はじめまして。わたしは三重県に住んでいます。今来てもおかしくないとされている東海地震・東南海地震・南海地震におびえています。
うちは鉄筋のアパート2階ですが、実家は築50年の古い家です。
シロアリや腐食などはありませんが、古い家なので家族が心配です。
地震の揺れによって、家が倒壊するとよく聞きますが、揺れだしてすぐに壊れるのでしょうか?それとも、はじめの揺れの後に建物が傾いたりして、少し経ってから崩れるのでしょうか?すぐに外に逃げれば倒壊による窒息などが防げるのでしょうか?
また実家は津波の警戒地域でもあります。
津波の避難場所が実家となりの鉄筋コンクリートマンションの屋上となっているのですが、海岸からはわずか1km足らずです。
本当に大丈夫でしょうか?
真剣に悩んでいます。
どなたかおしえてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

鉄筋コンクリート 家」に関するQ&A: 鉄筋コンクリートの箱型の家に車が突っ込んで破損した場合, 中の鉄筋がグニャグニャに曲がったり、建物が

A 回答 (5件)

大きい地震に何度も見舞われている北海道人です。



大きい地震の時は、初めほんとに細かい揺れからきます。
それが少し後に一気に大きく揺れだすのです。
ですので、他の方も書いているように揺れだして
すぐ10秒程度で倒壊という事はないですね。
1分間は結構長いです。揺れたらすぐに安全な所に逃げるという事を、
訓練しておけば、命の危機を防げるかもしれません。
しかし、直下型の場合は別です。
いきなりものすごい揺れがきますから。
揺れが収まってから行動しないと、逆に危なくなります。
その場合、机やテーブルなどの家具の下に入ったり、
布団をかぶりうづくまる等(かえって危険かな)の、
訓練はやっぱり必要になると思います。

さて、家屋の倒壊ですが。
古い木造家屋は、結構頑丈ですよ。
変なリフォームがされていたりシロアリ等がない場合です。
うちの実家も質問者様のご実家と同じくらいの築年数の古い家ですが、
震度6が3回以上、震度5数回、震度4数えられない位と
何度も何度も地震に見舞われていますが、
つくりが頑丈なのか、まだまだ倒壊する感じではありません。
確かに、少しきしんだというか、少し斜めになっている所はありますが。
古い木造住宅の場合、斜の作りがしっかりしているので、
そんなに大きな問題がないようです。
問題なのは古くてコンクリートが使用された住宅かもしれません。
古いコンクリートが、地震でゆがむことによって、
強度を保てなくなり、倒壊する可能性が高くなると思うので。
うちのアパートも古いのですが、こちらの方が、
実家と同じくらいの地震に見舞われた場合、
先に倒壊する可能性が高いと推測されます。怖いですw
そして、大きい揺れの後は、必ずそれよりも弱いか
同程度の地震がきます。
そのせいで倒壊してしまう建物が多いでしょう。
その場合は、ほんとにその間にどこかに逃げるしかないですね。
住宅密集地の場合、外に逃げるのは、逆にものすごく危険になります。
すべての家屋が安全といえるものではない上、瓦、ガラス等が、落ちたりしてくるからです。
危ないですね。
本当に逃げるには、状況を見てではないとだめです。
事前にハザードマップ等を自分なりに作っておくといいかもしれません。

津波問題は、役所から言われている通り屋上に逃げるしかないのでしょうか?
他の回答者がおっしゃっている通りに、
ホントは高台に逃げなければ危ないと思います。
津波の力によっては、地震の強さだけでない力が加わるので、
その隣に立っているマンション自体も危なくなるかもしれませんよね。

ちなみに、経験談ですが、
寝るときは、服などをまとめて袋なんかに入れておいておく。
スリッパも枕元におくということをしておけば、かなり助かりますよ。
心配するのは当たり前です。
だけど、悩んでいるよりは、行動しましょう。
毎日、揺れたら常に次の行動が出来るように訓練するといいでしょう。
    • good
    • 0

津波についてはよくわかりませんが、地震についてある程度のことを


書きますので参考にして下さい

>揺れだしてすぐに壊れるのでしょうか?
>それとも、はじめの揺れの後に建物が傾いたりして
>少し経ってから崩れるのでしょうか?

地震はどんなに大きくてもおおよそ1分間で収束に向かいます
(今までの地震のデータですが・・・)
「揺れだしてすぐ」の「すぐ」がどのくらいのものをイメージいらっしゃるかが
よくわかりませんが
1分間は長いようで短いですから
質問者のイメージからいくとたぶん「すぐ」壊れると考えられます
ちなみに家という工業製品は二つとして同じものが無い(本当は違いますが一般的に)
ので、壊れ方も家ごとにまちまちだと言うことを認識して下さい。

>すぐに外に逃げれば倒壊による窒息などが防げるのでしょうか?

もちろん外に逃げることが可能であれば、倒壊による窒息は防げます
ただし、これには危険が伴います。
質問者のご実家は築50年と書かれていますが
おそらく木造建築だと思われます。
木造建築で50歳くらいの建物では間違えなく瓦葺き
(リフォームしている場合はごめんなさい)であると思われます。
瓦は日本建築の中でも優れた建材です。
焼き物を屋根の上に引き詰めることで
木造建築の弱点である軽量を補い、最低限の重量を家に与えます。
これは、風の強い地方や台風の多い地方には非常に重要なことです。
よくマンガで強い風が吹くと屋根が飛んでいくギャグがありますが
あれは実際に起こりえることなのです。
それを防ぐために重しとして重い瓦を敷き詰めるのです
そして、さらに瓦の優れている点は、地震の時に屋根から滑る落ちることなのです
建物は通常、重い建物ほど地震の時に大きな被害を受けます
ところが瓦葺きの木造建築の場合には、地震の時に瓦が落ちて
突然建物が軽量になるために、地震に対しても強い構造になっているのです
先人の知恵というヤツです
このことを考えて家を造りますから、地震の時に瓦の落ちない建物は
逆に危険と言えます
そうなると、揺れてすぐに外に飛び出すことがいかに危険か
おわかりになりますね

では、どこへ逃げればよいか・・・という話になりますが
これは、その家によって違うのですが
比較的に安全なところは壁の多いところです。
壁は柱以上に耐震性の強い構造部位(柱とか、梁のことを総称して部位といいます)
として、最新の設計をする場合にも重要視される項目です
ところが木造建築の場合には壁があまりありません。
ちなみに見た目が壁であるからといって、構造的に壁かどうかは別問題です。
木造の場合には、壁といっても木の板がそのままはいっているわけではないので
見分けがつきづらいのですが、筋交いと呼ばれる斜めの材が入っているところが
壁として扱えるところです。
一般に、トイレが壁に囲まれているといわれていますが
こればかりは図面などで確認をしないとわからないでしょう




ところで、気になったのですが
質問者がお住まいなのは鉄筋の2階ということですが
これは本当なのでしょうか?
「鉄筋」というのは鉄筋コンクリート造のことと思われますが
無いとは言えませんが、かなり珍しいですね。
耐震性という意味では、鉄筋コンクリート造も危ないものは危ないことを
認識しておいた方がいいかも知れません。
(不安をあおるようで申し訳ありません)
1981年以前に竣工した建物は
現在の法律よりも要求される能力が低いため
耐震診断をしたときにNGがでる場合が結構あります
ご参考までに
    • good
    • 0

家屋倒壊はいろいろパターンがあるようで、ゆれで壊れることもあるようです。


といっても、いきなりペシャンコではなく弱い部分が壊れ、それでバランスが崩れて倒壊するという感じのようです。

地震での圧死は圧倒的に重量級家具(タンス、本棚とか)の下敷きが多いようです。
ワタシは寝室にこういった家具をおいていません。
最高で3段ボックスです。

すぐに外に出るのは状況によります。
ゆれで半壊した看板や瓦などが後になって落ちてくることもあるからです。

家屋倒壊対策は専門家に現状をみてもらい、アドバイスをうけるのが確実でしょう。

また、枕元と外にスコップやバール、ノコギリなど破壊工具を準備しておくのも手です。
    • good
    • 0

No.1の補足訂正です。


「地震対策に100%安全はない」と書きましたが「地震対策に『100%安全だ』はない」ですね。言葉が足りませんでした。

更に不安に思われたかもしれませんが、地震がいつ来るかわからないこと自体不安ですものね。お察しします。
いつ来てもいいように、どこに逃げるか、どうやって安否を確認するか、物が倒れて怪我をしないようにしているかなど、身近なことから備えをしておけば、必ず役に立ちますよ。

と、自分に言い聞かせながら書きました。
    • good
    • 0

私は建築土木について少々かじりましたが、あくまでも素人の一意見としてご覧ください。



>うちは鉄筋のアパート2階ですが、実家は築50年の古い家です。

一体どの程度の建物かわかりませんが、木造で築50年の場合、市町村で耐震診断をしてもらえる可能性があります。耐震診断とは県の講習会を受けた建築士が調査を行うものです。
ただ、建物の延べ床面積によって、また市町村によっては行われていない可能性もありますので、ご実家の最寄の市町村の住宅担当課または防災担当課まで問い合わせてみると良いでしょう。

>地震の揺れによって、家が倒壊するとよく聞きますが、揺れだしてすぐに壊れるのでしょうか?

これも個々の建物の状態にも拠ります。ですので「わからない」というのが正直なところです。しかし、建物の倒壊以前に倒れた家具の下敷きになるなどして怪我をする可能性があります。まずは家具の転倒防止をされると良いのではないでしょうか?各部屋で家具の転倒の影響のない場所(物が倒れない場所)を作るのが良いそうです。大きな揺れの時にはとにかく身体を守ることが大事
です。

>津波の避難場所が実家となりの鉄筋コンクリートマンションの屋上となっているのですが、海岸からはわずか1km足らずです。本当に大丈夫でしょうか?

東海地震に限らず、三重県(特に南部)の場合、揺れを感じたら直ちに高いところへ避難するというのが津波に対する鉄則です。ご実家の近く、走って数分もかからないような所に高台があればいいのですが、それがない場合には隣の建物へ避難しなければならないでしょう。「津波の避難場所」ということですから、一応行政が指定したものなのだと思います。「壊れるか不安」と考える前にとにかく高い所へ、と考えたほうがいいかもしれません。

私も東海地域に住んでいますので不安な気持ちになるのもよくわかります。「地震対策に100%安全はない」とも言われます。不安かとは思いますが日ごろから備えておくと不安も少々和らぎますよ。

参考までに三重県の「防災みえ.jp」をリンクしておきます。「もしものときに」というページは参考になると思います。

参考URL:http://www.bosaimie.jp/mie/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造住宅と鉄筋コンクリート住宅だったら、やっぱり鉄筋のほうがゴキブリが

木造住宅と鉄筋コンクリート住宅だったら、やっぱり鉄筋のほうがゴキブリが出現しにくいのでしょうか?

Aベストアンサー

>木造住宅と鉄筋コンクリート住宅だったら、やっぱり鉄筋のほうがゴキブリが出現しにくいのでしょうか?

いいえ、むしろ鉄筋コンクリートの方が繁殖しやすいような気がします。
木造アパートやコンクリートの賃貸などいろいろ住みましたが、要するに湿気と餌と温度です。
鉄筋の方が一般的に湿気が多いと思います。もちろん立地条件によりますが。
餌は、それこそ石鹸まで食べるので、いくら清潔にしても完全に除去するのは不可能かと思われます。

あとヤモリを飼うといいですよ。
http://okwave.jp/qa/q2413115.html
上記の質問にもあるように、時々ゴキブリホイホイにひっかかってしまうので注意が必要です。
住居内の害虫をことごとく食べてくれるので、まさしく「家守」ですね。

Q東海大地震の津波について

実家が菊川市にあります。海がある御前崎市からは役20キロ離れていますが、M9.0くらいの大地震がきたと想定し、津波は何キロくらいくるのでしょうか?
また実家の前が海に通ずる菊川という川です。

津波が逆流したとしてもかなりの高さまで水位が上昇するのでしょうか??

今回の津波をみて実家のことが心配になりました。

お分かりな方、ご回答どうかお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

今回の震災ではところによっては
ビルの5階の屋上まで流されてきたものが上がっていたそうです。
一階分が3メートルとして15メートルになります。
震災関連の番組で専門家の方が
「東海大地震は何かしら前兆があるだろう」と仰っていました。
事前に警報が出されれば危険な区域でも避難するのに余裕ができると思います。
質問の回答にはないっていませんが、ご参考まで・・。

Q平成元年か2年頃の鉄筋コンクリート住宅について。

中古の鉄筋コンクリート住宅をこの間見に行ってきたのですが、築27年で、陸屋根でした。
基礎と外壁はひび割れなどなく補修したような形跡もなかったのですが、2階のベランダと屋上が四角い石を一面に敷き詰め、石と石の間が5ミリ位、その下に防水加工されてる屋根とベランダです。2階のベランダの下がリビングになっていてクロスが張り替えてありましたが、仲介業者によると雨漏りはしてなかったとのこと。平成元年頃の鉄筋コンクリート住宅はだいじょうぶでしょうか?また、その住宅を建てた方は、某〇〇建設の方とのこと。凝った造りでした。港から近く周りは住宅街ですが、地盤が海から近いので砂質と思うのですが鉄筋コンクリート住宅はどのような基礎工事をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大成建設のパルコンじゃないのかな?それだと、地盤調査後に、ベタ基礎で、基礎の厚みは15cmです。パルコンだとしたら、阪神や東北の震災では全く倒れてないらしいので、基礎の強度は気にしないでもいいと思うのですが。 それよりも、陸屋根で雨漏りがしてないと言われたのはあくまでも室内に対してなので、屋上とベランダに敷きつめてある平板のブロックの、ひいてない部分が紫外線でやられてないかのチェックが大切です。防水上から見ての溝回りのひび割れがないかと、ギヤが出でいる屋根なら溝の裏側になる部分に水が染み込んできて割れが出でないかです。後は、外部コーキング目地や玄関タイルなど、とにかく雨にあたる場所はメンテナンスされてない場合は、そろそろ補修する時期です。防水のやりかえをする事になる場合は300万円程、コーキング目地と塗装工事だと150万円程、玄関タイル張り替えは20万円程とか、新築から遅くても30年間程経つと修理費が出ます。その辺りを今までにメンテナンスされているかの確認が大切ですね。建物自体は強いので、外部がしっかりしているのなら安心なのですが

Q地震の歴史について・・・。地震に興味のある、詳しい方よろw

こんにちは^^えっとですね、今日の質問は歴史に関することなのですが、西暦約1500~1550年又は1550年~1600年だいたい織田信長やザビエルの時代ですが、この時期の日本の地震の数具体的な数や震度を調べています、ほんの小さな手がかりでも感謝です、お手数ですがわかる方はレスいれていただければ感謝です☆わかりにくいことなどがありましたらレス宜しくお願いします♪

Aベストアンサー

国立天文台発行による理科年表より抜粋します。
(ごめんなさい、多すぎて書ききれないので、1550年~1600年頃のみ掲載します)

1579/2/25(天正7/1/20):38.7°N 135.5°E M6.0
 摂津:四天王寺の鳥居が崩れ、余震3日にわたる。

1586/1/18(天正13/11/29):36.0°N 136.9°E M7.8
 近畿・東海・東山・北陸諸道:飛騨白川谷で大山崩れ、帰雲山城、民家300戸埋没し、死者多数。
 飛騨・伊瀬・美濃・近江など広域で被害。
 阿波でも地割れを生じ、余震は翌年まで続いた。
 (途中略)伊勢湾で津波が発生した可能性あり。

1589/3/21(天正17/2/5):34.8°N 138.2°E M6.7
 駿河・近江:民家多く破損、興国寺、長久保、沼津の城壁が破損。

1596/9/1(慶長1):33.3°N 131.6°E M7.0
 豊後:前月より前震あり。高崎山崩れ、八幡村八幡拝殿倒壊。
 一度海水が引いた後、大津波。別府湾沿岸、大分などで、家屋殆ど流出。死者708名。

1596/9/5(慶長1):34.65°E 135.6°E M7.5
 畿内:(途中略)死傷多数。

1605/2/3(慶長9/12/16):33.5°N 138.5°E M7.9
           :33.0°N 134.9°E M7.9
 ☆いわゆる慶長大地震。被害多数。(被害多すぎて書ききれませんので略)
 二つの地震が同時に起きたと考えられています。

少しでも、ご参考になれば幸いです。

国立天文台発行による理科年表より抜粋します。
(ごめんなさい、多すぎて書ききれないので、1550年~1600年頃のみ掲載します)

1579/2/25(天正7/1/20):38.7°N 135.5°E M6.0
 摂津:四天王寺の鳥居が崩れ、余震3日にわたる。

1586/1/18(天正13/11/29):36.0°N 136.9°E M7.8
 近畿・東海・東山・北陸諸道:飛騨白川谷で大山崩れ、帰雲山城、民家300戸埋没し、死者多数。
 飛騨・伊瀬・美濃・近江など広域で被害。
 阿波でも地割れを生じ、余震は翌年まで続いた。
 (途中略)...続きを読む

Q鉄筋コンクリート住宅の坪単価は?

鉄筋コンクリート住宅(現場打ち込み)を地元の工務店、建設会社で建てる場合(大手メーカーでなく)、坪単価の相場はどれくらいですか?
勿論、都会とか田舎とか地域によるでしょうが、大体の線を教えてください。

Aベストアンサー

坪単価でいえば50万円くらいから150万円くらいの範囲だろうと思います。

特に鉄筋コンクリート造は重いですから、少し地盤が悪いと杭打ちなどが必要で、それだけで数百万円もかかります。

工務店や建設会社に依頼しても、鉄筋コンクリートの構造計算から図面作製までが必要ですから、自社あるいは下請けの設計事務所で設計図書を創ります。

当然その費用は工事費に上乗せされます。

工務店などの図面で他での見積もりを取る事も出来ません。

まずは近くで信頼できる建築設計事務所を探して、土地や条件を示して設計をしてもらってから、何社かで見積もりを取ると良いと思います。

しかしそれ以前に土地の状況や地盤の強度などに、プランや建物の規模も含めて、設計者と鉄筋が良いのか、木造や鉄骨造あるいはその併用などを予算も含めて相談する方が良いと思います。

それで目途を付けてから鉄筋コンクリート造にするかどうかを考えれば良いと思います。

Q諸事情があって、住所を2週間ほど実家(私は現在実家から離れて妻と二人で

諸事情があって、住所を2週間ほど実家(私は現在実家から離れて妻と二人で暮らしております。)に移したいのですが、そうすることで何か支障となることはありますでしょうか私は現在実家から離れて妻と二人で暮らしております。?

例えば、「住所を一時的に移すと、私の世帯の世帯主がいなくなる」とは「住民税はどうなるのか」など支障が出てくると思うのですが…

詳しい事がわかる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

ANo.1の回答にあるように「2週間ほど実家に住む」のは「一時的な滞在」になりますので住民登録を異動させる法的必要性はありません。

もしなんらかの理由で「住民登録を移す必要がある」で国民健康保険を使っている場合は、多少問題があります。
質問者さんが住民登録上でも転居してしまうと「世帯主がいなくなる」のではなく奥様が「住民登録上の世帯主」になります。
これはどうにもなりません。
その結果、国民健康保険証の内容も変わりますので・・・・社会保険ならあまり問題にはならないかと思います。

住民税は1月1日現在の住民登録地で課税されますので、1月1日を跨がなければさして問題はないはずです。

Q鉄筋コンクリート住宅と木造住宅の価格差。

しっかりした考えも浮かばないのですが、自宅の建て替えを視野に入れています。木造か?鉄筋コンクリートか?と聞かれれば、迷わず鉄筋と思っているのですが、その根本的理由の一つは価格でして、当方勝手に、木造住宅のほうが、高額と思っていまして、この点についてですが、鉄筋コンクリート住宅のほうが、木造より高額なのでしょうか?現在、大成住宅のPalcon(中でもシェード)を考えています。見た目と、あまり高く無いのでは?との勝手な憶測からですが、やはり木造なんでしょうか?また、Palconに限らず、鉄筋は、多種多様に、簡単に対応してくれるだろうとも思っていました(既に組み立ててあり、運んで、組み上げるだけ)し、実際、部屋の箱を大型クレーンで吊るし上げているところも見ています。当方の憶測は甘かったのでしょうか?また、Palconの中でもシェードというのは、既製品のようなもので、その分、価格は抑えられるものでしょうか?Palcon シェード2棟を連結と思っていたのですが?

Aベストアンサー

(1)”大成パルコン”は本来の純粋な「RC造」ではありません!

”プレキャストコンクリート版”を現場で
主に接着剤で「組み付ける工法」ですから

一体式(ラーメン工法)とは、元々の意味が違う工法なのです。

(2)「木造」と「RC造」のどちらが「安いのか?」
余程の贅沢をしない限りで“普通の住宅のレベル”であれば

確実に「木造」が安く建てられます。

1.「木造」:勿論“仕様”にもよりますが
坪当り40万円~70万円が基準です。
(数寄屋建築では、200万円でも建てられません!)

2.「RC造」:これも“仕様”で変わりますが
約100万円以上~と言うのが一般的です。

建築物の「価格」とは?
最終的には「構造体の違い」よりも、どの様な設備品を
採用するのか?  の要素の方がファクターとしては大きいのです。

「補足」があれば「追記」が可能です。

Q津波の速度について

すでにいくつかの質問がされていますが、
津波の速度は深度が深いところではジェット機並みの時速数百キロですが
深度の浅いところでは数十キロと遅くなるということです。

計算式も見ましたし、実際にその通りになっているということは十分に理解しているつもりなのですが、でも納得できないのです。

津波と同じように「水」が流れる川の場合では、深いところではゆっくり流れますし、浅いところでは早く流れます。
これは、深くても浅くても同じ量の水が流れるためには断面積の小さい、すなわち浅いところでは早く流れないと、断面積の大きいすなわち深いところと同じ量が流れることは出来ないということで、これは非常に理解しやすいですよね。
これと同じで、浅いところが早くて、深いところは遅ければピンと来るのですが、実際には逆。

津波は「流れ」ではなくて「波」なんだということなんでしょうが、ではなぜ波だったら逆になるのか?
その辺がわかりません。

すでに質問されているものに対する答えも私には「そうなっているからそうなんだ」としか理解出来ません。ピンと来ないのです。

どなたか素人にでも判る解説をしていただけないでしょうか?

すでにいくつかの質問がされていますが、
津波の速度は深度が深いところではジェット機並みの時速数百キロですが
深度の浅いところでは数十キロと遅くなるということです。

計算式も見ましたし、実際にその通りになっているということは十分に理解しているつもりなのですが、でも納得できないのです。

津波と同じように「水」が流れる川の場合では、深いところではゆっくり流れますし、浅いところでは早く流れます。
これは、深くても浅くても同じ量の水が流れるためには断面積の小さい、すなわち浅いと...続きを読む

Aベストアンサー

直感的には、空を飛ぶジェット機に例えて
  深いところ=高い空を飛んでいる状態
  浅いところ=地面に足が付く状態
と同じと考えてはどうでしょう?

ジェット機は上空を飛んでいたら時速数百キロで飛べます。でも滑走路に車輪が着いているときは、地面手との間に摩擦があるので、時速数十キロ(もっと速いかな?)に落ちますね。

同じように、動きが自由な水の上を波が伝わるときは速くて、固定された海底の制約を受けるほど浅いところでは遅くなるのだと思います。

Q鉄筋コンクリートの平屋住宅を建てたいです。

鉄筋コンクリートの平屋住宅を建てたいです。
雨漏りが いやなので三角屋根にしたいですが
陸屋根と比べて費用は何割増しくらいに なるでしょうか。
50坪位を予定してます。
木造、鉄骨造は予定してません。

Aベストアンサー

三角屋根というのは、木造りのように切妻屋根とかにするのですか。
屋根駆体にかかる工事が陸屋根と比べて型枠工事もコンクリ-ト工事も鉄筋工事も高くなると思います。
たぶん15%~20%程度ではと思いますが。

Q隣の部屋から…               鉄筋コンクリート6階建てに

隣の部屋から…               鉄筋コンクリート6階建てに住んでいます!!

最近隣の部屋の夜の営みが激しくて声がコンクリートの壁をすり抜けて聞こえて眠れません…

特に男性の太い叫び声は本当にうるさいです…


でもこんなこと注意しにくいし、引越しも考えてますが現実的になかなかできません。


何かいい方法をアドバイス願いますm(u_u)m

Aベストアンサー

私もそんな事が多々あり、管理会社から深夜の物音について注意書きを
全室に配布してもらいましたが、あまり効果なかったです。
がしばらく耳栓でしのぎましたが結局引っ越しました。鉄筋ではなく、
鉄骨のボードの壁だったので、振動も筒抜けで参りました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報