【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

二重譲渡における損害賠償について

不動産の二重売買で、売主の履行不能(債務不履行)に基づく損害賠償債権を根拠に、別の買主に対して、留置権を主張することはできるのか、できないのか。

<裁判要旨>(結論)
不動産の二重売買で、第二の買主に所有権の移転登記がされた場合、第一の買主は、第二の買主の所有権に基づく不動産の明渡し請求に対して、売主の債務不履行に基づく損害賠償請求債権を根拠に、留置権を主張することはできない。


留置権は主張できませんが、第一買主は第二買主の代金(売り主に第二買主が払う代金)に物上代位はできますか?

A 回答 (1件)

物上代位の根拠となる担保権は何ですか?もし、留置権と言うことであれば、留置権に物上代位は認められていますか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング