうか迷っている時期の故障なので・・・・
どのたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>状況は車庫内で横殴りの雨にさらされた程度です。

それでしたらまったく問題は無いですね。

>水抜き剤を入れた場合、効果はすぐにあるのでしょうか?

効果は直ぐに現れませんし、効果があるかないかは、燃料タンク内を見ないとまったく分かりません。(体感できない為)

>エアクリーナーが濡れているかどうかの判断方法はありますか?

日産車は湿式タイプ(オイルで湿らせてある)のエアエレメントを使用していますので、多少の水分ならばエアエレメントに水滴が付いているので分かりますね。

それ以上の水分となると、エアクリーナーケースに水分が溜まっていますので見たら分かるでしょう。

>電装が濡れている場合、セルは回りますか?

セルモーターは回ります。 濡れていて不具合が起こるのは点火系統や各センサー類です。

>最近、走行中にクラッチを切ると(ミッション車です)エンストすることがたまにあります。これとの関連性があるのでしょうか?

これとの関連性が高いですね。 おそらくはエアフローメーターが壊れたのが、エンジン始動不良の原因かも知れません。

詳しい事は実際に見て見ないと分かりませんので、下手にいじらずそのままの状態で、ディーラーや整備工場に連絡して取りに来て貰った方が宜しいですね。

#1です。

>状況は車庫内で横殴りの雨にさらされた程度です。

それでしたらまったく問題は無いですね。

>水抜き剤を入れた場合、効果はすぐにあるのでしょうか?

効果は直ぐに現れませんし、効果があるかないかは、燃料タンク内を見ないとまったく分かりません。(体感できない為)

>エアクリーナーが濡れているかどうかの判断方法はありますか?

日産車は湿式タイプ(オイルで湿らせてある)のエアエレメントを使用していますので、多少の水分ならばエアエレメントに水滴が付いているので...続きを読む


人気Q&Aランキング