【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

民法509条各号に掲げる債務に係る債権(受働債権)を相手方(債権者)が第三者から譲り受けたときは相殺禁止ルールは適用されない

具体例、解説お願いします。

A 回答 (1件)

例えば、被害者Aが、加害者Bへの(悪意の)不法行為損害賠償請求権(A→B債権)を、Cに債権譲渡で譲渡した。


Bによる、BC間の相殺を考えるとき、C(相手方)は第三者Aから、不法行為債権を譲り受けたときに当たる。
よって、債務者Bが、Cに対する債権を有し、相殺適状にあれば、509条ただし書きにより、相殺可能。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング