2年半前に交通事故を起こし、脳挫傷と診断されました。
それ以来、デパケンを服用しています。
毎日きちんと服用し、発作も起こさず、
日常生活には何ら支障はありませんが、
前回(1年前)の脳波の検査では
今だ波形に乱れがあるとのことで、
服用の続行を言い渡されました。

治る(若しくは治らない)、
ということはあるのでしょうか?
現在はいつ発作が起こるか分からないので、
医師から車の運転も禁止されています。
妊娠中に服用したら「奇形児出産の恐れもある」
ということも医師から伺い、
とても不安に感じています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私は、1年半前に躁うつ病で倒れ、それ以来 デパケンR錠を朝食後、夕食後、寝る前の3回飲んでおります。

医師からは、特に車の運転は禁止されておりませんが、薬の注意書きを見ると「ねむけなどが起こることがありますので車の運転や機械を操作するときには注意してください」と記載されています。朝からこのお薬を飲んでいるので、躁うつ病になる前の自分の状態と比べると、半分脳が寝ている感じがし、また、とても疲れやすいです。さらに、肝機能の低下が始まり(これは行動できなくなったことによる肥満も影響があるようです。)不安です。私は現在38歳の男性ですが、まるで70歳ぐらいの老人の体になってしまった感じを受けます。検査でパブロブ酸値が正常値に入れば服用を徐々に減らされるのか、それとも、生涯飲み続けなければならないのか、わかりませんし、いつまで薬を飲み続けるのかは医師には聞かないことにしました。この状態を受け入れるというか、あきらめの心境ですね。
    • good
    • 0

脳波検査で異常があったとのことですが、けいれん発作はあったのでしょうか。


デパケンを飲む目的はけいれんを止める、起こさないことではありますが、脳波を直すことではありません。かつて、脳神経外科医の多くが手術後の発作予防と称してデパケンなどをずーと飲ませていたと思います。今でもそういうことがあります。根本的に飲む必要があるのか、神経内科あるいは癲癇の専門家に聞いてみることがよいのかもしれません。私は小児科医ですが、脳波異常があっても発作がなければ治療をしないことは多くありました。ただし、てんかんの専門ではありません。癲癇発作がある場合は3年間だったか、発作が落ち着いていれば運転はできるはずです。予防のみでは運転制限は不要です。
最後に、デパケンの量が一日400か600mgだったら、それ以下なら奇形児の心配はきわめて少なくなりますし、妊娠前から葉酸を飲むことで危険性を減らすこともできるので、担当医に聞いてみてください。そのあたりのことにある程度の答えが出せないときは、神経の専門家を紹介していただく価値はあります。ただし、神経内科などでも癲癇はどうも、という場合があります。そのときは癲癇の専門小児科でも相談されるといいかもしれません。

参考URL:http://www.yajimasyounika.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
医師に聞きづらかった事が明確になりました。
不安も多少和らぎました。
(今のところ、一度も発作はないのですが、
 薬を飲み続けたら一生車の運転はできない?と思っていたので・・・)
1分間の診療では質問しづらく、
段々不安が募っていく・・・といった悪循環に陥っていました。
今度はきちんと医師に聞いてみようと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2001/08/30 12:10

すみません、明細に関しては添付書よりの重要部分の抜粋なのですが、誤って、ちょっと切れてしまったところがあるので、補足します。



【禁忌(次の患者には投与しないこと)】
  1. 重篤な肝障害のある患者[肝障害が強くあらわれ致死的になるおそれがある。]
  2. 本剤投与中はカルバペネム系抗生物質(パニペネム・ベタミプロン、メロペネム、イミペネム・シラスタチン)を併用しないこと。

【相互作用】
(1)併用禁忌(併用しないこと)
薬剤名等 臨床症状 危険因子
カルバペネム系抗生物質
パニペネム・ベタミプロン(カルベニン)
メロペネム(メロペン)
イミペネム・シラスタチン(チエナム) てんかんの発作が再発することがある。 バルプロ酸の血中濃度が低下する。
(2)併用注意(併用に注意すること)
薬剤名等 臨床症状 危険因子
バルビツール酸剤
フェノバルビタール等 バルプロ酸の作用が減弱、バルビツール酸剤の作用が増強することがある。 バルプロ酸の血中濃度が低下する。また、バルビツール酸剤の血中濃度を上昇させる。
フェニトイン
カルバマゼピン バルプロ酸の作用が減弱、左記薬剤の作用が増強又は、減弱することがある。 バルプロ酸の血中濃度が低下する。また、左記薬剤の血中濃度を上昇又は、低下させる。
エトスクシミド 左記薬剤の作用が増強することがある。 左記薬剤の血中濃度を上昇させる。
サリチル酸系薬剤
アスピリン等 バルプロ酸の作用が増強されることがある。 遊離型バルプロ酸濃度が上昇する。また、バルプロ酸の代謝が阻害される。
ベンゾジアゼピン系薬剤
ジアゼパム等
ワルファリン 左記薬剤の作用が増強することがある。 遊離型の左記薬剤の血中濃度を上昇させる。
エリスロマイシン
シメチジン バルプロ酸の作用が増強されることがある。 左記薬剤が肝チトクロームP-450による薬物代謝を抑制し、バルプロ酸の血中濃度が上昇する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。
今度、病院へ行った際には
きちんと不安要因を明確にさせてこようと思います。

お礼日時:2001/08/30 11:47

明細にもあるように、妊娠初期に投与された患者で奇形が発生する可能性があります。


しかし、だからといって、この薬は患者の判断で勝手に止めてしまって良い薬ではありません。連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行わなければなりません。
したがって、医師の指示のもとに使用しなければ危険ですよ。
また、肝機能の血液検査は定期的に行ってください。肝機能検査をしないでこの薬を投与している医者なら、ヤブですので、担当医を変えてもらう事をお勧めします。
とにかく、信頼できるインフォームドコンセントのしっかりした医者にかかるべきです。
こんなボードで不安を訴えるような説明しかできない医者は、少し問題だと思います。
    • good
    • 0

【副作用】


 (1)主な副作用
高アンモニア血症35件(0.9%)、傾眠・眠気34件(0.9%)、悪心・嘔吐29件(0.7%)、Al-P上昇14件(0.4%)、白血球減少・好中球減少17件(0.4%)、血小板減少11件(0.3%)、好酸球増多11件(0.3%)、体重増加・肥満11件(0.3%)、失調10件(0.3%)等
(2)重大な副作用
  [1] 劇症肝炎等の重篤な肝障害、黄疸、脂肪肝等を起こすことがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  [2] 高アンモニア血症を伴う意識障害があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  [3] 溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、重篤な血小板減少、顆粒球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  [4] 急性膵炎があらわれることがあるので、激しい腹痛、発熱、嘔気、嘔吐等の症状があらわれたり、膵酵素値の上昇が認められた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  [5] 間質性腎炎、ファンコニー症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  [6] 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  [7] 脳の萎縮、痴呆様症状(健忘、見当識障害、言語障害、寡動、知能低下、感情鈍麻等)、パーキンソン様症状(静止時振戦、硬直、姿勢・歩行異常等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、これらの症状が発現した例では中止により、ほとんどが1~2ヵ月で回復している。
(3)その他の副作用
 下記のような副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量・休薬等の適切な処置を行うこと。
0.1~5%未満 0.1%未満 頻度不明
血液 貧血、白血球減少、好酸球増多 低フィブリノーゲン血症 血小板凝集能低下
精神神経系 傾眠、失調、めまい、頭痛 不眠、不穏、感覚変化、振戦 視覚異常
消化器 悪心・嘔吐、食欲不振、食欲亢進を伴う異常な体重増加 胃部不快感、腹痛、下痢 口内炎、便秘。肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇
皮膚 脱毛 過敏症 発疹
その他 倦怠感、高アンモニア血症 血尿、夜尿、鼻血、口渇、浮腫 月経異常(月経不順、無月経)

【文献請求先】
協和発酵工業株式会社 医薬製品情報部
〒100-8185東京都千代田区大手町1-6-1
TEL:03-3282-0069 FAX:03-3282-0102
    • good
    • 0

【その他の注意事項】


1.妊婦、産婦、授乳婦等への投与
  (1) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[二分脊椎児を出産した母親の中に、本剤の成分を妊娠初期に投与された例が対照群より多いとの疫学的調査報告があり、また、本剤の成分を投与された母親に、心室中隔欠損等の心奇形や多指症、口蓋裂等の外表奇形、その他の奇形の報告がある。また、特有の顔貌(前頭部突出、両眼離開、鼻根偏平、浅く長い人中溝、薄い口唇等)を有する児を出産したとする報告がみられる。]
  (2) 妊娠中にやむを得ず本剤を投与する場合には、可能な限り単剤投与することが望ましい。[他の抗てんかん剤(特にカルバマゼピン)と併用して投与された患者の中に、奇形を有する児を出産した例が本剤単独投与群と比較して多いとの疫学的調査報告がある。]
  (3) 妊娠中の投与により、新生児に肝障害、低フィブリノーゲン血症等があらわれることがある。
  (4) 動物実験(マウス)で、本剤が葉酸代謝を阻害し、新生児の先天性奇形に関与する可能性があるとの報告がある。
  (5) 授乳婦に投与する場合には授乳を避けさせること。[ヒト母乳中へ移行することがある。]
2.高齢者への投与
 本剤は、血漿アルブミンとの結合性が強いが、高齢者では血漿アルブミンが減少していることが多いため、遊離の薬物の血中濃度が高くなるおそれがあるので、用量に留意して慎重に投与すること。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、てんかん重積状態があらわれやすいので慎重に投与すること。
3.小児等への投与
 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    • good
    • 0

デパケンに関する明細



抗てんかん剤 指定医薬品 要指示医薬品 バルプロ酸ナトリウム

【効能・効果】
 各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療
【用法・用量】
 通常、1日量バルプロ酸ナトリウムとして400~1200mgを1日1~2回に分けて経口投与する。
【禁忌(次の患者には投与しないこと)】
  1. 重篤な肝障害のある患者[肝障害が強くあらわれ致死的になるおそれがある。]
  2. 本剤投与中はカルバペネム系抗生物質(パニペネム・ベタミプロン、メロペネム、イミペネム・
【重要な基本的注意】
  (1) 連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。なお、高齢者、虚弱者の場合は特に注意すること。
  (2) 重篤な肝障害(投与初期6ヵ月以内に多い。)があらわれることがあるので、投与初期6ヵ月間は定期的に肝機能検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること。その後も連用中は定期的に肝機能検査を行うことが望ましい。
また、肝障害とともに急激な意識障害があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。
  (3) 連用中は定期的に腎機能検査、血液検査を行うことが望ましい。
  (4) 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。
  (5) 本剤は製剤学的にバルプロ酸ナトリウムの溶出を制御して徐放化させたものであり、服用後一定時間消化管内に滞留する必要がある。従って重篤な下痢のある患者では血中濃度が十分に上昇しない可能性があるので注意すること。 シラスタチン)を併用しないこと
5.高齢者への投与
 本剤は、血漿アルブミンとの結合性が強いが、高齢者では血漿アルブミンが減少していることが多いため、遊離の薬物の血中濃度が高くなるおそれがあるので、用量に留意して慎重に投与すること。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、てんかん重積状態があらわれやすいので慎重に投与すること。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医薬品の添付文書について

医薬品の添付文書には医療用と一般用の2種類があるのでしょうか。
一般用は薬を買ったその人が読むためだと思うのですが、医療用の添付文書とは一体誰がどのような目的で使うのでしょうか。

Aベストアンサー

ドクターや薬剤師・医薬品卸の薬剤師が見ます。
メーカーは自社製品の添付文書集(本にしてある)を依頼があれば、診療所・病院・調剤薬局等へ届けます。
頻繁に改定版が出ます。

Q医師法違反で処分対象になった医師名

重大な医療ミスや不正請求などは、新聞等に載りますが、
それ以外の医師法違反で処分された医師名を知ることができますか?   すべての医師法違反者が官報に載るのであれば、官報の見方もお教え願います。 (管轄する医師会で公表することは無いと考えましたので)

Aベストアンサー

 #1です。

 行政処分ですので,官報には載らないですね。審議会の答申(処分)が出る毎に,実名で広報発表されますが,データベースのホームページは見つかりませんでした。

http://www.shikoku-np.co.jp/news/print.asp?id=20040204000308

参考URL:http://www.shikoku-np.co.jp/news/print.asp?id=20040204000308

Q医療用医薬品の添付文書を理解できますか

皆さんは医療用医薬品の添付文書を理解できますか?最近ではネットで誰でも閲覧できますね。ちなみに私は薬剤にもよりますが、「薬物動態」「薬効薬理」「有効成分に関する理化学的知見」あたりで理解困難になる事がほとんどです。

皆さんどうですか?それと医薬品、病気に関する質問にて明らかに全く知識がない方と思われる質問者にその難解な「添付文書」を参考URLとして紹介しますか?

「添付文書」には治験時の副作用の全て、類似薬での副作用報告が事細かに記載していますよね。如何でしょうか?ちなみに私は紹介した事があります。

Aベストアンサー

また、お邪魔いたします。

>さて、緊張するとはそんなに私が怖いのか(笑)
いえいえそうではなくて、薬のことに詳しい方に回答をするのは、(私は小心者のくせに ええかっこしー なものですので、)どこかでぼろを出してしまうのが心配ということで・・・・・でも、やっぱり少しは怖いかな?~ホントにちょっとだけですけど。(笑)

それから、「この手の質問」というのは、「一般の方の病気カテの」というつもりだったんですけど、でも、この書き方だと確かにそう解釈されますよね。文章能力に問題ありました。失礼しました。(^ ^;

さて、本題ですが、
私は、以前にちょっとだけ製薬関係の仕事に関わっていたことがありました(専門家なんて言われるようなものじゃありませんけど)ので、多少は理解しているつもりです。
と言っても、理解度はかなりいいかげん(ごく一部を除きほとんど表面的)なもので、薬効薬理なんかは全くお手上げですけどね。

大体、普通は理解できなくてもあたりまえだと思いますけど?

理由その1:内容の専門分野が多岐にわたる。
メーカーで添文の元データに関わっている専門家をあげると、薬理、毒性、薬動、製剤、分析、化学、臨床開発、薬事・・・・全部の専門知識を持てと言われてもねー。

理由その2(こっちの方が本題):ほとんど試験の結果ぐらいしか書いていない。
kaznhiさんが「行間を読む」っておっしゃっているのに通じることですけど、添文ってごく簡単な試験条件と結果しか載っていないですよね。
副作用頻度の数値はわかるけど、どんな調査をした結果なの?
催奇形性ってネズミにどのくらい与えた結果で、人間で臨床容量だとどうなの?
やはり、厚生労働省のレギュレーションとか、薬の開発で行われる一般的な試験のパターンとかを知らないと、内容を意味のあるデータとして解釈するのは難しいんじゃないでしょうか。
edogawaranpoさんがおっしるように、十分参考文献を読みこなす能力があっても、添文は「理解できない場合が多い」っていうのは、この理由ですよね。

ということで、必要なところだけわかれば、全部を理解する必要はないと思いますよ。
実際、薬剤部でたまに確認するぐらいで、Drはほとんど見ないような項目もありますし。

添付文書は、医薬品情報の「基本」かもしれませんけど、「絶対」ではないですよね。(メーカーの責任逃れみたいな記述もありますし。)
あくまでも参考であって、最終的な薬の使い方はDrの裁量で決まるわけですし、実際の臨床現場のことがわからなければ、本当に意味のある情報として活用するのは難しいんじゃないでしょうか?

以上、一般人の勝手な考察ですが、多少でも参考になれば・・・・・。

また、お邪魔いたします。

>さて、緊張するとはそんなに私が怖いのか(笑)
いえいえそうではなくて、薬のことに詳しい方に回答をするのは、(私は小心者のくせに ええかっこしー なものですので、)どこかでぼろを出してしまうのが心配ということで・・・・・でも、やっぱり少しは怖いかな?~ホントにちょっとだけですけど。(笑)

それから、「この手の質問」というのは、「一般の方の病気カテの」というつもりだったんですけど、でも、この書き方だと確かにそう解釈されますよね。文章能力に問題あり...続きを読む

Q自由標榜制でヤブ医者を避ける判断,医師の経歴を知る方法,認定医と専門医どちらが良いか,医師に紹介状を書かせる方法

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に行こうとする選択肢で間違いないですよね?

2.HPなど無い診療所は何と言う医者が診断しているかわからなくて怖いんですけどその診療所の医者の経歴は地域毎の医師会でわかるんでしょうか?このご時世HPも持たず情報公開していない医者は危険と判断すべきですか?

3.来診希望の診療所はアレルギー科・呼吸器科のみで院長一人,HP上で医学博士,日本アレルギー学会認定指導医(専門医),学会発表も複数,著書も数冊,小児科歴17年,内科歴13年,【日本呼吸器学会 認定医】とあるのですが専門医では無いのでこういった医師に診断してもらっても大丈夫でしょうか?

4."日本呼吸器学会"HPで自分の最寄の総合病院が認定施設で呼吸器科の専門医(指導医)が2人いるんですけど3.の認定医よりも専門医がベターなんでしょうか?3.の医師のキャリアと比較するとどうなんでしょう?

5.総合病院だと【特定療養費】\3,150-が別途かかります。もし3.の診療所医師にかかって4.の病院(専門医)への【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?診療所の医師判断で特段問題なくても診察者の要望で【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?また根拠法があれば教えてください。

症状は過去の質問時よりはマシになってきてますがまだ咳が出るのでどうぞ良きアドバイスをお願いします(_ _ 。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に...続きを読む

Aベストアンサー

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」「神経内科」その他ご専門をお持ちだと思います。それゆえそれらをまたがる感じで標榜している先生は、個人的にはちょっと不安だったりします(例外は、ご夫婦やご兄弟でひとつの診療所を開業なさってて、それぞれに専門が違うときですが)。
 一方、学位や論文、学会発表などは、臨床能力とどれだけ関連があるのか疑問です。優秀ゆえに(忙しくて)論文を書けなかったり学会で発表できなかったりする先生も多く居られますし、逆にピントがズレまくった発表をなさる先生も(勤務医、開業医問わず)まれにお見かけします。もちろん、臨床・研究両方こなすスーパードクター(笑)も居られますし、能力的にどちらも出来ない先生も居られるかもしれません。
 ホームページは、いわば宣伝ですので、それを鵜呑みにできるかどうか、難しいところです。また、業者丸投げでもなければ、開業医が診察をして、勉強をしつつホームページを維持するのは時間的、労力的に相当難しいかもしれません(勤務医の先生は、その点少しは楽かも知れませんが)。とりあえず、私の居る田舎では、同業者に評判の良い医師で自前のホームページを持っておられる先生はほとんど居りません。
 ご期待に沿えるような情報を提示できず、申し訳ございません。最後に私がが他の内科を受診するときはどうしているかと申しますと、信頼できる外科の知人に情報をもらうようにしております。それでも、最後は自己責任のギャンブルみたいなもの(腕は確かだが、性格が全く合わなかったりとか)ですが・・・(苦)。
 以上、先ずはご参考まで。

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内...続きを読む

Qアンドロイドアプリで添付文書情報

iPhone アプリでは「添付文書Lite」という、医療従事者向けの薬の添付文書を
検索出来るアプリがありますよね。
アンドロイドアプリでは無いのでしょうか?
薬を検索するアプリは2,3件見つけたのですが、専門的なものは無かったので…。

無いとしたら、今後作られる見込みはありますでしょうか?

Aベストアンサー

これは?
QLifeお薬検索
http://www.qlife.co.jp/news/1763.html

ただし、AndroidOS2.1以上なので、使用できない端末もあります。

Q医師不足に歯科医師の活用

新聞に歯科医師の活用をという記事が載ってました。
現在、歯科医師は過剰な状態である。
新ルールを定め、医療現場の即戦力として期待する意見でした。
医師不足の解決策のなるのでしょうか。
どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

過去にこんな質問しました
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3947518.html
また、最近エコノミストの森永さんがコラムを書いています
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/134/
これに対するお医者さんの反応をみていると
http://blog.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/mt/mt-comments.cgi?entry_id=177598
絶対不可能だと思えます。
(お医者さんは、よっぽど自分が偉いと思ってるんだろうね)

Q海外製画像診断装置の添付文書(英語)

海外製画像診断装置(MRIとか)の添付文書(英語)というのは
存在するのでしょうか?
あれば確認したいのですが、どこのサイトで見れるものでしょうか?

Aベストアンサー

回答No.1さんへの "補足" を拝見したのですが、
此のペ~ジとは違いますか ?

http://www.510kdecisions.com/product_codes/index.cfm?fuseaction=companies&product_code=MOS

外にも在るとは思いますが........
例えば、K103275 ↑URLの外、http://www.accessdata.fda.gov/cdrh_docs/pdf10/k103275.pdf

Q胆嚢摘出手術を言い渡されました。セカンドオピニオンは必要でしょうか?

精密検査の結果私の胆嚢に2センチ程の胆石が2個有る事、胆嚢壁の厚みが10倍ほどになっている事、そして私の胆嚢はもう機能していない事が確認できました。(画像と医師の説明によって)

先週から10日間の間に酷い痛みに襲われて3度救急医療を受けました。

病院の消化器外科の医師(執刀予定担当医)から胆嚢摘出手術を勧められています。

皆さんのご意見を頂きたいのですが、手術を受ける前に他の病院の医師の見解も聞いた方が良いでしょうか?(セカンドオピニオン)
もしかしたら摘出せずに何か他に方法が有るのでは・・とひそかな期待をしてしまいますが如何でしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

何度も申し訳ないです。補足です。
・・・と言うか、ご希望の回答ができてないと思いましたので。

私は専門的知識は無く、ただ胆石症と言う病気と手術を経験しての意見ですが
質問者さんが掛かられてるお医者さんが手術を進めてくださってるのは正しいと思います。

手術をお任せする病院はご自分で納得というか、ある程度、信頼できる病院とお医者様でされたらどうでしょうか。
質問者さんがおっしゃるとおり全身麻酔ですので
難しい手術ではないにしてもバカにはできません。

お大事にしてくださいね。

Q添付文書をひらけない

最近メールで添付文書開くことができなくなりました
教えてください

Aベストアンサー

  たとえば、OSがXPであってメーラーはIEで、「Sp2」を適用されていることはありませんか?

  ▽ Outlook Express の添付ファイル ブロック機能について
 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;883873

Q脳挫傷について!!

一年前に前頭葉、向かって右側を脳挫傷を起こしてしまいました。
約一ヶ月入院し、退院後一ヶ月は、転換発作を恐れがあると言われ通院
し、薬を飲みましたが、そのあと 通院していません
今の所異常なさそうですけど、医者に行ったほうがいいでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

脳挫傷後のてんかん発作は受傷後直ちにおこらなくても、1年後におこったり場合によっては10年後に初めておこったりすることもあるので長期にわたり服用する必要があります。脳神経外科か神経内科の専門医を受診することをおすすめします。睡眠不足、喫煙、体調不良のときに発作を起こすこともあります。駅のホームでもしけいれん起こしたら、どうしますか?今の抗けいれん薬は非常にいいものが多いので特に通常の精神機能に悪影響を与えるものはなく安心して服用できるものが多いです。
神経内科医より


人気Q&Aランキング

おすすめ情報