【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

弁済期が到来したがYが100万円を支払わないため、XはAに対して100万円の支払いを請求した。この場合に、AはXに対して、「連帯保証人は2人いるので、自分は、100万円の半分の50万円しか支払う必要はないはずです。」と主張することができる。

この条文は、正しいのでしょうか?わかる方いますか?

A 回答 (3件)

連帯保証人には、分別の利益は


ありません。

だから、正しくありません。



この条文は、正しいのでしょうか?わかる方いますか?
 ↑
条文という文言はオカシイです。
法律は、こういうことには厳格ですよ。
    • good
    • 0

ただしくない。



ていうか、極めて初歩的な法律の質問をここでするより、教科書をきちんと読んで勉強したほうが、自分の知識になりますよ。
    • good
    • 0

出来ません。

連帯保証人が何人いようと それぞれが全額の保証です
ただし Aが100万支払ったら Yに100万請求できますし 他の保証人Bに50万請求できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング