システムメンテナンスのお知らせ

僻地の小さな小屋で、火の入った暖炉の前に座り、しんしんと思索したい、こう寒いとそんな夢も浮かんでくる。

そんなシチュエーションで、貴方が読みたい本はなんですか?

教えて下さい。

或いは、暖炉の火の様に、人に思索を促す言葉をご存知であれば、それを聴かせて下さい。

どうぞ宜しく。

質問者からの補足コメント

  • HD→HDDです^^;

    No.14の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/01/11 22:20
gooドクター

A 回答 (22件中1~10件)

20代のころ、”罪と罰”、”カラマーゾフの兄弟”は読了しましたが、若いころには理解できなかった、”白痴”と”悪霊”を読んでみたいと思います。



キリスト教と心理学の知識をほんの少し蓄えたので、今なら大丈夫かもしれません。キンドルなら、今日からでも読めますね。

元気の出るご質問、ありがとうございました。

聖書ですと、私は、”詩篇”が好きです。

余談ですが、米国在住で、こちらから”白痴”を検索しますと、画面いっぱい、中国の検索サイトが羅列して、トランプ大統領の画像がたくさん出てきます。悪意に満ち溢れています。グーグル・ジャパンからの検索なんですが、どうなっているんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

織り重ねられた言葉は独自に世界を構築しますね。
僕もそろそろ重厚な文学作品にチャレンジしてみようかな^_^

白痴というワードをGoogleで検索した所、日本では、ドストエフスキー、坂口安吾、あと映画の評などが上位にヒットします。トランプ大統領の画像は見当たりません。

お話を聞く限り、それはアメリカらしく無いですね。
大変なことになっている様です。コロナのこともありますし、今はそれどころでは無いはずなのに。
僕は最近、情報に頼ってものを判断する事が減りました。TwitterなどのSNSを利用する時間も減りました。SNSでは、絵を見たり音楽のリツイートで少し利用する位です。それこそ、人里を離れたところで火を熾して、思索に耽るように、静かに考えを深めたいです。

中国は情報統制が厳しいですから、オープンなアメリカとクローズの中国が対峙した場合、情報戦をすればアメリカに不利なのは明らかな事だと思います。
アメリカは別の戦い方をする必要があるでしょう。

左の人々は国境の無い世界を目指しているのだと思いますが、そこでの支配的な地位を占めるのが企業であるなら、その理想も取るに足らないものだとは思います。

お礼日時:2021/01/10 12:38

#21



キサラギさん、全く仰る通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回はここら辺で締めますね^_^
多くのご回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/01/15 11:59

#18



誰もが純情で純粋で無垢な心でいたいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

余計な分別を捨て、汚濁と清浄に心が縛られない。それを純粋と言う。

お礼日時:2021/01/14 14:33

ここのところの寒さで、我が家の薪ストーブはフル稼働中ですが、揺らぐ炎を見ていると、私は何にも考えずにぼ〜っとなります。

炎の揺らぎって不思議と魅入られてしまうんですよね。

薪を割ったり、ストーブに薪を足して火を調整したり、その際爆ぜた火の粉が飛んできて、ウールのカーペットや自分の服をちょっと焦がしたりという経験をしていると、いろんな事を考えます。

着ている服が焦げる時、化学繊維のものはあっという間に焦げてしまいます。ジュッと「溶ける」感じです。なので、例えばアクリルやポリエステルなどの化学繊維の服に火の粉が飛んできた場合、急いで振り払わないと「あちち…」となります。

反対に、綿やウールなどの天然繊維が焦げる場合、そうはならずに、もう少しソフトに焦げます。ウールは火に強いそうで、ストーブの前にはウールのカーペットを敷いています。時々そこに火の粉が飛んできますが、表面が軽く焦げるくらいで、すぐに振り払えば穴が開くということはありません。

それで、私は冬に化学繊維の服を着ないようになりました。火の粉ですぐに穴が空いてしまうからです。また、薪ストーブを扱う時は、エプロンを着用するようになりました。火の粉からガードするためです。

そういう工夫をしているうち、ふと、本の挿絵にあった西洋の婦人の格好を思い出しました。
長い前掛けをしている姿です。あれって、日常的な汚れ防止と、飛んでくる火の粉から服を守る目的もあったのかな〜等と考えました。

火に強いものを、という目的で物を選ぼうとすると、服にしろ何にしろ、化学的に合成したものがいかに多いかが分かるようになります。現代人って石油に頼っているんだな〜、これでいいんだろうか、これでいつまでいけるんだろうか、と。

折角日本には豊かな森林資源があるのに、それを生かす方向にはなっていかないのだろうか。そういえば最近、木材の伐採に関する法案が通ったな。 停電したとしても、これなら寒い冬でも暖を取れるのに。電力使用料のピークがニュースにならずに済むのに。火事を起こさないような万全の体勢を整えたら薪ストーブでもいいのではないかしら、エコなのに。わざわざ産油国を富ませるような選択をしなくてもいいのに。とか、ストーブの前でいろんな事を考えてしまいます。

読みたくなる本では無くて申し訳ないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薪ストーブ、風情がありますね^_^

僕もキャンプなど行くと、アウトドア系の衣類が火の粉で溶けないかいつも気を使ってます。ても、防火服には化学繊維が使われてるんじゃないかと思ったりもします。燃えやすい繊維と燃えにくい繊維があるんですね。

古くは、川や炎を眺めて思索した人は数多くいたと思います。

川もそうですが、自然のエレメントの持つ揺らぎが、心をなだめるような気がします。

お礼日時:2021/01/13 18:42

中国人の考え方や、韓国の情勢について、ご意見ありがとうございました。

深くうなづくところがあります。中国は、ルールより実利なんですね。

イギリスで会った韓国人グループから声をかけられて、”日本人なら豊臣秀吉の暴挙をまず詫びてからでなければ会話が成立しない”と言われて、”近寄るな”としか言えませんでした。

35年も前のことです。その後、2005年に日本に住んでいた時、ヨン様ブームで、”豊臣秀吉はどうなった?!”と疑問でしたが、最近のBTSブームとか、日本の片思いなんでしょうか。

中国人の方は、自分より目下だと思うと、親切ですが、対等あるいはそれ以上である場合、敵愾心が湧くように思います。皆さんベンツに乗って、ルイヴィトンのバッグを持っておられます。ひけらかすことが恥ずかしくないみたいです。(インド人は100%カムリかレキサスです。)

同じく肉食系のアメリカを飲み込むことができますか。ハリウッドやメディアは中国のお金で転びましたが、一般人は、相当白けています。映画・ドラマでも、昔はロシア人だった悪役が、アメリカ白人男性になっています。中国人は悪役にはできないハリウッドやメディア。。。

+++++
読書に関する質問は、こちらのウェブサイトが頼りになります。”白痴”については、オンライン感想会を開いていたようです。もしお暇なら。

https://www.goodreads.com/topic/show/747751-the- …

P/Vは、Richard PevearとLarissa Volokhonskyで、ドストエフスキーの作品はキンドルなら無料なのですが、この人たちの翻訳本は、16ドルもしました。格調高くてわかりやすいです。

日本で翻訳する場合、この人たちの英語訳を日本語に訳したほうが、ロシア語から直接訳すより、わかりやすくなるような、気がしないでもないです。

カラマーゾフで、”今のロシアにイエスが現れたら、宗教裁判で縛り首だ”という無神論者の意見があり、それを作品にしたのが、”白痴”で、主人公がイエスに当たるらしいです。登場人物がすべてばかばかしく俗っぽいので、そういえば、旧約聖書に似ている感じがあります。

途中まで読み進めて、もしかしたら、これは、”たった一日の出来事なのか?”と考え始めました。どうでしょう。

長くなりましたので、これで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

websiteご紹介ありがとうございます。
日本語訳でも、格調高いものと自然で馴染みやすいものとがあって、私は後者を選びました。と言うのも、主人公の柄からしてあまり格調高い言葉は使えないだろうと推察したからです。訳によって読み味はだいぶ変わると思いますが、とりあえず読んでみますね。今日、上巻が届きました。

>映画・ドラマでも、昔はロシア人だった悪役が、アメリカ白人男性になっています。

新たな悪のステレオタイプを捏造しようと言うところですね。そういうメディアの行為自体が僕はうんざりします。彼らは何のために生きているのかという自覚があるのだろうか?悪者を作って、誰が幸せになるわけでもないだろうに。

中国の成金については、ヴィトンやシャネルなどの大衆ブランドをひけらかす時点で大衆的だとおもいます。本当のハイブランドは中国の伝統文化にもあるに違いないのですが、現代中国人がそれを知って居るかどうかは分かりません。ただ彼らの文化的血脈が生きているならば、文化面でも今後の躍進はあると思われます。

韓国のアイドルグループは人気が高いようですね。男性も化粧が濃く、皆同じ顔をしているように見えますが、伝統的な芸能のスタイルを踏襲している感じはします。エンタメに徹しているようですね。僕はどちらかと言うと、作られた感じの少ない、アーティストの地が出ているような音楽を聴くのであまり興味はないのですが。今年中学生になる友人の息子がBTSに熱を上げているのを聴いて、初めてその存在を知った次第です。最近は日本も、韓国のアイドルグループの真似をしたグループがちょいちょい出て来ていて、芸能界では日韓、日中共に良い関係のようです。

先日は、日本のEEZ内で、日本の測量船に対し韓国の巡視船が、自国の領海であることを主張し測量の中止を要求してきたとニュースになっていました。それに対して日本政府は抗議するだけですので、まぁ、一連のやり取りは時間の無駄と言ったところでしょう。https://www.sankei.com/world/news/210111/wor2101 …
僕は最近、韓国に興味がありません。一部の親日派の言う事は聞きますが、反日系の諸々はもうどうでも良いという感じです。ややこしいことをして来たらビンタするだけです。

久しぶりにお話しできて楽しかったです^^

お礼日時:2021/01/13 15:02

#17



キサラギXさんの仰ることは、誠に人の心を打つ次第です。全く、そのとおりだ。

ですが、自分の人生を回帰するに、一国民としての素養というのは、簡潔なようで難しい。キサラギさんの短い文からキサラギの才能を感じ取れるのですが、詩才にキサラギさんは秀でていらっしゃるような思いがしました。

私のような人間は偏った人間で、他者の気持ちを汲み取ることに疎いのかもしれないです。ある意味、特殊な教育を受け、普通の人生ではない、そういった私のような傾いた人間は、矢張り、運命というのも過酷になりがちなのかな、と思ったりします。

人間、何も特殊な教育を受ければ良いというわけではない。平凡な教育を受け、平凡な社会人として、社会生活を送り、平凡な家庭を創る、そういった、大衆の気持ちが分からない人は結局、社会から爪弾きにされるのだな、と思います。一部のエリートが社会を創るのではない。大衆が社会を構成している中核なのです。
「炎の前で」の回答画像18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歪な人が自身の歪さを自覚して自分の本心を聴こうとし、真っ直ぐになろうとする、それこそが直き思い(=志)なのだと私は思います。
一方で、普段は素直でも、いざと言うときにひん曲がってしまい思いを果たせないのであれば、その人は直さを欠いていたのです。豆腐も鞘に収まっていれば真っすぐであるようなものです。

お礼日時:2021/01/13 14:34

#17



キサラギXさん、有難うございます。ですが、私の評価ですが、過大評価だと思われます。結局、私は組織人としての失格の烙印を押されて、嫁も子も持てず、大体、生活保護にならずに、余生を過ごせるかどうかも自信はないのです。にもかかわらず、大金(100万円位)を寄付・募金に投じたりしています。(^^;;;

どうかしているわけでして・・・・。

私は元々、禁欲的な人間の方で享楽的な生き方は好まないので、お金の掛かる人間ではありません。只、一つのことに集中すると、寝食を忘れるほど、熱中する癖があって、それで、ある程度、できるのかもしれません。まぁ、コンピュータも三十年やっていれば、一端のことは言えるものです。(^^;;;

私としては、haru 氏とは縁を取り戻したかったのですが、氏から絶縁状を叩きつけられてしまい、氏はかなり、私に対して立腹なさっているようだ。haru 氏という人はその辺は堅物に近く、論題からそれても、話題には相違ないとは取れない御仁です。知識というものは偏って知っていいものではなく、食料摂取と同じく、知識も又、偏った知識ばかりというのは偏食気味で宜しくないと、春氏に進言させていただいたのですが、春氏には通じることはなかったようです。無念ですが・・・・。

出来れば、私は春氏に知る喜びというものを味わって欲しかったのですが、理解が氏から得られませんでした。

氏は知的好奇心の楽しみという、欲望が少ないのでしょうか。まぁ、人それぞれに個性があるので、不明な点もあるわけですが。

ある意味では春氏に感心してしまう点もあって、私が知り得る範疇で、存在、性質、エネルギーの三点セットに二十年も変貌なく、同じことを繰り返し質問し、多分、春氏自身は殆ど得るものはないでしょうし、得てその先の発展性も見受けられない儘、二十年、同じことを繰り返して、焦りすら感じない氏の精神構造の方に余程、私は興味・感心があったりします。

春氏は知らないから分からないとするのではなくてですね。未知の世界なんて幾らでもあるし、知る事自体に金銭がそれほど発生する話題でもないわけです。何を意固地になられていらっしゃるのか、私の方が不明だが、氏を知り得て、二十年以上、只管哲学、哲学体系というより、自己哲学に拘泥して二十年、他の知識に触手が伸びそうにない、氏の頭脳構造は一体どうなっているのか、不明なのが私の方だったりします。


まぁ、私も変人の類だが、春氏も変人でしょうね。(苦笑)

こんなそんなで、二人の関係は大きな亀裂が生まれてしまった結末に至ってしまったのでした。

まぁ、労働に美を見出そうとしていた、私の世代より、若年の世代になると、労働に対して、もっと、刹那的というか、クールな気がします。

額に汗して働くことは美学である

という風潮があった、前世紀末と比較して、利鞘で金儲けしようと画策する御仁は恐らく、昔より今の方が多いんじゃないですかね。

そういう意味では労働に美学を見出しにくい時代でもあり、不幸な時代の幕開けなのかなぁ、とか思ったりしています。

労働に美を見出すのではなく、自分の余暇の時間をより強く楽しむ時代が今の非婚率の高さを巡ってもそういう時代に突入したのかなぁ、と人生の歩み方すら、多様化した現代日本では、誰からも強いられるような生き方を選ばない人が増えた一方、全うな生き方に迷う人々も増えたような気もします。

抑、人生を歩む上で全うな生き方とはなんぞや?

は多いに哲学としては興味・感心のあるところなんでしょうが。

長くなりました。ここで一旦、締めますね。
「炎の前で」の回答画像17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真っ当な生き方とは、真人間であることです。
それは哲学者であることでもないし、感情的であることでもないし、趣味に生きることでもないし、金儲けに走ることでもないし、自己卑下することでも傲慢になることでもなく、ただ人として当然の帰結を得られる生き方です。
普遍性に拘泥せず、特殊性に埋没せず、個性に執著せず、親を思い子を思い、友を思い、人を思い、世間がおかしくなっても自分はまともであるような、その道を胸に秘めている率直な人間を真人間と言うのだと思います。
まともな人の言葉には棘が無い。火も吐かない。特別優しいわけでも、義に厚いのでもない。彼の全てが目立たない。しかし人の世はその様な人のものであり、その様な人によって生じておるのです。
人生の終局において後悔が無く、特別な未来を願う事も無い。その様な人は人生を全うしたのです。

歪さは柔軟性によって修正できる。剛直さも柔和さによって解される。

お礼日時:2021/01/12 09:17

女神転生を巡っては、PC98版に儀典・女神転生というPC98版のゲームソフトウェアがあって、PC98の中でも最新機種である、PC9821Ra43を私は所持しているのですが、実際、PC98版の儀典・女神転生を私はRa43上でプレイした体験があります。

結論から申させていただくと、ボツですね。何故、ボツかと申しますと、新宿駅周辺の廃屋ビルに潜り込むと、アクマのポリゴンが描画ソフトについて行けず、ポリゴンが固まってしまうのです。事実上、Ra43以上に速い機種は、PC98には存在しないことから、PC98版の女神転生のソフトは実在しても、使い物にならないというのが、実情でした。おとなしく、Windows版の女神転生をプレイなされたほうがよろしいかと思われます。

又、私という存在を巡ってでのご見解ですが、私のように極めて個性的な人物というのは、ある意味では、大企業社員としてはクエスチョンマークはあります。よく、巷では個性化教育推進とかしている教育機関もあるのですが、大企業社員として、卒なく、生きてゆくためには余計な個性は大企業社員人生としては資質を疑われかねないのが現状だと思われます。大企業社員というのは、企業体質にもよりけりですし、属している大企業の組織次第はあるのですが、個性派は、大体、人間関係に難色を示す結末となり、大体、クビを斬られかねない、人生危機に遭遇しやすいです。企業は兵隊がほしいのであって、ある意味、余計な個性は要らないし、没個性の人間の方を重用しがちだと思われます。実際、私は超個性派の人間なので、組織に馴染めず、僅か配属が決定してから半年も立たずに上司と対立し、人間関係が駄目になって、私が重症の精神疾患を発症しています。

駄目なんですよ。個性派って。テレビは結構、はぐれデカ純情派とか売っていますが、組織からハグレてしまうのであれば、それ以上の付加価値の高い能力が無ければ、組織追放処分が関の山です。それが現実です。
「炎の前で」の回答画像16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

女神転生はお使いのマシンではアウトでしたか(^^;)

このお礼では、ちと、偏った物言いをしましょう。
大企業や軍隊はマスで行動するので没個性の人間が必要だと言うのもわかるんですが、結局はそれだけだと創造性を発揮しないので、長い目で見た時に、その様な企業は競争には負けてゆくと思います。それは企業の老化に過ぎない。人間は部品じゃない。パーツを差し替え組織と言う機械にあてがう様な人選自体がうまく行ってないのは、経済の現状を見れば分かります。

日本の、80年代の女性のリクルート姿と、00年代の女性のリクルート姿を比較した写真を見たことがありますが、80年代のファッションの方が明らかに自由でした。00年代のリクルート姿は画一的でファッションと呼べる様なものでは無く、量産型ロボットみたいでした。そして、時代が降るにつれ日本の経済成長速度は減じています。私には、これらの服装の変化と、経済低迷が無関係とは思えません。

個性派がダメだなんて言って自己卑下するのはよしてください。画一性を堅持しようとする社会が時代にそぐわないのです。それにそもそも論ですが、個性と言うのは確立するのが容易では無いのです。さまざまな葛藤を越えていかなければならない。自分とも闘わなければならない。ユニークと形無しは異なります。

マジカルさんは出来る人だ。自信を持たれた方が良い。haruさんではないが、自分では無く、世の中の方がつまらない(分かっていない)のだと言う気概で、生きて下さい。それに何より、自己卑下は楽しくない^_^
求めたものがありきたりでは無いのなら、それに賭けたのであるならば、その誇りは持っていて良いと思います。
 他者に従属してストレスに耐えながら生きて来た人も、自分はもっと出来たのでは無いか?と思いながら人生を去る。
 他者に従属せずに自己との格闘を選び、世間には見向きもされなかったとしても、個性を確立したと言う誇りは捨てる必要がない。自分はやれるだけのことはやったと思いながら、人生を去る。
 この両者にいくらの違いがあるだろう?一方には後悔があり、もう一方には、気高さが存しえる。
前者が無駄だと言うのではありません。後者が無駄を惜しまなかったのです。
私はそう思います。

お礼日時:2021/01/12 01:24

#14



パソコンは、未だ、パソコン通信時代から始めていまして、その頃は、RS-232Cにアナログモデムを繋いで、電話回線のプッシュ回線から、ピ・ポ・パの時代でした。

主に、通信記録から、ish を用いて、テキストファイルであるデータをバイナリファイル化していた時代です・・・・。

その頃、理科大の3年生だった、魔法使い(パソコンに卓越した超人)が居まして、手とり足取り、指南していただきました。主に、98ゲームソフトの解析をしている方で、腕前は殆ど、プロフェッショナルの方でした。結局、氏は理科大を中退し、鹿児島大学医学部に転入を果たしてしまうのですが、そういった、出会いも、PC-VAN(現:ビッグローブ)にあったりしたのです。

今では懐かしい思い出ですが、今どき、「ish」と言っても何のことだか分からないでしょうね。大体、パソコン通信のプロトコルがX-MODEM,Y-MODEMの時代背景でしたので・・・・・。Tcp/Ip はインターネットのプロトコルですが、パソコン通信時代には、そのようなプロトコルも皆無状態でしたので。
「炎の前で」の回答画像15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その頃かも知れません、"女神転生"と言う小説で、ゲームにもなったのですが、コンピュータープログラムで悪魔を召喚すると言う中々に現代的なモチーフを使った物語がありました。プログラムの分からない人間からすればそれは呪文の様に見えてしまうので、そこをファンタジーの題材にしたのがおもしろいと思います。

僕はインターネットをはじめたのが丁度20年ほど前で、その頃からこの教えてgooは存在しました。懐かしい限りです。真剣に楽しく話して来たつもりですが、今思えば空疎な事も多く述べて来たのかもしれません。

海外在住の日本人の方とコンタクトを取って現地の情報を得て、旅行に行ったりもしました。今で言うほどネット社会と実社会の融合も進んでおりませんでしたが、対話の相手はどこか身近にも感じられたものです。

今、ネット上の文言を見るに、どこか定型化したような、個性の無い発言をよく見かけます。ありきたりの人と言うものが形成されており、実体ある人と話している感じがしない。僕自身もそうなってやしないか気をつけなければならないのですが、幸い、今でも此処で僕と話してくださる方々の多くは、血の通った感じを示してくださっています。
マジカルさんも、そういう意味で実在を感じさせてくれる方であります。
クォーラなどは実名アカウントで初期利用者だったのですが、失礼な方もいて、ふと嫌気が差してやめました。発言履歴もGoogleに残りますし。実名だからと言って、良い対話ができるとは限らないものです。
結局は、どれだけ自分を深掘りして問い、そしてどれだけ他者(対話相手)を信頼したかということで、対話の価値も定まる様に思います。
その意味では、気まぐれでアカウント名を変えたり、パスワード忘れで変えたり、私もあまり良いとは言えない事をしてきたのかもしれません。
 
 現状、コロナでネットの重要度は増しますが、ネットに依存する社会の形態にもどこか違和感を感じてしまうこの頃です。やはり人間は、俯いて光る手鏡を食い入る様に見つめているのでは無く、広い空の下、大地を踏んで、少なくても良い、心に宿した言葉を大事にして、健気に生きてゆくのが正しいのではないかと思います。
情報が溢れる今だからこそ、それとは距離を適正に保つ必要があるでしょう。

お礼日時:2021/01/11 23:53

私の病態はほぼ、寛解に至りつつあります。

現代精神医学への深い憧憬とその精神医学の目覚ましい進歩に感謝の極みです。

取り敢えず、今使っているノートパソコンは、三島機械サービスで購入した、パソコンですが、俊逸です。ディストリビューションには、Debian 系の Ubuntu 20.04 TLS を使っており、昨晩、VMware Player を導入したばかりです。まずは、PC-DOS 2000 の導入から始めたいと思っています。Autoexec.bat と Config.sys を使い分けてマルチブートセレクターにIBM-DOS をそのようにしようかなぁ、と密かに構築をどうしたいのか、考えています。少し、欲を言えば、社会に戻りたいところですが、御年五十四歳と今年で成ることからその辺はかなり、絶望路線ですが・・・・・。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases …

http://pc-98.net/
「炎の前で」の回答画像14
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンお好きなんですね^^
社会復帰も、その路線で行くと行けるかもしれないのではと、素人ながらに思いました。パーツを組み合わせてPCを販売するお店もあります。僕も友人に勧められながらHDをやめてサムスンの何とかと言うSSDにし、メモリーも大容量に変えました。4K環境でペイントソフトを使っていたからなのですが、加えてBlenderを導入しました。水冷機構がどれだけ持つのか不安なのですが(多分あと2,3年)、PCに詳しいその友人は引っ越ししてしまい頼りに出来なくなったのが現状です^^;液漏れしないか心配です。

質問とこのかわいいイラストがどう関係するのかははかりかねますが、これもマジカルさんにとっては大事なものなのでしょう。
僕も少しお絵描きをするので、このイラストが上手だと言う事くらいは分かります。最近は流行に乗っかって鬼滅の刃の雷のキャラクターの絵を描きましたよ^^
CLAMPさんの漫画は、なんだっけ?魔女(占い師)の出てくる漫画、あぁ、HOLICを読んでいました。幻想的と言うか、霧で造形されたような物語が詩情を呼ぶので好きでしたね。女性らしい平面的な表現も、和柄のようで好みです。

 今質問で、白痴を読むと言う回答者様二名に触発され、口語訳が上手そうな訳者のものを買いました。先ずは上巻を読んで、おもしろかったら中・下に進みたいと思います。

お礼日時:2021/01/11 22:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング