日本企業に対する収益プレッシャーは従来より強くなっているが、
そのプレッシャーに応えるための個別企業の戦略的・組織的な対応策は
どのようなものか?
また、マクロにはどういう政策課題があり得るか?
収益プレッシャーの意味だけでもお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

収益=価格ーコスト ですから、収益プレッシャー(収益低下の圧力)は、価格低下かコストアップから来ます。



1)価格低下を避けるための基本戦略は、差別化戦略あるいは新価値創造戦略です。価格低下の主要因は、似たもの同士の熾烈な価格競争ですから、独自の価値を生み出すイノベーション戦略で、価格競争からまのがれます。

2)コストダウン戦略は、原材料、製造、流通のどこでコストダウンを計るかという風に分類されます。例えばユニクロは、中国へ生産を移したりして、一気通貫でコストダウンを計っていますし、問屋の排除(直送)や共同配送などは、流通のコストダウンです。

3)マクロの収益プレッシャーの排除は、やはり、規制緩和によってベンチャーが起こりやすくしたり、デフレ防止策を講じたり、ITの普及を促進したりすることでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成長戦略が、成長戦略が、成長戦略が、、、、、、、、

テレビや雑誌を見ていると多くの評論家などから 成長戦略が重要、成長戦略が大事、成長戦略がいまいちで株価が暴落した、成長戦略が期待できないことで海外投資家の失望を読んだ、 とか言われています。
(個人的には 評論家さんがいう、成長戦略が良いとか悪いとか それによって経済がよくなるとか、株価がもっと上がるようになるとか、なんか眉唾ものなんじゃないのとか思って聞いています。)

で、成長戦略が重要とのことですが、
今のアメリカの成長戦略はどのようなものなのでしょうか。
またEUの成長戦略はどのようなものなのでしょうか。

参考までに知りたいと思い質問書き込みさせていただきました。
ご存知のかた書き込みよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカの成長戦略は、製造業から金融、IT産業への転換です。20年以上前、自動車や家電産業が日本に壊滅させられたときに選びました。製造業の部分は中国への丸投げ、今ではパソコンもスマホも中国に作らせています。自力では何も作れません。一部軍需産業だけです。自動車だけは何とか踏ん張っていますが、競争力はほとんどありません。ITでは世界を席巻しました。マイクロソフトやアップル、グーグルが膨大な収益を国内に環流させています。今でもIT産業の中心はシリコンバレーです。金融業はリーマンショックまで世界を席巻し、アメリカの富と力の源泉になりました。今でもそうです。アメリカは依然として世界一の経済大国です。最近製造業復活と言って中国の下請け工場をアメリカ国内に戻し始めていますが、おそらく手遅れでしょう。中国には勝てないでしょう。20年後にはGDPで中国に追い抜かれているでしょう。
ヨーロッパには特段の成長戦略はありません。EUは稼ぎ頭のドイツに養ってもらっている状態で、何もしていません。過去の蓄積で飯を食っているだけで、この先どんどん衰退するでしょう。近いうちにEUは行き詰まり、分裂するでしょう。ギリシャ、スペインのような貧乏国と、ドイツのような金持ち国に別れるでしょう。いざこざが起きる可能性もあります。70年前のように大きな戦争にはならないでしょうが。

アメリカの成長戦略は、製造業から金融、IT産業への転換です。20年以上前、自動車や家電産業が日本に壊滅させられたときに選びました。製造業の部分は中国への丸投げ、今ではパソコンもスマホも中国に作らせています。自力では何も作れません。一部軍需産業だけです。自動車だけは何とか踏ん張っていますが、競争力はほとんどありません。ITでは世界を席巻しました。マイクロソフトやアップル、グーグルが膨大な収益を国内に環流させています。今でもIT産業の中心はシリコンバレーです。金融業はリーマン...続きを読む

Q従来の財政政策の効果!そして小泉さんの構造改革・・・

僕は経済という分野がまったくわかりません。
それなのに・・・テストがあるんです。
内容は、多分、
1、従来の財政政策は不況に対してなぜ行うのか?
そしてそれがなぜ効果を発揮しないのか?
2、この不況に対しての小泉さんの構造改革は正しいのかどうか?
3、そして今の平成不況をどのように対処したらよいのか?
この三つだと思われます。
どうか僕にもわかるように教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1.従来の財政政策はいわゆる公共工事によって金をあるところから徴収し、無い所に振り分けると言うわかりやすいやりかたです。ここでいう金が税金であり一般財源です。この手法はアメリカでニューディールというひとが考案したものでニューディール政策といいます。
 なぜ効果が無いかと言うと、今までは、橋を作ったり、道を作ったりした場合それに見合う経済効果(新幹線・高速道路ができて人・物の流通がスムースになりほしい物がすぐ手に入る等)が発生したのですが、既に日本には何処に行ってもある程度の道は在り、不必要な東京湾の橋や瀬戸内海に橋は三本も要らないのです。ちなみに私は四国出身です。簡単に言うと、あなたがケーキ好きでも、三個までなら美味しく食べられるけど、その次はコーヒーが飲みたいのです。もう一つ例えれば、テストの答案を鉛筆で書いたのと、鉛筆から進歩したシャーペンで書いたのと、点数は変わらないと言うことです。
2.悪い影響を受ける人には正しくないが、後世の歴史家は正しいと判断するでしょう。あなたは胃薬を大量に飲みながら腐ったリンゴを食べるのと、腐ったリンゴを捨てて空腹を我慢するのとどちらをえらびますか?
次の時代が来るだけです。胃薬(税金)はいつまでもある訳ではないのです。
3.不況は結局、お金を使えばいいのですから皆が散財すればとりあえず持ち直します。が、持ち直すころには次の産業が育ってなければ意味が無い。いつまでも道路に金を使っては投資対効果が見込めないからです。
今までは、企業の設備投資なんかに廻ってた金・人件費が、情報化社会・機械自動化の時代になって減ってきている。これからは情報を扱う産業を育成すべきです。

1.従来の財政政策はいわゆる公共工事によって金をあるところから徴収し、無い所に振り分けると言うわかりやすいやりかたです。ここでいう金が税金であり一般財源です。この手法はアメリカでニューディールというひとが考案したものでニューディール政策といいます。
 なぜ効果が無いかと言うと、今までは、橋を作ったり、道を作ったりした場合それに見合う経済効果(新幹線・高速道路ができて人・物の流通がスムースになりほしい物がすぐ手に入る等)が発生したのですが、既に日本には何処に行ってもある程度の道...続きを読む

Q私は今、従来における若者の企業に対する意識についてしらべているのですが

私は今、従来における若者の企業に対する意識についてしらべているのですが。
1993年~2003年まで就職率が低くリーマンショック以降就職率があがったといわれていますがなぜですか?普通は大不況に陥ったらリストラなどされて就職率がさがるのではないのですか?
後、今と昔とではちがう企業に対しての意識調査の資料があればおしえてください(サイト)

Aベストアンサー

今と昔っていつのこと?

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/nri0905re5.pdf
2005年までは 9%程度の失業率 = 91%程度の就業率
2005年から失業率が下がり出し、2009年にリーマンショック後失業率が上がる=就業率が下がる
となっているのですが。

Q【少子高齢化人口減少時代に収益立を上げる方法】 収益率が伸びている会社の特徴というタイトルの公演があ

【少子高齢化人口減少時代に収益立を上げる方法】

収益率が伸びている会社の特徴というタイトルの公演があった。

そこで驚いた発言があった。

「人口減少時代なので売上高が頭打ちになっている、または売上が落ちていっている会社は多い」

「これからの時代は個人相手の商売をやってる人はビジネスとして成り立たなくなるだろう」

「これからの時代は個人ではなく集団を相手にするビジネスでないと経営は成り立たなくなる」

と言われてハッとしました。

そうだ。絶対数が減っているので1人1人相手にしていては売上が下がって当然じゃないか!

ほとんどの売上を伸ばしている会社は個人を相手に商売をしていない。集団を相手にしてビジネスを拡大させている!

と思ったんですがどう思いますか?

ケータリングサービスとかまさにそれなんですよね。

自分から集団に出向くビジネス。

少子高齢化人口減少時代なので消費者がいないので自ら消費者側に出向くビジネス。

寿司屋もやってるし、美容師もマッサージ師もやってる。

介護は違う意味だろうけど同じような形態と言える。

Aベストアンサー

良い事言いますね〜集団商売!なるほど!納得

Q日本主要企業の経営戦略について

いつもお世話になります。
日本の主要企業の経営戦略についての資料を探しています。
できるだけ多くの企業についての資料を集めたいと思っています。
何か参考になる文献などご存知の方がいましたら
教えてください。

Aベストアンサー

ハッピーキャンパス内に
いくつかの大手企業の経営戦略についての資料があります。
もう検索済みでしたら、ごめんなさい。

参考URL:http://www.happycampus.co.jp/main.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報