教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

バイクのタイヤでツーリングタイヤからハイグリップタイヤに変えるとグリップする!って感じるもんなんですか?初心者でツーリングタイヤしか使ったことないです

gooドクター

A 回答 (5件)

理論的には、ちょろっとそこらの交差点を曲がったり、真っ直ぐ走っていて車線変更するだけでも差がありますが(タイヤ理論でいうと、スリップアングルとコーナリングフォースの関係を示すβ‐K線図というグラフで説明出来ます)・・・それが判るかどうかは、運転手の感覚次第です。



 タイヤを含めた操縦性の評価は、一般的には経験によって分解能が小さくなる(=細かい変化がよく判る様になる)と言えます。

 がしかし。
 何台ものバイクを乗り継ぎ、総走行距離が10万kmを超えても『そこらを走る限り、タイヤの差はない』と断言するヒトがいる一方、超初心者でも的確に変化を指摘出来るヒトもいます。
 この辺りの話になると、『持って生まれたセンス』としか言いようがありません。

>ハイグリップタイヤに変えるとグリップする!って感じるもんなんですか?

 ウソでも冗談でもなく、それは『アナタ次第』です。

 それよりも。
 実は、フィーリングで差が判るかどうか以前に、ハイグリップタイヤはカーブでの限界が上がるだけでなく、制動性能も上がるという点がポイントです。

 一般路を走行している場合でも、制動性能の向上はサーキット走行と同様に非常に重要な要素で、1㎝制動距離が短いだけで、衝突して転倒するか、『危なかったなぁぁぁ』で済むかの差になります。またバイクの場合、カーブで制動しなければならない状況に出会った時、タイヤをロックさせて転倒するか、ギリギリ転倒を免れて減速したり回避したり出来るか、の差になります。(『ウデでカバー出来る』と豪語するヒトもいますが、そのウデでハイグリップタイヤを履いていたら、より安全マージンが高まるでしょう。)

 ハイグリップタイヤは高価で摩耗も早く、また燃費も悪化してコスト的に良いことは一つもありませんが、それら全てをひっくるめて、保険代だと思えば許容出来る価格差の範囲が広がります。安全マージンを少しでも大きくするなら、『財力が許す限り、ハイグリップタイヤを買え』というのが理想です。

 ところで。

>ツーリングタイヤしか使ったことないです

 どんなツーリングタイヤか判りませんが、一般的には、ツーリングタイヤではレイン性能も考慮されており、この点ではハイグリップタイヤよりも優れているものもあります。
 オールシーズン・オールウェザー(全天候)でバイクを使っているなら、ツーリングタイヤの方がよい面もあります。
    • good
    • 1

街乗りやツーリングでは、差はまず感じられません。


が、逆に冬の乗り始めだとノーマルタイヤより滑りますよ。
タイヤのゴム(コンパウンド)は、温度が下がると固くなりグリップしにくくなります。
ハイグリップタイヤは、ある程度タイヤ表面温度が上がらないと「ハイグリップ」になりません。
    • good
    • 0

経験上、センターラインなど、滑りやすいペイントの上に乗った時に、全然違うと、感じるはずです。

    • good
    • 0

間違いなくグリップするって感じがします。


ただ、ワインディングで、それなりにコーナリングをしないと
わからないかもしれません。
または、急ブレーキの時に、最後までタイヤがぐっと粘ってくれます。

ワインディングでは、
間違いなく、ステップが路面に接地するまで、
バンクしても、転倒しません。
なので、無茶しない程度に、コーナーでバンク角を試してみるとわかります。安定して粘ってくれるのが実感できます。
    • good
    • 0

山で走れば解ります!減りが早いのもわかるよ!

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング