【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

ハウスメーカーのアフターメンテナンスを比較したいと思い、ホームページを見に行っても大抵「24時間コールセンター」「10年保障」とかは謳っているのですが、定期点検が○ヶ月、×年、△年・・など具体的に説明しているところは多くありません。
最近、アフターメンテナンスを重要視するお客さんは多くなってると思うのですが・・。
H・Mで建築された方などで、「ここのH・Mはこうだった」等教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入居後、6ヵ月・1年・2年 と定期点検がありました。


セキスイハイムです。

半日以上かけてとても細かかったです。
半年の時には、自分達で気付いていた部分(引き戸の閉まり具合とか、扉のこすれるような感じなど)を直してもらいました。
後の2回はこちらは不具合と感じていなかったのですが、先方が見つけて直してくれました。
カーテンレールの部品などの頼んで予備をもらったりしました。
笑ってしまったのは廊下のフローリングで、「少しきしみますね。」と言われて、結果的には貼り直してもらったのですが、私達家族は誰が通っても何も感じませんでした。
点検の担当の方は巨漢な方で、彼が通ると確かに一箇所「キュッ」といいました(^_^;)
メンテに入った職人さんは「あの人の点検は厳しくって!!」と笑ってました。

3年経過しました。連絡先としてはアフターサービスの担当と、メンテナンス会社の双方をもらっています。
時間によってどちらかに連絡しますが、内容によってどちらかが対応してくれるので、困ったことはないですね。

契約以前に複数のメーカーさんに相談しましたが、どこも「定期点検」について教えてくれました。
私が他に見積を取ったところは、いずれも同じような点検のプランでした。
アフターサービスもウリの一つですから、メーカーによっては簡単な資料なども用意していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり2年目の点検までに2回あるのですね。1年点検の後5年まで無いのは不安です・・。「いろいろ気になるところはあっても故障とかではないし・・わざわざ来て貰うほどでもない・・。」と思うと連絡しにくいだろうなと。
「巨漢のサービスマン」、いいですね(笑)ウチもこんな方に見て頂きたいです。
営業の方に資料があるか聞いてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/10 19:48

投稿させて頂きまーす。


我が家はパナホームです。
アフター点検は以下の通りです。

第1回目:引渡し後3ヶ月:点検巡回訪問
第2回目:引渡し後8ヶ月:点検巡回訪問
第3回目:引渡し後18ヶ月:通信訪問
第4回目:引渡し後24ヶ月:点検巡回訪問

その他、24時間コールセンター、躯体は30年保障かな。

24ヶ月以降は、コールサービスは地域担当から本社へ移ります。
4年半経ちますが、今でも本社コールするとすぐ最寄の業者を手配して調査に来てくれます。修理しても、今のところ何故か無料でやってくれてます。
最近あったのは、瓦が割れてたのと、ガス給湯器からの水洩れがありましたが、タダで直して行きましたね。保障の項目に入るのだろうか?

まぁ、定期点検はあるにこした事はないですが、結局何かあるとすぐ電話して呼び寄せるので、定期点検で何かしたことはなかったですね。
定期点検は家の内外をメーカが勝手に点検していって、「異常なしです。何か気になるところはありますか?」ってな感じでした。気になるところは既に修理済みだって。

そういう意味では、定期点検の回数より、こちらの電話に対するレスポンスの方が大事だと思いますね。その点では、満足してます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ええっ!とても点検の回数多いんですね!!
私が今検討中のハウスメーカーは最初が1年目でその次は5年までないんですよ・・。そこが引っかかっています。だって2年くらいまでが一番不具合が発生すると聞いた事がありますので・・。
 「瓦が割れてたのと、ガス給湯器からの水漏れ・・」がタダなのは築4年で何故なんでしょうね。
メーカーさんが修理に来られたのでしょうか?費用は誰が負担する事になるのでしょう?
とにかく、パナホームさんのアフターメンテは良さそうですね。アフターがいいというのは全てにきっちりしてそうですね。うぅ~ん、いいなぁ。
参考になりました。ありがとうございます。
他に、定期点検少ないけど対応がいい、とか多いけど悪い、又は単に○○工務店は何ヶ月目と何年と・・だけでも良いので教えていただきたいです。宜しくお願いします。

お礼日時:2005/02/10 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費

某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費4000万ほどでした。)
無料点検を定期的にしてくれます。
今回の点検で、外壁やコーキングの劣化、屋根瓦の一部のネジの浮きやずれ、色あせ(?)などが見つかりました。
昨年は点検箇所全てクリアしており、大変きれいな状態ですと言われました。
1年たったら一気に状態が悪くなってしまったとのことです。
担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。
見積もりは工期1ヶ月で何と260万!
内容は足場を組み、外壁と屋根の全面塗装やシーリングの打ち替えなどです。
(ここから多少の値引きをしてくれるようです。)
見た目は、知らない方からは新築に間違われるくらいきれいなのです。
本当にやらなくてはいけないのか迷っています。
また、新築で建てても10年でこうなるなら
今後も10年ごとに劣化しては補修の繰り返しですよね?
10年ごとに2~300万の出費になります。
こういうものなのでしょうか?

私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが(木造です)
そこは点検は建築後、数回あっただけでした。
したがって、屋根や外壁のチェックなど20年以上しておりません。

家にかけるお金は価値観の違いもあるため人それぞれだと思います。
致命的なところは修理は必要だと思うのですが
今、悩んでいます。
またこのような補修工事はやはり建築したメーカーにお願いいたほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費4000万ほどでした。)
無料点検を定期的にしてくれます。
今回の点検で、外壁やコーキングの劣化、屋根瓦の一部のネジの浮きやずれ、色あせ(?)などが見つかりました。
昨年は点検箇所全てクリアしており、大変きれいな状態ですと言われました。
1年たったら一気に状態が悪くなってしまったとのことです。
担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います...続きを読む

Aベストアンサー

10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。
コーキングの耐久年数は5年程ですのでいままで
一度もうちかえてないのであればそろそろでしょう。

>担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
>今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。

これは嘘ではありませんが、多少の誇張があるかもしれません。
たしかにコーキングや屋根のずれから雨水がはいればそうでしょうが
そこまでなるのにあと何年もつかは正直わからないはずです。

>私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが

日本の住宅はメンテナンスをほとんどせずに30年、40年たったら
建て替えをするという消費型住宅が多いのです。
質問者さんが住宅を50年以上持たせたいのであれば定期的に
メンテナンスは行ったほうがいいでしょう。
しかし、子供世代にたくす気がないのであれば適度な補修で
済ませたほうが費用対効果が高いでしょう。
日本の中古住宅市場は補修をしても評価が低く売却時に
費用の回収はまず不可能です。

つまり質問者さんのライフスタイルにあわせて選択すればいいかと
思います。あた、金額の妥当性については数万円で見積もりの
チェックから損傷の具合まで確認してくれる業者もありますので
利用してみてはいかがでしょうか?

10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。
コーキングの耐久年数は5年程ですのでいままで
一度もうちかえてないのであればそろそろでしょう。

>担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
>今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。

これは嘘ではありませんが、多少の誇張があるかもしれません。
たしかにコーキングや屋根のずれから雨水がはいればそうでしょうが
そこまでなるのにあと何年もつかは正直わからないはずです。

>私の実家もハ...続きを読む

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Q住宅のメンテナンス費用について

住宅にかかるメンテナンス費用について教えて下さい。

住み始めてから30年間でかかる(と思われる)メンテナンス費用について、
どんな場所(項目)にどれ位の費用がかかるのか?
下記HM別で分かると非常に助かります。

具体的なハウスメーカーとして
・セキスイハイム(鉄骨ユニット)
・一条工務店(2×6)
・ミサワホーム(木質パネル)

実際は10年毎に費用をかけてメンテナンスすることで、初めて次の10年が
保証されたりといった話も聞いたりしますが…

上記内容で専門家の方やお詳しい方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

メンテナンス費用はメーカーによって算定できるのでなく
敷地条件にあった工法なのか、そして材料と、設計に無理があるかないかで大きくちがうと思います。

どこも今は、10年保証が義務ですから10年で構造体に問題があったときは無償で直してもらえる権利があります。しかし、このくらいのハウスメーカーの建物なら10年なんて当たり前のようにほとんど問題は出ません。

しかし、その義務を超えた10年保証からの構造体保証はメンテしてもらわないとだめというのが普通です。この内容は、建物によって違うはずです。仕様がちがうからです。10年たったら見積もりをするはずです。
防水工事やサイディングの目地など7~10年で劣化してきますので水の侵入がひどくならないうちにやりかえが必要です。バルコニーが広ければ金額も高いですし、外壁面積が多ければ価格も高いです。
しかしタイルの外壁なら割れ、きれ、はがれの確認と部分補修なので安上がりになるともいえます。
結局はひどくならないうちに適切な工事費を払って次の10年を安心して住まう費用となります。

15年もすれば排水管メンテもしないと使用方法によっては詰まる事故も発生します。
そのあたりの点検や修理も必要になると二十万以下位の費用がかかるでしょう。
また15年くらいで設備の寿命がきます。モーターのある換気扇、給湯器などは交換の必要が出てきます。その機器交換の費用も必要です。
クロスも目地が切れてきますので交換時期になります。

保証といっても必ず範囲があります。
たいていは構造体を守るだけの保証であり、それ以外のメンテ工事は有償ですので自分でチェック管理できれば建物の劣化にあわせて工事をすればよいのです。
10年単位に建物が悪くなるわけではないのでメーカーのシステムは「やや商売としてのやり方」であり、途中の設備面手やリフォーム顧客の確保になる方法です。保証に関わらず家をよく見てあげないとその途中で何か起きることも充分に理解しておいた方がよいと思います。

メンテナンス費用はメーカーによって算定できるのでなく
敷地条件にあった工法なのか、そして材料と、設計に無理があるかないかで大きくちがうと思います。

どこも今は、10年保証が義務ですから10年で構造体に問題があったときは無償で直してもらえる権利があります。しかし、このくらいのハウスメーカーの建物なら10年なんて当たり前のようにほとんど問題は出ません。

しかし、その義務を超えた10年保証からの構造体保証はメンテしてもらわないとだめというのが普通です。この内容は、建物によって違う...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Qダイワハウスの相場は?

結婚4年目、
夫婦共働きで子×1
(行くx2は2人目も)
新築のためにダイワハウスの支店に話を聞きに行きました。
土地代抜きで、支店は、
「相場3千万円弱から」
と言いました。
身近な人達は、土地代抜きで
「2千万あればいい家が建てられる。」
と言っています。

ダイワハウスで、敷地70建坪40で土地代抜き2千万の家ってどんなでしょう。
私達夫婦は、外観が標準的で強度に問題が無ければ、内装に大してこだわりはなく、安く済ませたいと考えています。

ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答したことがありました。
近所に住んでいる若い大工が建てた家のことです。
住友林業以上の仕様で延床面積約40坪の家が1100万円で建てたと言っていました。ただし、これは特殊条件で設計は自分で、職人工賃はすべて友達工賃(彼らの手取り単価)でしてもらったそうです。材料費も仕入れ原価。自分の大工工賃の100から200を足しても1300。坪33。私もこの大工に見積りをさせるとさすがに33にはならないが、それでも40は切れる。
建物価格には地盤改良工事と下水・ガス工事は含まれていません。200程度でしょうか。それらを入れると1500が原価です。

身近な人が言っている2000は妥当な価格です。

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答...続きを読む

Q4人家族の家の大きさは何坪がいい?

新築予定です。

家族構成は子供2人の4人家族です。将来親と同居するという予定はありません。

土地と資金はあると過程した場合、
4人家族の家の大きさは何坪くらいがちょうどよいでしょうか?

勿論大きいほうがいいですが、あまり無駄な部屋などは作りたくありません。

Aベストアンサー

 部屋数と各希望広さを拾い出せばば自ずと決まるでしょうが…。
例えばちょっとゆとりの広さで行けば、子供部屋x2(16)、主寝室(12)、ウォークインクロゼット(6)、キッチン(6)、ダイニング(10)、リビング(25)、玄関(4)、風呂(3)、洗面(2)、トイレx2(2)は必要最低限(合計86畳+廊下階段4=90畳で約150m2)、+オプションはゲストルーム、和室、パントリー、セカンドリビング、シャワールーム、書斎、ホームシアタールーム等きりがありませんが余裕があるなら戸建てで200m2くらいがいいでしょう。
 北米では平均240m2です。日本は半分以下でやっぱりウサギ小屋ですが、そう言われないためにも広い家がいいですよ。240m2までなら(特例適用住宅)不動産取得税も固定資産税も安いです。
 資産価値のある家を作るためにもね。4LDKとかの発想から4ベッドルーム2バスというように欧米の感覚に時代は変わりつつあります。最近ではマンションも水回りが充実していますので、風呂場+シャワールームの2バスは最低必要でしょうね。

Q注文住宅の相場はいくらくらいですか?

大和ハウスさんのホームページのTOPに載っている様な家は大体いくらくらいですか?
注文住宅を建てようと思ったらいくらを目標に貯めますか?
年収は関係なく4人がゆったり暮らせる家の広さと大体の値段を教えて下さいっ!

Aベストアンサー

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。

僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。
(親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。)

大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。
家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。
しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。
僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。
今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。
今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。
収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け...続きを読む

Qセキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧

セキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧められました。
確かに、劣化している部分はあるのですが、十年で、外壁塗装をする必要があるのか疑問です。
話を聞いていると、10年毎に塗装をした方が、いいという話です。
60年だか耐えられる家という話だったのに・・・
そんなに、もろい物か疑問です。
確かに、早めに対応していけば、傷みも酷くならず、もちが違うという話もわかるのですが、急がせる部分があって、なんだか怪しい気もしています。
レンガを貼るということも勧められましたが、その必要性が本当にあるのか、営業の人に乗せられているのか心配です。
たった10年で塗り替えをしないと長く持たない家だったのかと思うととても損した気分です。
外壁と屋根の塗装は、どれくらいの頻度で行うのが良いでしょうか??
他の業者にやってもらうと、セキスイの素材に合わないので、はがれたり、傷めることがあるみたいなことも言っていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条件などにもよるのですが、10年とか15年目の手入れをせずに20年まで来てしまった場合、22年目で外壁や屋根がはがれおちるなんてことになりかねません。
メーカーはそうならないように、やや早めの手入れを勧めているわけです。

例として、10年、10年で塗装、30年目で外壁や屋根材の吹き替え、というのが標準的かと思います。
最初の塗装を15年目でも構いません。その場合、25年目で吹き替えの必要が出てくるかもしれないというイメージです。

15年塗装が絶対に要らないなんて材質は私は聞いたことがないです。

塗装のみを例として書きましたが、シーリング剤、防水加工など10年ぐらいで点検する必要があります。

さらに私が知っている事情としては、材質に当たり外れというのがあるので、6年目ぐらいから、材質の痛みやたわみの変化、シール部の痛みなどを目を光らせておき、早めにメーカーに相談(保証のうちなら好ましい)するのがよいと思います。

60年住めるようにするのは、最初に建てた業者だけでは無理で、ユーザーの手入れやチェックも必要ということです。

煉瓦は、それによりより強くなったり、飽きずに住めることの勧めでしょう。不要なら不要といえばよいです。

補修が必要かどうかは、ほかの業者に一度見て見積もりしてもらえば、妥当な処置かどうかわかります。

他の業者だと材質が合わないのではなく、立てたセキスイが理想と思う材料や工法で補修してもらえるか積水は不安ということでしょう。

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条...続きを読む


人気Q&Aランキング