色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

C言語とは何ですか?なぜ、勉強する必要あるのですか?(^◇^)

gooドクター

A 回答 (6件)

#5 補足



 尚、一からC言語をマスターするのは、向き不向きがあると思いますし、元々、こうした世界に興味関心がないと、直ぐに飽きて挫折するでしょう。
 むしろ、何かの技術をマスターして、仕事にして、稼ぎたいのであれば、専門学校に行って、技能習得をして、それを活かす仕事に就いた方が、現実的だと思います。
 そして、実際に仕事をしながら、その世界の理解を深め、さらに、技能を磨くうちに、もっと簡単な新たなやり方を発明できるかもしれません。
 まっ、そんな夢のまた夢を描きながら、先ずは具体的に、この輝く世界に魅了されて、この輝く豊かな世界に浸ってみたら、さらに勉強すべきかどうかもわかるんじゃないかな?
    • good
    • 2

コンピューターを動かす時には、電気信号を送って作動させます。


 しかも、その作動の仕方を細かく設定させることで、機械の動きを多様にすることができます。そのソースコードから実際に機械が動く状態を、機械が理解できる言葉に翻訳する行為という擬人化した表現をします。
 つまり、機械の中に、映像や音声を入れ、それを細かく動かすことで、コンピューターというロボットは動きますから、それを動かすための方法(特別な規則を持ったプログラムの基本概念)を、ここでは、言語と言っているようです。

 さて、このC言語の大元は、Basic Combined Programing Language で、その発展形が、C言語と言われています。その他にも沢山の言語と言われるコンピューターを動かす手法がありました。いわば、その一つです。
 但し、Combined Programing Language となると、遠縁みたいな言語で、C言語とは別物の電気信号ですからややこしいです。

 つまりこの場合には、Basic Combined Programing Language という B言語の後に出来たものだから C言語というようになったようです。
 単純に、アルファベット順に命名されたものでしたね。

 さて、このC言語を使用することにより、作業工程に秩序立てることができたので、結果、コンピュータが実行しやすくなるので効率的な早い処理を実現できました。これを開発したのが。アメリカのAT&T社ベル研究所のDennis.M.Ritchie(デニス・M・リッチー)氏とBrian.W.Kernighan(ブライアン・W・カーニハン)氏で、1972年のことでした。
なんと画期的なプログラミング言語のひとつだったことか!

 その使い勝手の良さから、アマチュアからプロまで、多様な場面での利用が可能で、汎用性が高く、処理速度が速いので、人気を博したのですが、なんせ、習得するのがとても難しいという欠点があるのがこのC言語。
 但しこれをマスターすれば、システムの根幹となるOSを開発することも可能で、その基盤に載せて、多様なソフトウェア―を開発することもできたので、人気を博したわけです。

 尚、C言語を基に、マイクロソフトが開発したのが、C#です。
 マイクロソフトは、C言語から発達したC++に、さらに、AVAというプグラミング言語の概念を踏襲する形で開発されたものですが、基本的に、C言語との互換性を持たせておらず、独自の世界として展開したところに、独占的かつ爆発的な人気の世界を創り上げることに成功しました。
 ですから、同じCを使っていますが、使用性という点では、全く別物と考えた方が、良いのが、C#のマイクロソフト言語というわけです。
 いやはや天才のやることは凄まじいというか、凄いです!
    • good
    • 3

どうせなら、MS-C

    • good
    • 2
この回答へのお礼

つらい・・・

私には意味不明‼️Σ(ノд<)

お礼日時:2020/12/20 19:38

IT関係の仕事に就職出来ます。


ご存知だと思いますが?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

やはり、年齢制限あるし、勉強期間は何年もかるのでしょ?

お礼日時:2020/12/20 19:37

なんの仕事に就くか次第です。

    • good
    • 1

プログラミング言語のことです。


勉強するかは人それぞれでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うーん・・・

勉強したら、やはり、メリットがあるのですか?(^◇^)

お礼日時:2020/12/20 19:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング