江戸時代の人(たとえば農民とか)って名字持ってなかったんですよね。そういう人たちが名字を名乗れるようになったとき(明治になってから?)どうやって自分の名字を決めたのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

mame3_21 さん、こんにちは~☆



興味ある質問ですねぇ!

明治3年に「平民苗字許可令」が出ておりましたが、
明治8年2月13日に、明治政府は「平民苗字必称義務令」という
太政官布告を出し、国民は全員『苗字』を名乗ることになりました。

さて、「義務」となっては仕方ないので、みんな『苗字』を
名乗ることにするのですが、突然そんなことを言われても
誰しも簡単には、思いつきませんよねぇ。
そこで、お寺の和尚さんや村の庄屋さんに相談する訳ですが、
相談された方も、あまりにも大量に相談されて、とても困った
のではないでしょうか?(笑)

詳細は下記のURLを、参照願います。

【苗字の日(2.13)】

http://www.nifty.ne.jp/forum/ffortune/calen/kine …

【苗字(名字)の由来と種類】

http://isweb2.infoseek.co.jp/~aries/myouji/kiso/ …

ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0

mame3_21さん、こんにちは


地名やその土地の特徴を表す言葉から来ているのが多いのではないでしょうか?
「森」「田中」「*田」「*沢」「*川」「*野」とかがそうですよね。
あと近所の真似ってのが結構多いように思います。
僕の住んでる地域にはほとんど牧野さんだけの村、大橋さんだけの村がありますから。
あと、農民って兵農分離する前は侍と同じだったので、普段は使っていなくても名字が伝わっていたりしたんじゃないでしょうか?
ウチの先祖は農家で名字帯刀を許されていたわけではないですが、江戸時代の文書をみると、名字を名乗っていたみたいです。
現代人が思ってるほど、農民が名字を名乗る事は厳しく取り締まられていたのではないのかも知れないですね。
    • good
    • 0

明治になって総ての国民に姓名をつけることになり皆さん随分困ったようです。



そこで当時の学識経験者と考えられた旦那寺の和尚に相談に行ったら
お前の家には松が有るから松下、川が前に有るから前川にしろなど言う

話を聞いたことが有ります。私の近くに1部落の半数くらいが松本さん
という所が有ります。これなどどのように決めたか不思議です。

人間は色々考えるものでこの部落には独特の屋号があり普段は部落内では
屋号で呼び合っています。

隣り合って斎藤さんが居ます。田圃大家、田圃隠居が屋号です。
その隣も斎藤さんこれは道上、くぼ地の奥の方は大窪

考えると現在では不思議なことです。
    • good
    • 0

 確かそうだったと思います。


 でも、突然苗字をつけろといっても、困りますよね、そこで、村の代表者のひとが、「田んぼの真中に家があるから、田中はどうかね」といったように、決めていくことが多かったそうです。
 人の発想は、似通っているから、同じような苗字がいっぱいあるのですよ。
 また、とんでもない苗字をつけるひともいたようで、通常戸籍の苗字は替えられないのですが、あまりにもいろんな事を連想されるような苗字で、通常の生活に支障をきたすようなものは、手続きすれば変更できるのですよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代に農民が幕府に税金を払っていたのは何という税金だったのでしょうか? 固定資産税というのは存

江戸時代に農民が幕府に税金を払っていたのは何という税金だったのでしょうか?

固定資産税というのは存在しましたか?

それとも農作地に対しての税金ではなく、収穫分の何%を納付するみたいな契約だったのでしょうか?

Aベストアンサー

農民の税金は、年貢です。 幕府領地である天領でも、大名諸家でも同じです。
徴税方法は、検見制,幕府または領主が役人を派遣して稲のできを調べ、その年の年貢高を決める場合
定免制、一定の期間内はその年の豊凶に関係なく、定額を徴収する。
2形態の徴収方法がとられていました。
何処の土地がどっちというのは、担当役人代官と現地の代表者である庄屋との談合で決まったようです。
農民にとってどちらが得かは、圧倒的に定免制です。
凶作でも一定量徴税しなくてはならないので、一見不利のようですが、
検地が太閤検地以来、検地が行われていない土地も多く、実質生産高と書類上の石高と、江戸期は相当な開きが生じてきていたと明らかになっています。四公六民=徴税率4割でも、実際の取れ高で換算すると5%にも満たない場合が一般的です。大地主や大庄屋に、豪農という大金持ちが存在したのは、その為です。出羽酒田の本間家が尤も著名です。

固定資産税はありません。土地に対する課税は、明治以降です。
江戸期、商人は店の間口の長さで、一定額の税金が課せられました。
まったくない、町も多いですが。

Q【共働き世帯】江戸、明治、大正時代の共働き世帯の割合を教えてください。 専業主婦が生まれたのは昭和

【共働き世帯】江戸、明治、大正時代の共働き世帯の割合を教えてください。

専業主婦が生まれたのは昭和時代だけで、江戸時代には夫婦共働きが普通だったそうですが、国の統計グラフは専業主婦絶世期の昭和時代から(わざと?)グラフが始まっており、専業主婦は昭和時代の特異な仕事だったと言われても信じられません。

どのくらいの割合で江戸時代、明治時代、大正時代は共働き世帯だったのか教えてください。

本当に専業主婦って昭和時代特有の一時的な特殊な女の仕事だったのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸、明治、大正時代じゃ、一夫多妻も認められているし、丁稚奉公や使用人制度もあるし、農民はみんな共働き。
共働きというのは、外部に給料で雇用されないと、自営や自給自足じゃ成り立たないのです。

江戸時代が共働きなのは、日本全国で8割が農民で、城下町には農地がないので、製造業とサービス業しかなかったのです。
一夫一妻で核家族で構成され、金本位制度が普及してサラリーマンが大多数になるまで、一家に複数の女性がいるんだから、明治末期以降じゃないと、専業主婦や共働きって仕事はないし、職業階級を絞らないと変化の割合をカウントできません。

昭和を振り返る、サザエさんのような家族揃ってちゃぶ台を囲むような昔の日本家庭って、戦後が30年、戦前にも30年くらしかない。
ちゃぶ台自体が、江戸末期に箸のことであるチョップスティックから名付けた輸入された文化であって、日本人の食事は膳や囲炉裏で食べてたんですから。食事なんて家長から順番に片手間にしていたのです。
和服は簡単には洗濯できないし、夏服冬服で質屋に入れて数枚しか持っていないので、日々の洗濯はふんどしと腰巻きと手ぬぐいしかないし、
掃除は、日中家に人がいない時間がないので、朝に終わってしまいます。そもそもほうきや雑巾やはたき自体から作らないと売っていない。
冷蔵庫もないし、市場も毎日は開かれないから、毎日の買い物は売り子や御用聞きがやってくる。
農家は現金収入がないから、買い出しもめったにできず、毎日一つの鍋で足し足し雑炊です。
布団だって公家のもので、武士以下は掻巻か筵で、布団干しだってなかったのですから。

主婦業の家事の多くが、近代文明の工業製品化の中で家事道具のオペレーターとして発生し、自動機械化でなくなっていったのです。

江戸、明治、大正時代じゃ、一夫多妻も認められているし、丁稚奉公や使用人制度もあるし、農民はみんな共働き。
共働きというのは、外部に給料で雇用されないと、自営や自給自足じゃ成り立たないのです。

江戸時代が共働きなのは、日本全国で8割が農民で、城下町には農地がないので、製造業とサービス業しかなかったのです。
一夫一妻で核家族で構成され、金本位制度が普及してサラリーマンが大多数になるまで、一家に複数の女性がいるんだから、明治末期以降じゃないと、専業主婦や共働きって仕事はないし、職業...続きを読む

Q明治時代の本が出てきました。 6巻まであり、多分全6巻です。 発行は明治32年3月15日とあります。

明治時代の本が出てきました。
6巻まであり、多分全6巻です。
発行は明治32年3月15日とあります。
これは高価なものですか?
他、詳細がわかる人はなるべくたくさん教えてください。

Aベストアンサー

こちら、参考になるでしょうか。

古書!和歌獨習自在 等 セット/大量(ヤフオク)
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c587728685

Q鎌倉時代の支配について質問です! 公武二元的な支配だったということは、農民は2倍の年貢を納めなければ

鎌倉時代の支配について質問です!
公武二元的な支配だったということは、農民は2倍の年貢を納めなければいけなかったのですか?

Aベストアンサー

上川村は地頭支配地で年貢は地頭に
となりの下山荘は、荘園なので国司さんに

そういう感じ

Q!江戸時代の10大事件!

江戸時代の出来事の中で、あなたが重大だと思うことを理由付きで教えてください!!その事件の前後で何が変わった、その事件が後の時代にどのように影響したか、その事件はどのような点で特筆にあたいするかなどを添えてどしどし教えてください!!

Aベストアンサー

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理由:
家康を神にする事で、徳川家の支配に対する絶対的根拠を生み出した
その後の影響:
天皇親政と同様、決して他者による代替が出来ない政治形態成立を印象付けた

・鎖国完成(1639)
理由:
海外交易を幕府独占にした
影響:
徳川家支配のための重大な資金的根拠になった
また、交易による最新技術の独占も支配に大きな力を与えた(家継の正徳新令も参照)

・日米修好通商条約に調印(1858)
理由:
その後現代にまで影響を与える日米の不平等条約調印によって、遠くは、第2次大戦勃発の遠因ともなった
影響:
(アジア拠点を与えた事によって)アメリカによる世界支配の礎の1つを作った(?)

・大政奉還(1867)
理由:
徳川独裁の終焉
影響:
維新功労者による政治形態成立を促し、軍事的外交の時代を作った

以上6つが特に大きな出来事ではないかと思います

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報