システムメンテナンスのお知らせ

日本の民主主義では主権は国民にあり政治家を国民が直接選びます。政治では時々失敗が発生します。場合によっては法律には触れないがギリギリのことをすることもあります。

その時、マスコミや多くの国民は政治家を糾弾します。しかし、駄目な政治家を選んだ国民の責任は誰も糾弾せず違和感を感じています。かといって選んだ後は政策に口を出せるわけではない(国会議員をリコールできない)ので選んだ人間の責任にされても困るという話もあります。

そもそも、こういった議論において政治の責任は誰にあるのでしょうか?
また、良い政治制度というものはどのようなものでしょうか?

gooドクター

A 回答 (5件)

憲法の理念、三権分立、間接民主主義、主権在民


XXXの自由権の保証。
一義的には、有権者とモノを言わないマスコミ、
有識者と言う名の御用無識者の責任でしょう。

他方、議員自ら清浄能力の欠如が目立ってきています。
戦後75年、新憲法の理念が薄れてきています。
議員多選の禁止、定年制、定数、歳費、経費、
リコール等、改善すべき点は多数あります。
有権者は消去法で候補者を絞り、先ずは投票で、
権利を行使すべきです。一歩一歩、牛歩であっても、
100年かかっても、不都合な個所は改善し、前進すべきです。
    • good
    • 0

駄目な政治家を選んだ国民の責任は誰も糾弾せず


違和感を感じています。
 ↑
国民には政治的能力はありません。
経済や法律には素人ですし、情報も
持っていません。
だからこそ、専門家たる政治家に
政治を委ねたのです。

政治家を選んだ責任がある?

現実を見てください。
政治家の政治的能力、資質などどうやって
判断しろと云うのでしょうか。
我々は、それを判断する資料を
十分に持っているのでしょうか。

選んだ責任はありますが、それは理念的な
責任に過ぎません。

国民には政治家の能力や資質に関する
情報などほとんど
与えられていないのです。



かといって選んだ後は政策に口を出せるわけではない
(国会議員をリコールできない)ので選んだ人間の責任にされても困るという話もあります。
  ↑
すると、リコールのある地方政治には
口を出せますから、地方政治については
責任を問われる、ということですか?



そもそも、こういった議論において政治の責任は誰に
あるのでしょうか?
  ↑
政治家は専門家なのですから
政治家です。
治療に失敗した場合、医者の責任になるのと
同じです。




良い政治制度というものはどのようなものでしょうか?
   ↑
難しいですね。

民意を反映し過ぎると、混乱して何も
決められない政治になるといいます。

良い政治を決めつけて、それに突進すると
社会主義のようなことになります。

試行錯誤を続けながら
少しずつ前に進むしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
そもそも、多くの国では一般人が武力で王様や領主から武力など革命により主権を勝ち取っており、国民の命を惜しまないレベルの本心や意思から行動を起こしているわけで、国民に政治的能力がないというのはおかしくないでしょうか?日本の場合それを起こした国の国民の意志によりなぜか民主主義がもたらされてしまっていますのでやや例外的ですが、そういった国民の意思があった国でも同じような問題は起きています。与えられないから選ぶことができないというのではなく、自ら行動を起こしその情報を取りに行く。その公開をしないような政治家などそもそも論外であり投票しない。もしくは、自身が情報を公開して立候補する。これが普通ではないでしょうか?
ただ、G7全部と言っても良いかもしれませんが、民主主義が半世紀以上続き安定してくると主権者を勝ち取ったということすら忘れてしまいなんだかおかしなことになっているという気もします。
このような状態になっている今、今一度民主主義とは何か?どのようにすべきか?このあたりを考えてみたく思っています。
医者についても治療の失敗は問うことができません。勿論、過失の場合は別ですが治療という性質上、必ず悪い結果になることは患者も同意の上です。ですので重要な手術はやはり名医と言われる人を選んでそこで手術を受けたりするものかと思います。また、なんだかんだいっても最後は自分で全て引き受ける必要がありますので本気で考えて行動するかと思います。
ただ最近の民主主義ではここまで本気で名医(良い結果を残せそうな人)を選ぼうとする気概が全く感じられないと思うのです。医者をせめても法律上全く意味がありませんし、責任といいますか結果については患者本人が100%払う必要がありますので、不運であったり医者選びに失敗した自己責任かと思うのです。

お礼日時:2020/12/30 10:18

主権は国民にある。


世の中の原則として、権利を持つものは相応の責任を負う。
したがって政治の責任は国民にある。

良い政治制度とは、最大多数の国民に「命の保証」「生活水準の保証」「幸福感の保証」を担保できる政治である。
システム論では論じられない。
アテネ式民主制がそうだった時もあったし、ローマ式寡頭制がそうだった時もあった。
運営する人間や時代・周囲の状況次第で、最適なシステムは変更される。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
後半の質問は今の日本を想定していますが良い政治制度になっていますか?もしそうでないならどう改善すべきでしょうか?

お礼日時:2020/12/30 10:19

国民は、


選挙によって
すべての意思表示の権利を、
政治家に譲渡した訳では無い。

選挙権は、国民の権利の一つに過ぎない。
国民は、
あらゆる意思表示·異議申し立ての権利を有している。

「全ての国民は、○○を占拠せよッ!」
は、煽り行為でしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。日本は別ですが他国の民主主義は実際に国民が立ち上がり勝ち取っています。ただ、その場合でも日本と同じような不満や論調が見て取れるかと思います。

お礼日時:2020/12/26 20:08

その視点には俺なかなか立てないな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。そうであれば、自分で立候補して責任を取り政治を変えるしかなくなりませんか?もしくは良い方法がありますかね?民主主義の責任についてなんとなく考えていたのですが良いことは基本的に称賛せず、悪いときばかり政治家のせいにしておりなんだかとても無責任な気がしています。

お礼日時:2020/12/26 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング