4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

研究テーマでシクロデキストリンを扱うことになりました。シクロデキストリンが適合する分子と包接複合体を形成することは理解できたのですが、その後その包接複合体をどうやって分離するのでしょうか?
例えば、有害物質の除去などに利用されると書籍に書いてあったのですが、仮に目的とする有害成分を包接できたとして、それだけを分離する方法が思い浮かびません。水を蒸発させて固体だけを残しても、他の成分と混ざってしまいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>>仮に目的とする有害成分を包接できたとして、それだけを分離する方法が思い浮かびません



下記URL(秋田大学)参照:
シクロデキストリンは水から容易に再結晶で分離出来ます。このとき内部に有害物質を含んだ状態で回収されますので、このまま処理してしまいます。目的物質に対して十分多い量のシクロデキストリンを使えば、水中の目的物濃度をかなり下げることが出来ます。

参考URL:http://science.is.akita-u.ac.jp/education/cyclod …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシクロデキストリンの包接を解除する方法

シクロデキストリンでいったん包接したものを解除するには、どうすればよいのでしょうか。
商品開発をするうえで、どうしてもさけてはとおれませんので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

だいぶ前の経験ですが、加熱と溶剤抽出は覚えています。ベータCDですが・・・
他にもあったと思います。メーカに問い合わせられるのが一番かと思います。当時、二社しか製造していなかったので・・・

Q単結晶作成法で困ってます

はじめまして。
現在、X線構造解析用の単結晶(有機化合物)を作成しようとしているのですが、どうしても『ファイバー』のような細い針状結晶しか出来上がらず、困っています。

これまでに、様々な溶媒(クロロホルム、トルエン、酢酸エチル、ジオキサン、アセトニトリル、アセトン、エタノールなど)を試したり、また手法も溶媒をゆっくり蒸発させたり、貧溶媒(ヘキサン、エーテル、メタノールなど)の蒸気をゆっくり溶かしこんだりと、いろんな手法をとってきましたが、たいていはファイバー状になってしまいます。

化合物自体の溶解性は高いほうでして、水、ヘキサンには不溶、メタノール、エタノール、エーテル、アセトニトリルには少し溶け、他の溶媒には良好に溶ける感じです。しかしファイバー状のものができていることから、結晶成長時に自己組織化しやすい化合物のような印象を受けます。

このような化合物をブロック状の単結晶にすることはできるのでしょうか。あるいは、類似のケースにて溶媒を変えたら成功した、などの例をご存知の方はおりますでしょうか?

Aベストアンサー

結晶形は化合物に依存するので晶形を変えるのは難しいと思います。
針状結晶でも上手く育てればX線結晶構造解析に使えるサイズに出来ると思うので、ゆっくり出して大きくなるのを待つのが良いかなと。

参考までに私の知っている結晶の出し方を一つ挙げます。
モノに貧溶媒を少しずつ加え、ある程度加えて溶け切らなかったら、程ほどに溶ける良溶媒を少しずつ加え、完全に溶かす。
これを冷凍庫(-20℃)に入れ結晶が出るまで待つ。

基本的に少しだけ過飽和な状態でゆっくり時間をかけて出すのが良いはずです。