【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

皆さんおはようございます。台湾メディアは中国の富豪が非常に死ぬのを恐れていることを報道した。なぜなら彼らは無神論や唯物主義思想を信じているからです人が死んで灯が消えるように、転生や次の世界で生まれる機会はないと思う。)で哲学者であるあなたはどう思いますか?

A 回答 (4件)

別に中国の富豪じゃなくても、死ぬのを非常に恐れている人は多いだろう。


台湾のお金持ちはあまり死を恐れていないのですかね。

中国の富豪が恐れているとしたら、共産主義的思想都市うよりも、相続問題ではないだろうか。土地は国有だしね。相続法も日本と違って単純ではないようだ。
    • good
    • 0

都市伝説では


ネズミの国創設された方は
死ぬのが怖いから
冷凍保存されてるとか!

中国に限った思想でも無さそうですね
    • good
    • 0

中国には処世訓が溢れているが、哲学はなさそうに見えます。



アメリカと同じで、プラグマティズムが支配してきた大陸なのでしょう。
    • good
    • 0

哲学者でないわたしは思う。

中国には昔から「不老不死」の考えが出ている(秦の時代、始皇帝の命により、不老不死の仙薬を求め、日本にやってきたとされる人物、徐福伝説)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング