【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

東条英機の代わりに石原莞爾が首相になっていたら、太平洋戦争はもう少し日本に有利に進みましたか?

A 回答 (1件)

仮定の話なので何とも言えませんが、逆に好き尿に応えられるとも言えます。

彼の著作や行動を考えると「もっと早く戦争に突入した」ことは間違いないでしょうが、彼の計画力や現実を甘く見る認識からすると、敗戦がより早まったという風に思います。天皇が「石原」側に利用されていれば、敗戦の責任を取らされて「死刑」になったと考えられますし、もし「天皇」側が石原を切り捨てて、制度の延命をはかれば、今以上にヨーロッパ型の王室になったと思います。ただ中国は「共産党支配」が成立せず、大きく4つ程度の国家に分断させていたと思います。また、朝鮮半島は当然一つの国であったと考えられます。そうした諸国との領土問題は存在せず、日本は「労働党」と「民主党」が2大政党となる共和国か王国になっていると考えられますが、最悪のシナリオは、アメリカの一つの州になっていることです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング