伏線がたくみに張ってあったり、読んでてこれって深いなぁと思うような作品を教えてください!

ちなみに、私は藤崎竜の「WORLD」、浦沢直樹の「MONSTER」、少し違いますが漆原友紀の「蟲師」とかの雰囲気が好きでした。

読み終わってほぉーってなれるようなものを探しています。小説でもいいのですが、マンガの方が手をつけやすいので、おすすめがありましたらよろしくお願いします^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

短編(16P)ですが萩尾望都の「半神」などいかがでしょう?

    • good
    • 3

No.1さんも紹介していますが私も風の谷のナウシカを


お勧めします。映画と比べると内容がかなり違います。
とても面白いですよ。
    • good
    • 1

私のオススメは


・『不思議な少年』 山下和美
・『プラネテス』 幸村誠

 です。人間って凄いって思います。『プラネテス』はアニメもオススメです。
    • good
    • 0

私もNo.3さまと同様、ぼのぼのをオススメします。


絵本のように優しく展開するのに一言一言や行為が
哲学的です。押し付けがましくない所がいいですよ。
    • good
    • 0

うる星やつらは基本的にギャグですが


稀に非常に哲学的なものがあります
たまにしかないので高低があって面白いです
    • good
    • 1

ご存知でしたら恐縮ですが、萩尾望都「銀の三角」は如何でしょうか。


SFマガジンに連載され、元々哲学的な彼女のSF作品群の中でも最高峰との呼び声が高いものです。
卓越した科学技術で銀河系を管理する中央(センター)の保安局員マーリーが、辺境の惑星で革命に巻き込まれたことから物語ははじまる…のですが、ストーリーは複雑であらすじを言葉では簡単に表現できません。絵とモノローグと構成で物語が浮き上がる、漫画でなければ表現できない作品です。

光瀬龍原作・萩尾望都画の「百億の昼と千億の夜」もオススメです(原作はハヤカワSF文庫から出ています)。
    • good
    • 0

吉野朔美「エキセントリックス」です。

    • good
    • 0

そうですねぇ


星野之宣氏の作品なんかどうですか?
お勧めはメジャーどころで「ヤマタイカ」と「宗像教授伝奇行」かな?

あと哲学的っていえば「つげ義春」?
深さでいえば計り知れない…
(しかしあの絵は手をつけづらいなぁ)
    • good
    • 0

「からくりサーカス」は伏線がまさにからくりの歯車のように働いてます。


読んでみてください。おススメですよ。
    • good
    • 1

『遠藤浩輝短編集1,2』


現在、アフタヌーンで『EDEN』を連載されている漫画家さんの短編集です。
現実的で、哲学的な作品です。が、万人受けするような内容ではないと思うので、注意を^^;

『死刑囚042』
小手川ゆあ(著)。全5巻。長年拘置されていた死刑囚と、外の世界の人々とのふれあいを描いた作品です。
死刑囚を扱った作品ですが、全体的に明るい雰囲気で、読後もすっきりした気分になれます。

あとは、同じ浦沢直樹さんの作品で
『20世紀少年』
伏線張り張りです。まだ連載中で、どのように収束していくのかが、とても気になる作品です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマトリックスのテーマの「信仰と哲学」

マトリックスのテーマの「信仰と哲学」というのがよく分からないのですが
つまりどういうことですか?

Aベストアンサー

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)生きていけない。
 また、マシンも、どんなに人間を嫌っても、人がいなければ電源供給が絶たれ、マシンも停止するしかない。
 人とマシンが互いに、互いを必要としているように、ネオにとってのスミスも、いやおうなく、融合することが唯一の解決策であることに気づかされる。
 これらの背景にあるのは、人が「自由意志」だと思って行動していたことが、実は「必然的な選択」ではなかったのかという「自由意志への懐疑」。
 デカルトからカントに受け継がれた知覚主義、意識と懐疑、“選択する”ということの意味への考察、原因と結果の因果関係論などの思想。
 そのほか、哲学者ボードリヤール、ショーペンハウアーの考え方、ニーチェの超人哲学、仏教、密教なども随所にマトリックスの中に取り入れられている。
 マシンは、ネオとの合意形成によって、マトリックスの全システムがリセットされ、無事に再起動をはたす。ラストシーンで、日の出を作り出し、「預言者」と一緒に見る少女が、ネオに続く次の救世主となったことが示される。
 このように哲学以外にも、人の脳神経には、重力も、物理的な制限もいっさいないため、日の出を作り出したり、現在の人類には信じられないようなスピードで早送りしたり、検索したり、データマッピングさえできる可能性なども示されている。

参考URL:http://www.fujigoko.tv/rev/prof/doc6/index.html

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)...続きを読む

Q良い伏線、悪い伏線の作品例と伏線の定義について

良い伏線、悪い伏線の作品例と伏線の定義について

単純に良い伏線とは「おおっ、そういう事だったのか」と感動させるような描写をしているものを指していると思うのですが、これをもうちょっと細かく言うと、物語における人物の行動の行動理由が描写されないまま物語が進行して行き、後程その理由が分かった時点で、今迄そのような思いで行動してきたのか、とストーリーの裏にある設定や登場人物の心理描写を読者自身が補完する事によって、物語の厚みが増すように感じられる作品中の箇所やその技法を指すものだと思っています。
そうした人間の心情が入っていない、意味深なアイテム+後々にタネ明かしされるがメインストーリーに絡まないものは伏線に含まれないのでは、と個人的に思っています(ただそうした描写に自分が楽しめていないだけなのだと思いますが)。

これについていくつか質問です。
全てではなく、いずれかの一つだけでも回答頂ければ幸いです。

1.良い伏線の作品、悪い伏線の作品があれば教えて下さい。

2.自分の拙い考えに任せて書いてしまいましたが、
  伏線の定義が上記では不十分のような気がしてなりません。
  これに付け加えたり、修正するとなれば何が良いでしょうか? 
  勿論、上記のものは個人的主観であるので一般的な解ではないと思いますし、良い伏線について(おおっそうなのか、と感じる感覚)には個人差があるので普遍的な解は得られないと思うのですが、宜しければ是非皆様のご意見を聞かせて下さい。
  「おおっそうなのか」という感覚はどのような時に起こるのかを分析したいのです。

変な質問で大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

良い伏線、悪い伏線の作品例と伏線の定義について

単純に良い伏線とは「おおっ、そういう事だったのか」と感動させるような描写をしているものを指していると思うのですが、これをもうちょっと細かく言うと、物語における人物の行動の行動理由が描写されないまま物語が進行して行き、後程その理由が分かった時点で、今迄そのような思いで行動してきたのか、とストーリーの裏にある設定や登場人物の心理描写を読者自身が補完する事によって、物語の厚みが増すように感じられる作品中の箇所やその技法を指すものだ...続きを読む

Aベストアンサー

相談者さんの理想は、浦沢直樹のMONSTERなどのスタイルですよね。意味深な状況が複数発生して、メインストーリーに合流していく。

伏線屋としてはうしおととら、からくりサーカスの藤田和日郎が最高だと思います。
ただし、相談者さんの定義だと外道に当たります。
主人公と別の目的で行動していて、ストーリー上ですれ違い、自分の目的を達成すると途中退場するため、多くの登場人物がメインストーリーから外れた外伝を持っているからです。

メインストーリーが膨らんでいくパターンは、序盤に求心力がないとダレて読者が離れてしまいます。また長期的な連載でキャラインフレを起こして置き去りになるキャラクターが出がち。ドラゴンボールのクリリンですね。
藤田和日郎は、輻輳するキャラで世界が拡大し、それぞれのキャラが違う目的を持ち、すれ違い去っていくので、パワーインフレが起こらず、再登場するときには違うスペックで登場するために、敵になったり味方になったりで、パワーの一極集中がなく、
またそれぞれのキャラクターが本編途中で自分だけの目的を達成して死亡していくので、常にクライマックスが用意されています。
この作風は独自のもので、藤田和日郎と師弟関係だった作家の一部しか描けないようです。金色のガッシュの雷句誠とか、日本沈没の一色登希彦など。
源流は、松本零士の世界を共有するキャラシステムだと思います。

私からすると浦沢直樹の作品は、5巻位まで登場人物が揃わないと目的がみえないので、読み始めるのに気合がいるので苦手です。小説家だと福井晴敏が同じタイプ。序章が長過ぎ。

逆に風呂敷ひろげっぱなしで、忘れた頃に回収するゆうきまさみのスタイルも嫌いではありません。

相談者さんの理想は、浦沢直樹のMONSTERなどのスタイルですよね。意味深な状況が複数発生して、メインストーリーに合流していく。

伏線屋としてはうしおととら、からくりサーカスの藤田和日郎が最高だと思います。
ただし、相談者さんの定義だと外道に当たります。
主人公と別の目的で行動していて、ストーリー上ですれ違い、自分の目的を達成すると途中退場するため、多くの登場人物がメインストーリーから外れた外伝を持っているからです。

メインストーリーが膨らんでいくパターンは、序盤に求心力がないとダ...続きを読む

Q2chの転載禁止について、簡単に教えてください

最近2chの転載を禁止すると話題になってますが、僕がよく見てる哲学ニュースとかは今でも健全に運営されています。
そんな中、今回の件で運営自体できなくなったってサイトもちらほらあるそうです。

そこで、僕の大好きな哲学ニュースと潰れたサイト、いったい何が違うのか?
哲学ニュースは何をどううまくやって生き残ってるのか?
そして転載禁止はどこからどこまで禁止なのか?
何か抜け道でもあるのか?
教えてください。

Aベストアンサー

>そして転載禁止はどこからどこまで禁止なのか?

2chが公式にトップページで転載禁止と言ったので、2ch.net ドメイン内のテキストは転載禁止となっています。

http://www.2ch.net

このTOPに、「無断複写●転載を禁じます」と宣言されましたので、板ごとではなく、2ch.net すべてが禁止されました。

ですがその転載禁止は、あくまで「****.2ch.net」というドメイン内にのみ効力が及ぶもので、他所のサイトに書かれた物まで、2ch.netが転載禁止を要請する権利はありません。

転載禁止に反発し、転載自由の「おーぷん2ちゃんねる」http://open2ch.net/ ができて、そちらに移行した住人も居ます。
また、以前からある「したらば掲示板(2ちゃんねる形式)」http://rentalbbs.shitaraba.com/ にある各掲示板も、(板ごとに異なりますが)かなり緩いようです。
もちろん個人が2ちゃんねる方式掲示板プログラムを使って、独自に構築したような所も、マイルールで運用できます。

2ch.net からの転載が禁止されてからは、そういったところからの転載記事が多いようです。

>そして転載禁止はどこからどこまで禁止なのか?

2chが公式にトップページで転載禁止と言ったので、2ch.net ドメイン内のテキストは転載禁止となっています。

http://www.2ch.net

このTOPに、「無断複写●転載を禁じます」と宣言されましたので、板ごとではなく、2ch.net すべてが禁止されました。

ですがその転載禁止は、あくまで「****.2ch.net」というドメイン内にのみ効力が及ぶもので、他所のサイトに書かれた物まで、2ch.netが転載禁止を要請する権利はありません。

転載禁止に反発し、転載自由の「お...続きを読む

Q作品をご紹介ください(子育て奮戦記的な作品)

20~30くらいの独身男性が、突然子どもを引き取り育てるようになるといった子育て奮戦記的な作品を探しています。ご存じの作品がありましたらご紹介お願いします。

既読の作品は以下です。
・うさぎドロップ(4巻までが条件に入る)
・いもうとデイズ
・高杉さん家のおべんとう

補足
類似の作品に「よつばと!」がありますが、この作品のように1巻開始時点で子育てが日常化しているものは除外してください。

Aベストアンサー

「ワーキング・ホリデー」全2巻 作:こやまあやこ 原作:坂木司
夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の
進がやってきた。息子の教育上ホストはよろしくない、と大和は昼間の仕事である宅配便の
ドライバーへ転身するのだったが…。(裏表紙より)

しっかり者だけれども感情をうまく出せない不器用な進むと、大人だけど何も出来ず
とりえもない大和が、初めはぎくしゃくしているが、だんだん絆を深めていく、ほのぼのした話です。

Q哲学は心理学のサブカルチャーに過ぎないのか

 
哲学する心とは単なる人間心理の1状態であり、心理学的現象に過ぎない。

つまり哲学は心理学のサブカルチャーに過ぎないのでしょうか。
 

Aベストアンサー

在るものをあるがままに見る者は、思惑愛好家ではなく、愛知者と呼ぶべきものではないかね。
とソクラテスが言った(とブラトンが「国家」に書いていました)
この、愛知者、知恵に執着する者、思惑愛好家、自己の心、思惑、に執着し、自己の心を脱せない者。
に対する、心でない、自己を度外視して、真実を見、掴もうとする、知恵、に執着する者、が
哲学者、(学舎、ではなく、哲学もの)となります。
哲学のスタ-トは、自己の思惑を否定し見直す事。心、を否定すること。なのです。
東洋の哲学、インドの釈迦の考え方、中国の「老子」の考え方は、さらにはっきりと。
自己の心に執着するのが、亡者であり、俗人、小人物、であり。
その対極が、菩薩(悟りを求める人)であり、賢人、なのです。
哲学にとって、心理、人の心、は、動物の心の延長であり、
人の心理を知りたければ、動物の行動を見れば解る、人の心など、別に美しいものでも複雑なものでもない。
人間(の心)を厭え、人の心、から逃れよ。が釈迦の哲学の、スタ-ト、とも言えるのです。
猫には虎の心は解らない、というのがありますが。
ギリシャ哲学の、頂点、とも見れる。心、執着を滅した、樽の中の哲人、を。
デイオゲネス、コンプレックス。などと言う真理学者の言葉などは、まさに、猫には虎の心は理解出来ない。
ではないでしょうか。

カント、も「純粋理性批判」の中で、実体のない心を対象とする、心理学、は存在し得ない。と言っていますが。
フロイト系の精神分析にしろ、ハブロフ系の生理学、にしろ、追い求めているのは、動物の心=行動。
なのです。それが結構当てはまる人間が多い、ことも事実でしょうが。
人間は思想によって作られる。思想によって、自らを構築するものなのです。
それには、動物の心は当てはまらない、理解するには、その人を構築している、思想、考え方、を理解するしかない。理解出来たなら、その人は心理学者ではなく、哲学者でしょう。
心、や心の機微を表現する、ニ-チェに言わせると、詩人にすぎぬ、阿呆に過ぎぬ、文学などでも、
最高峰とも言われる。芭蕉の
古池や、かわず飛び込む、水の音  という俳句に、心、が読み取れますか?

在るものをあるがままに見る者は、思惑愛好家ではなく、愛知者と呼ぶべきものではないかね。
とソクラテスが言った(とブラトンが「国家」に書いていました)
この、愛知者、知恵に執着する者、思惑愛好家、自己の心、思惑、に執着し、自己の心を脱せない者。
に対する、心でない、自己を度外視して、真実を見、掴もうとする、知恵、に執着する者、が
哲学者、(学舎、ではなく、哲学もの)となります。
哲学のスタ-トは、自己の思惑を否定し見直す事。心、を否定すること。なのです。
東洋の哲学、インドの釈迦の...続きを読む

Qテレプシコーラ明かされず仕舞の伏線/ネタバレあり

まだまだ続くと思っていた「舞姫テレプシコーラ」、まるっきり尻切れトンボの結末となりました。
気になっていた伏線、いっぱいありますよね。

大きい点では、
ローラは本当に空美ちゃん?整形?なぜアメリカ国籍に?
美智子先生はどうなったの。美智子先生の過去は。

あと、自分が気になった点としては、
千花ちゃんをいじめに追いやった首謀者は、後でもっとストーリーにからんでくると思っていた。
第2部1巻で拓人君が出ているけど、六花と彼が大切なパートナーになっていく予定だったのでは?
同じく第2部の2巻で、菅野先生が六花のムーヴメントが他の子と違うと気づきますが、これも後のストーリーにつなげるつもりだったのでは。

皆さんはどんな伏線が心残りですか?

以前の作「青青の時代」も伏線残しの感があったのですが、「テレプシコーラ」はあんまりひどいです。
ついでにお聞きしますが、「青青の時代」の日女子が水子を食べているという噂は、
日女子が死の間際に否定することでそれっきりになりましたが、
あれも伏線を描ききらない終わらせ方だったと思いますか?

Aベストアンサー

『青青の時代』は未読ですが…

『アラベスク』は第二部があると思っていませんでしたが、
『テレプシコーラ』は第三部があると思っています。
完結した翌月の留学先のオマケがその予告編で、
連載再開が数年は先になるのではないかと…。
(舞台が海外なので準備期間がかかりそうだし)
なので、1947年生まれの先生の健康を願っています。

空美ちゃんは、やつれていた母親も実は美人で、
グータラ親父がのたれ死にし、母親が心身ともに
楽になり、少しふっくらしたら超美人になった。
そして、仕事先であの大富豪に見初められて再婚、
というのが私の想像です。

Q哲学を学ぶ意味を教えてください。

哲学を学ぶ意味を教えてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121656716

このURLは凄く参考になりました。

でも自身の中ではまだ満たされていません。

「哲学」は常に変わるもので人それぞれが違う哲学を持つと思います。

そういう謎もあって「哲学を学ぶ意味」が分からなくなりました。

そこで皆さんに質問です。

哲学を学ぶ意味を教えてください。

また貴方が哲学で学んだ事を教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

人間は哲学せずにはいられないからその本能に従うことに意味があるのでは。

>「哲学」は常に変わるもので人それぞれが違う哲学を持つと思います。

人それぞれ視点が違うので見ていることころは違っても見ている対象は同じだと思います。
だからもっと広い視野、高いところから見れば哲学は似たり寄ったりになると思います。

Qエロ無しで意味の深イイ漫画が読みたいのですが

エロい漫画で意味が無いものより、別にHなシーンは無くてもいいので、深イイ系の話が読みたい! のですが。
ちょっと田舎に住んでいるので、本屋にはあまり無くて、コミックスは殆ど通販しています。
携帯サイトなどではエロ優先なので、利用したくても引いてしまいます。

Aベストアンサー

あぁ探偵事務所(関崎俊三)全15巻 一話一話が面白くて、良い話です。
プ~ねこ(北道正幸)猫好きにはたまらないです。内容は変な方?に深くて面白いですよ。只今3巻まで。
もやしもん(石川雅之)かわいい菌達が、お酒に関して深~く教えてくれます。只今6巻まで。

Q自己愛

「自己愛こそ自己存在の土台である」

という言葉を最近見かけたのですが
どう思いますか?
人の根底は自己愛なんでしょうか?

Aベストアンサー

どこで見かけた言葉かは存じませんが。
まず自分を大切にできないと、他者やもの・人間関係など、自分と関わり合うものを大切に思うことができない、と言いますね。
だから子どもに愛情を注ぎ、自分を好きになれる、自信のある子どもに育てるのだ、とききました。
そういうことじゃないかなぁと思いましたが?

Q同じ作家さんの作品でも「この作品が好きで、この作品が嫌い」って事ありますか?

漫画家さんは、いろいろな漫画を出していますが、同じ人の作品でも、あれが好きで、これが嫌いって言う経験を教えてください。
話がつながっている、何とかの続編はやめてください。
例、グラップラー刃牙→バキ
キン肉マン→二世
ジャングルはいつもハレのちグゥ→ハレグゥ
南国少年パプワ君→PAPUWA、等です。
また続編じゃなくても、シリーズになっているものもだめです。
例、パタリロ→パタリロ西遊記
ドラゴンボール→ネコマジン等
同じ作品の序盤と後半もやめてください。たとえばドラゴンボールの初期が好きで、後半(アニメで言えばZ)が嫌いと言いった感じ。

Aベストアンサー

まあ、長くやってる漫画家さんのだと結構あると思いますよ。
初期の作品が好きで現在のは駄目とか、その逆のパターンとか

私の場合、漫画家での選別でなく作品の傾向といったほうがいいですね
ギャグ(特に下ネタ)のみというのは好きではないです。
永井豪
好き「デビルマン」「手天童子」等
嫌い「オモライくん」「キッカイくん」「イヤハヤ南友」等
市東亮子
好き「やじきた学園道中記」「BAD BOY」
嫌い「ラーメン・ラビリンス」「バトルフィンガーファイブ」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報