先日、隣の家から両家の間に在る水路約30cmは、私の(隣の家の)所有である。と主張がありました。近日(詳細日不明)家を建て替えるため、この水路を埋めたいとのこと。我が家では隣家との境界線は、水路の中心だと思っていたので(父親は4年前に逝去、母親の記憶による。)法務局、町役場に行って公図を確認して、隣家の寸法を調べたところ境界線は水路の中心になります。(公図通り)
しかし我が家は、隣家とは反対側に在る町の水路の縁石部分(約20cm)をS54年に家を建て替えた時に埋めてしまいブロック塀をたててあるので、寸法を測ると水路の中心に来ません。隣家の主張する根拠は、S38年に作成された簡単な図面と領収書です。図面には、当時の町の有力者4名のサインがあります。(捺印無し、全員逝去)この図面を測ると(例:8間8分7厘5毛 16m15cmと思う)ほぼ、我が家の側の水路端に来ます。その図面には、私の父親の印も他の隣接する家の印もありません。S54年に国土調査があり私の家も、隣の家も公図に対して認め印を押してあると、役場の担当者が来て説明しても私(隣のご主人)は知らない、押していない誰かがかってに押したと言っています。どうしたら良いのでしょうか。また、もし隣家の建て替え時に我が家に無断で水路を埋めてしまったら、どのような措置をとればよいのでしょう。どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大蔵省造幣局発行


公図の研究
の境界の内容が参考になると思います。

国土調査結果の17条地図について.精度はどのくらいですか。
38年の結果は.尺貫法を使っている関係で.乙1の精度があるかどうか.
54年の結果は.甲2.甲1の精度があるかどうか.
国土調査は.多分行政処分でしょうから.国土調査結果を否定するとなると.隣家はかなり困難な係争(勝訴の見込みがない係争)になると思います。

なお.当方農地のみに関係した土地改良区の1組合員に過ぎず.内容は多分に間違っている可能性があります。
    • good
    • 0

境界に関する紛争は、隣人同士相争っている以上、最終的には相手方の住所または争いの土地を管轄する地方裁判所に『境界確定の訴え』を提起して、裁判所に確定してもらうことになります(民事訴訟法4条1項、5条12号。

裁判所法24条)。
その場合、裁判所は、当事者が提出した全ての資料を参考にして最終的な境界線を確定します。

図面にも様々なものがあります。
(1)明治初期に作成された旧土地課税台帳付属地図(一般に『公図』と称されるもの)
(2)実測図
(3)国土調査法による地籍調査図
(4)不動産登記法17条にいう地図(法17条地図)
(5)その他

上記図面の中で、最も信頼性の高いものと考えられているのが(4)の「法17条地図」です。
(3)の地籍調査図は、何ら問題が無い場合、その写しは登記所に送られ、原則として「法17条地図」として備え付けられます(不動産登記事務取扱手続準則28条)。
yuka1414さんのおっしゃる「公図」というのは、地籍図を元にして作成された「法17条地図」のことをおっしゃっているのだろうと思います。(一般に言う「公図」は、もともとの作成が不正確なため、その図面から寸法を割り出すことはできません。)

しかし、「法17条地図」があるからといってその図面に記載されている通りの境界で間違いないとは言い切れません。それらを覆すに十分な証拠資料が出てきた場合には、別の場所に境界が認定される場合もあり得ます。ですから、隣家のS38年に作成された簡単な図面も、他の承認や資料などと相俟って「法17条地図」を覆すに十分な証拠となりうるものであれば隣家の主張通りの境界が認定される場合もあり得ます。

ただ、法17条地図があった場合、それを覆すのは容易ではありません。
特に、筆界についての調査については、地籍調査図作成時に、「土地所有者その他の利害関係人またはそれらの代理人の確認を得て調査するもの」とされており、図面に隣家の印鑑が押されているということは、隣家にとっては大変不利な証拠ということになるでしょう。
裁判所は、これら図面や関係者・証人その他の資料を総合的に判断して境界を認定または確定します。


>もし隣家の建て替え時に我が家に無断で水路を埋めてしまったら、
>どのような措置をとればよいのでしょう。

まず、隣家が無断で水路を埋め立ててしまう可能性が高く、原状回復に著しい困難が生ずるおそれがあるときには、「違法な埋め立て工事をしてはならない」という『仮処分』の申請をすることが可能です(民事保全法23条2項)。
仮に、仮処分の手続きをとる前に隣家が埋め立てを行ってしまったような場合には、隣人に対し、「yuka1414さん所有の水路の半分の土地に対して埋め立てた土砂を排除せよ」との『所有権に基づく妨害排除請求』を行うことができます。
また、その埋め立てられたことによってyuka1414さんが損害を被った場合には、「不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)」を行うこともできます。

無いだろうとは思いますが、隣家が埋め立て工事を強行するようであるならば、後日の無駄な労力や費用を余計にかけずに済ませるためにも「仮処分」の申請を早めにしておくことも考慮しておくべきだと思います。
仮処分の決定を受けるためには保証金を供託する必要がありますが、仮処分申請自体が違法な行為であり、それによって相手に損害を与えたというような場合で無い限り、保証金は戻ってきます。

以上の点を念頭に、相手方と十分に話し合われた方が良いでしょう。
隣人とはこれからも長い付き合いになるわけですから、皆さんがおっしゃるように、できれば穏便に話し合いによって解決できるのが一番です。
しかし、隣家またはyuka1414さんの側が、冷静に話し合うことのできない状況であるならば、早めに弁護士を頼むことも場合によっては必要です。当事者同士では冷静に話し合いができなくても、第三者の話ならば落ち着いて聞く事もできるでしょうから。
それに、仮処分申請や訴状の作成は、素人ではなかなか難しいです。少なくとも最初の仮処分申請などの段階から専門の方にしっかりとした方向付けをしてもらっておかないと、勝てるものを負けてしまったり、同じ勝つでも少ない費用と労力で勝てたものが、相当の期間と費用と労力を費やすことになったりします。


それから、反対側の町の水路のことですが、
>我が家は、隣家とは反対側に在る町の水路の縁石部分(約20cm)を
>S54年に家を建て替えた時に埋めてしまいブロック塀をたててあるので、・・・

というのは、町有地を侵犯してyuka1414さんのお宅でブロック塀を立てているということでしょうか?

もしそうだとすると、おそらく、どこの町でも財政上訴訟をやっている余裕は無いでしょうからやらないとは思いますが、町からyuka1414さんのお宅に対して『プロック塀収去土地明渡請求』、および、現在までyuka1414さんのお宅が侵犯していた部分の土地について、その使用利益に見合った価額を不当に利得したものとして『不当利得返還請求』をされることも考えられます。

また、わざと侵犯したとするならば、『不動産侵奪罪(刑法235条の2):10年以下の懲役』にあたります。もっとも、お父様がお一人でおやりになったのだとすると、当のお父様がお亡くなりになっておられるので、被疑者死亡として書類送検されるだけで、誰も刑事上の罰は受けません。


隣家とあくまで揉めるようであるならば、一度、これらのことも含めて正式に弁護士の方にお願いした方が良いと思います。無料法律相談なども各自治体などで行っておりますが、時間が制約されている上に相談を受けた弁護士の方も、相談者のもたらした細かい資料などをじっくりと検討をすることができないため、相談者にとって満足の行く回答が得られない場合が多いようですから。

何とか今回の件が、丸く収まることをお祈り致します。
    • good
    • 0

簡単な図面にあなたの(その当時だから父親かな)署名捺印が無いとなると、相手方の一方的な、しかも相手に有利に作成された図面のように思えますが。

それぞれの捺印が無い以上、法的に無効ではないかと思いますけど。

ウチもかなり昔、親父が隣との境に小さな側溝をつけましたが、(もちろん全てウチの敷地内に。)数年前に測り直したとき、隣人はその側溝は共有だと言い出してきたのです。当時はいいかげんな測量で境というきちんとしたものはなく、しかも書類等によって署名捺印などは一切してなかった(隣とは義理の兄弟であるため、いざこざを避けるためにウチが譲るという形をとった。)ので、結局は数センチですが土地を削られる羽目になってしまいました。これが他人だったら、親父がもっと主張して譲らなかったと思います。

裁判にもっていくのが一番手っ取り早いですが、これから先ずっと隣同士の付き合いがあるでしょうから、できる限りの話し合いで解決できればと思います。
    • good
    • 0

はじめまして。



うーん、ご近所とのお付き合い上でも難しい問題にぶつかっちゃいましたね。

さて、私が知っている限りのお答えをします。

ポイントは次のとおりです。
1. 隣人の主張する「図面」は法的に有効か?
 不動産について法的に最も有効なのは、法務局で登記をされている事です。
その登記に必要な手続きの中に、「地番図及び地積測量図」というものがあり、隣人の主張する図面がそれに該当しているのかどうか(内容を拝見する限り、その可能性は低いようですが)が1つのキーになります。
 また、有力者の署名があったとしても、現実に必要条件とされるのは、その土地に隣接する地主やその土地の上の建物所有者の署名、捺印ですので、どんな有力政治家のサインがあろうと図面上の法的な根拠にはなり得ません。

2.境界石の有無
 これについては、おそらくないのでしょう。(役場の担当者がその石を見つけられないとは思えないので)

3.反対側からの測量結果
 は、どの辺にくるのでしょうか?

4.「水路」の所有者
 これは、ある1つのパターンのため、かならずしもyukaさんの場合と一致するとは言いきれませんが、その水路は両者の所有でもない可能性があります。
 数10年前に水路として使われていたと思われ、現在その痕跡しかない土地は、「脱落地」といい、所有者のいない「国有財産」であることが往々にしてあります。
 そのような場合、その不動産は財務省管轄の普通財産として、国民の財産という扱いになります。  
 本州の場合、そうなのかは判りませんが、北海道ではそのような水路が今も数多く存在しています。
 もし、まだ見ていないならば、法務局で「地番図」を閲覧して見て下さい。yukaさんのお宅とお隣の土地は隣接していますか?

5.S54の国土調査の結果について
 結論から言えば、隣人の主張は裁判で勝訴しない限りは認められないでしょうし、まず勝訴もできないでしょう。

6.もし埋められちゃったら…
 私の知っている限りでは、裁判のみです。
 法的に根拠として採用される図面、登記からどちらの言い分が正しいのか決まりますし、もし隣人が敗訴となれば、折角埋めた水路を「原状回復」しなければならなくなる訳ですから、隣人にとっては大きなリスクをしょって強行することになりますね。(原状回復はケースバイケースですが)


まずは、もう1度お互いの所有地に関する届出上の図面を確認して見てください。
そして、「間違いない」という確証をもてたら「裁判も辞さない」覚悟で隣の方と話し合ってみる事でしょうか。
法務局でも、役場でも、その地域の住民の為に税金からお給料を貰ってるわけですから、自分の土地についてわからない事があったらドンドン相談していいと思いますし、今は司法書士会や弁護士会が無料の法律相談もしていますので、裁判しか頼れない状態になった時の裁判費用や勝訴の可能性なども聞ける場所は沢山ありますよ。

本当はご近所仲良くできれば1番なんでしょうけれど、こういったトラブルでは仕方のない事なのかもしれませんね。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、心強いお返事(回答) ありがとうございました。 水路の所有については、法務局にある図面を確認したところ、地番は無く両家の間に一本の線(境界線)が在るだけでした。隣の家とは、今まで仲良くやって来ただけに 本当に残念です。出来れば、裁判は避けたいと思います。でも、最後には覚悟しなければいけないんでしょうね。家族ともよく話し合い結論を出したいと思います.本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/19 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリート水路と蛍の生息環境

 一般的には、コンクリート水路は水生動植物にとっては住みにくいもので、それを否定するつもりは全くないのですが、ある学芸員から「蛍の幼虫のエサになるカワニナはカルシウム分が豊富にある環境の方が良く育つので、土水路よりもカルシウム分が溶出してくるコンクリート水路に多少泥が溜まっている程度の環境の方が良いという研究報告がある。したがって、コンクリート水路は蛍の幼虫にとってはそれほど住みにくい環境ではない。コンクリート水路で蛍が育たないと思われているのは、コンクリート水路だと成虫になるとき壁面を上れないからで、水路の壁面構造が蛍の生息環境を脅かしている主な原因だ。」と聞いたことがあります。環境問題に非常に詳しい学芸員の方なので、この発言は正直言って意外だと思いましたが、根拠があって話されていると思うのですが、そのような研究報告を知っている方いたら教えてください。また、実際にコンクリート水路周辺で蛍の大群が見られるといった情報や、壁面を幼虫がはい上がれる工夫がされているような水路の施工事例があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
学芸員の方の主張なのでそれなりの根拠があるものと思いますが、
コンクリート水路にカルシウムが溶出しカワニナの成長を助けると言うのはどうでしょうか。例えば防波堤などは施工して二年位して初めて藻類が活着し、色々な生物が住むようになる・・・と聞いたことがあります。これは最初はセメントのアク(アルカリ分)が溶出しやすいためです。
コンクリートからカルシュウムが供給されるのは、ほんの初期だけだと思います。
環境の分野の論文では、「コンクリート製の水路は環境が単調で自然水路と比べて生息環境が劣る」と言うのが一般的です。
カワニナは色々な所で生息が可能でしょうが、蛍の幼虫は環境としてはあまり良いとは思えませんね。
現実的には、強度面や維持管理を考えるとどうしてもコンクリートに依存せざるを得ません。
過去のコンクリート製水路だと、U字溝や三面張り水路を思い浮かべがちですが、最近環境復元技術が非常に向上してきました。
多くの会社で多自然型護岸製品が開発され、「蛍ブロック」等の商品名で販売され、施工されています。
一例として以下に販売会社のURLを紹介します。
http://www.shinwa-concrete.co.jp/top.html
施工事例は以下のURLです。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~mieko/990217riverpark/990217riverparkj.htm

こんばんは
学芸員の方の主張なのでそれなりの根拠があるものと思いますが、
コンクリート水路にカルシウムが溶出しカワニナの成長を助けると言うのはどうでしょうか。例えば防波堤などは施工して二年位して初めて藻類が活着し、色々な生物が住むようになる・・・と聞いたことがあります。これは最初はセメントのアク(アルカリ分)が溶出しやすいためです。
コンクリートからカルシュウムが供給されるのは、ほんの初期だけだと思います。
環境の分野の論文では、「コンクリート製の水路は環境が単調で自然水...続きを読む

Q公図上の水路(青線)取り扱い

会社で土地開発を行おうと進めていますが、現状公図上で、水路(青線)となっている箇所に構築物がある状態です。水路(青線)の管理者は、市役所建設課となっています。払い下げも検討していますが、法律上、何か問題はあるの?あれば、何の法律?

Aベストアンサー

>何の法律?

公物管理条例です。
http://www.city.aioi.hyogo.jp/pub_com/06/06_pre01.pdf
払い下げ前提の相談になるかと思いますので
事前に管理者と協議が必要です。
それでもって
開発許可申請の32条協議により
施行同意をもらいます。
http://www.pref.nagano.jp/jyuutaku/kentiku/kaihatu/sisin02.pdf
以上。

Qライニング水路って何?

専門用語みたいなんですがライニング水路と無ライニング水路の違いはなんですか?

Aベストアンサー

ライニング水路は、水路の側面又は底をセメント等で舗装してある水路で、素掘りのままの水路を無ライニングと言うようです。

参考URL:http://www.town.rokugo.akita.jp/mizusigen/c_04.html

Q迫り来る隣家・・・。どう対応すれば?? (公図上では4.2mの道路が実際は5m)

私の家と向かいの家の間の道路は、公図上では道幅4.2mになっています。

ところが、ウチの塀とお向かいさんの塀に挟まれているその道路の幅を実際に測ってみると
道幅5mあります。実際には80cmも広いのです。

今まで道幅のことを気にしたことがなかったので、何故そうなっているのか全くわかりません。
両家の塀は、かなり昔に建てたもので、代替わりもしてしまったので
お互いに下がって塀を建てたのかどうかなど、いきさつは全くわかりません。

この度、お向かいさんが家を建て替えるにあたって、ウチの塀から測って4.2mのところに
新しい塀を建てようとしています。

迫り来る隣家・・・。一体どう対応すれば良いのでしょう??

Aベストアンサー

 素人考えで申し訳ないのですが、まずご自身の土地の
境を明確に知る必要があるのでわないでしょうか。

 測量をし直すとか、要するにご自身の家の塀が
土地の境である事が明確になれば良いのだと思います。

 家の塀が敷地の内側なら、お向かいの方に土地の境を
知らせないと、隣家の新しい塀が出来てからでは問題が
複雑になると思います。

 田舎で聞いた話で恐縮ですが、田や家の境が不明瞭な為
同様のトラブルがあったのですが、この場合も隣家との
境を明確にし、且つ年月がたっても同じ事が起き難い様に
両家立会いで土地の境に炭をそれぞれ埋めたそうです。

 「炭は年月がたっても残っているから」、と言うのが
理由だそうです。

これを機会に土地の境を明確にし、目印をつけては
いかがでしょう。

Q購入を検討してる分譲地に他の区画の水路敷がある?

某ハウスメーカーの分譲地の購入を検討しています。
北側道路の土地なのですが、売り出している坪数より担当者から頂いた図面の方が2.5坪程小さくなってます。
よく見たら西端に他の分譲地(南側)の水路敷が通っていて、恐らくこの分が違いの原因だと思います。
図面では水路敷を含めない坪数で、コンクリート壁も水路敷を避けた形になっていますが、
実際の土地を見る限りは水路敷が敷地内を通っている感じがします。(売り出し坪数から考えるとそうだと思うのですが・・・)
検討している区画は北側の水路敷を使うようなので、西側の水路敷は関係ありません。
そこで質問なのですが、西側水路敷の部分も区画に入っている以上こちらが土地代を負担するものなのですか?
その部分に建物を建てることはありませんが、自分の敷地としては使えませんよね?(植物を植えるとか)
また、将来建て直したり他の人に売ることになった場合、この水路敷は当然いじることはできませんよね。
まだ担当者と打ち合わせをしていないのですが、恐らくこの事は分かっていないと思うので、
質問できるように打ち合わせ前に水路敷のことについて知っておきたいのです。(土地に関する知識がほとんど無いので・・・)
土地の事に詳しい方、アドバイスをお願いします。

某ハウスメーカーの分譲地の購入を検討しています。
北側道路の土地なのですが、売り出している坪数より担当者から頂いた図面の方が2.5坪程小さくなってます。
よく見たら西端に他の分譲地(南側)の水路敷が通っていて、恐らくこの分が違いの原因だと思います。
図面では水路敷を含めない坪数で、コンクリート壁も水路敷を避けた形になっていますが、
実際の土地を見る限りは水路敷が敷地内を通っている感じがします。(売り出し坪数から考えるとそうだと思うのですが・・・)
検討している区画は北側の水路敷を...続きを読む

Aベストアンサー

補足有難うございます。

状況は何となくわかりましたが、ご質問に対して明確に答えるのは難しいです。

ハウスメーカーに公図や土地の謄本(全部事項証明書)などの資料を見せて貰ってはどうでしょう?

そして確認するのは、
・何の為の水路なのか?(雨水、雑排水用?)
・その水路部分の権利関係はどうなるのか?(所有者は誰になるのか?)
・管理責任は誰になるのか?(修繕等の)

それらを押さえれば、今回ご検討されている北西側区画にその水路まで含まれてくるのかどうか、又、含まれているにしてもいないにしても、その根拠が明らかになってくると思います。

一つ言えるのは、ご自分の敷地と無関係な水路部分まで含めて購入しなければならない、というのはあまり一般的では無いということです。

その部分が南西側区画の為だけのものであれば、そこを北西側区画の人が買っても何の役にも立たないだけでなく厄介ものです。

Q家の建て替えで隣家と土地のことでトラブルに

田舎で暮らしています。
この度家の老築化により新しく建て替えることになったのですが、古い家を壊した後隣人が態度を急変させました。
隣人の訴えは、「両家の間の土地は殆どがウチのものだからハッキリさせるまで家は建てるな」というものです。
昔からずっとご近所付き合いをしてきて家を壊すまでそんなこと一言も言ってこなかったのに。
ですが、ずっと暮らしていく土地でこれ以上トラブルを起こしたくない思いで土地調査を依頼することにしたんです。
震災の影響で土地家屋調査の順番が中々回って来ず工事が何か月も押してしまいましたが先日やっと役場職員の方と土地家屋調査士の方に来てもらうことが出来ました。
結果は隣人の訴えとは全く違っていてほとんどが私の家の土地だったんです。
それでも納得しない隣人に心底辟易し、これ以上先延ばしにしたくない思いで土地はそちらで所有していただいて結構な旨を伝えると、そういう問題ではないと益々怒り出す始末。
結局今度は隣人自ら調査士を雇い再調査することに。
うちの年寄りは仮設住まいと、長年付き合ってきた隣人の豹変・イビリにすっかり疲れ果ててしまい見ていられません。
私も疲れてしまいました。
土地は譲ると言っているのだからそれでサクサクと法的に簡潔に話は勧められないものなのでしょうか。
穏便に解決したかったのですが、隣人が近隣まで巻き込み抱き込もうとしているので(ちゃんと分かってくれる人もいますが)何らかの形で対抗することにします。
隣人の目的が分かりません。
話し合いをしても言い分がコロコロ変わりただ因縁を付けたいだけのように感じます。
とにかくどうにか早く解決させたいです。
弁護士など雇うお金はありません。土地は隣家で所有してもらって構いません。くだらない因縁を無視してこちらが正しい立場でさっさと解決できる方法何かないでしょうか。

田舎で暮らしています。
この度家の老築化により新しく建て替えることになったのですが、古い家を壊した後隣人が態度を急変させました。
隣人の訴えは、「両家の間の土地は殆どがウチのものだからハッキリさせるまで家は建てるな」というものです。
昔からずっとご近所付き合いをしてきて家を壊すまでそんなこと一言も言ってこなかったのに。
ですが、ずっと暮らしていく土地でこれ以上トラブルを起こしたくない思いで土地調査を依頼することにしたんです。
震災の影響で土地家屋調査の順番が中々回って来ず工事が...続きを読む

Aベストアンサー

まず、仲良くやりたいようですが、理の無い自己主張の激しい方とは仲良くするのは無理です。


「役場職員の方と土地家屋調査士の方に来てもらい調査した」とありますが、地籍測量したということですか、測量結果に納得せず、判を押さないということでしたら、それが基で建築工事が遅れることに対する損害賠償(引っ越し期間の延長に伴う家賃等)の請求をする旨の内容証明はまず送っておいた方がいいと思います。遅れた分だけ必ず損害賠償請求するという意思表示は効果的だと思います。

「今度は隣人自ら調査士を雇い再調査することに」とありますが結果はどうだったのでしょうか?境界は大きく変わったのですか?その結果が許容範囲でしたらそれを認め、そこを隣地境界とすればよいのでは、
いくら田舎と言っても調査士によってそれほど大きく境界が変わるとも思えませんので、むしろ相手が再調査してくれるのであれば結果を待てばいいと思います。
話し合いをしてもダメな人が自らのお金を使って結論を出してくれるのですからラッキーではないですか。もし、結果がまだでしたら、催促しましょう(ひょっとして言ってるだけで頼んでないかもしれません)ついでに工事の遅延に対する損害金の請求も伝えましょう(取るつもりがなくても)。

「土地は隣家で所有してもらって構いませんとありますが」境界の一部でしょうか、まさかと思いますが全部でしょうか?
全部でしたら、今後は隣家の許可なく建物は建てれませんし、借地代も払わなければいけませんよね....
ただその気持ちが有るのでしたら、相手の調査士がだした結論にもある程度は譲歩できますよね

そもそも住宅建築は市の許可をとれば出来ますので、隣地の許可など要りません。もし敷地に余裕があるのでしたら、登記簿上の敷地面積と公図を確認し隣地境界と思われるところから充分に離して建てることができれば、私なら建てます。それに対し相手が出来ることは建築工事の差し止め(裁判にて隣地建物が境界より越境しているとの主張)でしょが、その場合は遅延期間に対して損害賠償請求するしかないとおもいますが(本当に越境してない限り先ずしてこないでしょうし、)

弁護士は雇わなくても無料法律相談等で話を聞くことは出来ますので聞きに行くのもいいと思います。
とにかく人の弱みに付け込んでいやがらせをする人が隣にいたことは運が悪かったですが、社会勉強と思い前向きに交渉頑張ってください。

まず、仲良くやりたいようですが、理の無い自己主張の激しい方とは仲良くするのは無理です。


「役場職員の方と土地家屋調査士の方に来てもらい調査した」とありますが、地籍測量したということですか、測量結果に納得せず、判を押さないということでしたら、それが基で建築工事が遅れることに対する損害賠償(引っ越し期間の延長に伴う家賃等)の請求をする旨の内容証明はまず送っておいた方がいいと思います。遅れた分だけ必ず損害賠償請求するという意思表示は効果的だと思います。

「今度は隣人自ら調査士を...続きを読む

Q敷地内の水路について

現在すんでいる土地を売ろうと考えています。
ここは22~23年程前に購入しました。
そして、売るにあたり不動産屋に相談すると、家の西側のお隣との境界に水路があるとのことです。
しかし、水路などは跡形もなくどこが水路なのかもわかりません。どちらの土地側なのかすらわかりません。
話しを聞くと、水路は市の土地なので、実際の今持っている(と思ってる)土地は水路分は所有物でなく、購入した土地よりも小さくなるとのことでした。
また、その水路の場所を明確にしてもらうにも数十万必要で尚且つお隣の住人が納得してくれないとこちら側の土地から水路分をひかれるとのことです。
購入時は今の坪数で購入し、地税もその分だけ毎年払ってきています。
なんとかならないでしょうか?
まだ理解が浅くわかりにくい文章で申し訳ございませんがアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>売るにあたり不動産屋に相談すると、家の西側のお隣との境界に水路があるとのことです。
しかし、水路などは跡形もなくどこが水路なのかもわかりません。どちらの土地側なのかすらわかりません。

不動産屋が公図の地番から所有者、地目を調べた結果でしょう。
公図上にあって現地(水路)が無い、よくあることです。
あなたか隣人が市の土地を知らずに使い込んでる可能性があります。
どちらにしても、境界を確定しないと売却は難しいですね。
費用は原因者負担が常識です。

>購入時は今の坪数で購入し、地税もその分だけ毎年払ってきています。

固定資産税はあなたの登記簿の面積で課税されています。
今の坪数で課税される訳がありません。
なので、当時の契約面積がおかしいのでしょう。

Q建設業法の業種分類について教えてください。上水道管水路や農業用管水路の

建設業法の業種分類について教えてください。上水道管水路や農業用管水路の大口径管路(Φ400以上mm)に超音波流量計を設置するような工事は、機械器具設置工事、電気通信工事、電気工事のどれに分類されるでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

機械器具設置工事業というからには、目に見えるパワーがあるもの
例:エレベーター、エスカレーター、自動駐輪場
といった動きのあるものです。

流量計が電気仕掛けで、その場所で完結してしまうものなら電気工事業、
流量を配線で遠隔地に表示したり、遠隔地の他の機器と連動させるものなら電気通信業、
その遠隔器機もセットなら機械工事業

なんか、循環してますね(笑)

参考URL:http://www.abejimu.com/kense2/28gyosyu/gyosyu08.html

Q敷地の前の水路について

     すいませんがどなたか教えてください
このたび、市街化調整区域に倉庫の建て替えをすることになり、いろいろ準備をしているのですが、
公図を見ると、敷地と前面道路(2項道路)の間に昔幅800~900程度の水路があったようで、今わ埋めてあり、道路境界線に沿って敷地の中に幅の小さな水路がとうっいます(幅300位、土を掘ってあるような水路です。)こういった水路は、占有許可など必要なのでしょうか。
(道路のことですが県に確認していただいたのですが、セットバックは2mでいいんですが、水路があるようなので役所に聞いてくださいとのこと。)
  建築に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 言葉遣いがおかしいように感じるのですが、ジョークではなく、真剣にお尋ねですよね?

 それと、お書きの数字に単位がついていないのでよくわからないのですが、

(1)単位がミリメートルなら、市街化調整区域内であることを考えると、土地改良区の水路なのではないかと思います。

 戦後、農地を使いやすくさせるために土地所有者に土地を提供させて整地し、再配分して、余った土地(正確にはそれが目的だったのですが)水路を造ったり、農道を造ったりしたのです。

 (そういう組織を、たいがいの地域で「○○土地改良区」という名前で呼んでいましたが、もしかしたら、そちらでは違う名称かもしれません)

 そうであれば、市役所や区役所などの役所ではなくて、土地改良区の事務所に聞かないとわかりません。それぞれの土地改良区で対応は違うでしょうし、役所に聞いてもナニも(水路の存在自体を)知りませんから。

 当地の場合に限ってですが、すべて市街化区域ですし、もともと自分たちが提供した土地だということもあり、農家は(土地改良区の組合員なので)いちいち占有許可は取っていませんね。(質問者さんが組合員でないと認められない?)

 場合によっては、平然と埋め立て舗装して使っている場所もあります。水路幅がすごく狭くて、行き止まりになっていて水路の必要もなく、水路を乗り越えないと公道へ行けないような特殊な場合ですが。

 そういう所は、本当は水路があって公道に面していないわけですが、税務署も平然と「公道に面している土地」として課税していますね。役所もいい加減なものです。

 幅が広い場合はそういうわけにもいかず、橋を渡したりして公道へ出ていますが、土地改良区へ架橋料を払っています。私は知りませんが、橋を造った時には許可を得たのでしょう。


(2)単位がセンチメートルだとすると、市役所・区役所などの一般自治体も絡んだ公共の設備(下水?)かもしれませんね。土地改良区単独の用水路である可能性もありますが(可能性は大きい)。

 そうなると、やはり市役所へ聞くべきかもしれません。

 その場合は、対応するのは建築関係の部署ではなく、用水・・・ 下水かな。受付で、「建築で」と限定せず、どこの部門が担当するのかお尋ねになったほうがいいでしょう。

 言葉遣いがおかしいように感じるのですが、ジョークではなく、真剣にお尋ねですよね?

 それと、お書きの数字に単位がついていないのでよくわからないのですが、

(1)単位がミリメートルなら、市街化調整区域内であることを考えると、土地改良区の水路なのではないかと思います。

 戦後、農地を使いやすくさせるために土地所有者に土地を提供させて整地し、再配分して、余った土地(正確にはそれが目的だったのですが)水路を造ったり、農道を造ったりしたのです。

 (そういう組織を、たいがいの地域...続きを読む

Q我が家へ通じる水道管が隣家の

本管から、我が家の水道メーターへ通じる水道管が隣家の土地の下を一部通っていることが判明しました。これは、法律違反になりますか? また、あえて相手が訴訟を起こした場合には、敗訴しますか?

Aベストアンサー

ここの団地は水道も下水も2軒ごとに本管とつないでいる

つまり水道は本管から1本分岐して宅地の中で分岐して2軒に/2本に分ける
元栓メーターは各敷地内に設置 下水も同じ方法

団地は数千人だけど法律違反?なにかまずいですか 
元栓までは水道局の管理だからあなたの管理は元栓から下流でしょう 元栓の上流に問題があればそれは水道局にどうぞ


人気Q&Aランキング