【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

なんと読むのでしょうか。
また意味、出典もあるとありがたいです。

「なんと読むのでしょうか。 また意味、出典」の質問画像

A 回答 (3件)

奥の細道


 卯月朔日、御山に詣拝す。往昔、此御山を「二荒山」と書しを、空海大師開基の時、「日光」と改給ふ。千歳未来をさとり給ふにや、今此御光一天にかゝやきて、恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖穏なり。猶、憚多くて筆をさし置ぬ。
 
あらたうと青葉若葉の日の光
    • good
    • 1

「詣拝」。



(1)読み方は「けいはい」。

(2)意味は「神社や寺に行って拝む事」です。

(3)日本語です。

(4)出典は「広辞苑」です。
    • good
    • 3

けいはい



神社やお寺などにお参りすること。

参拝と同じことです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ここまで大きく写真も撮っているのに、何故か「詣礼」と検索していました。
この回答で気づくことが出来ました。
ありがとうございます!

お礼日時:2020/12/21 17:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング