【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

素朴にわからないので、教えて下さい。
今の寒波による電力逼迫時に、何かの役に立っているのでしょうか?

このまま、太陽光や風力発電を作って、10年後には、どう変わるのでしょうか?
10年後は、電力逼迫時に、役に立っているのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    太陽光や風力発電の構成比率が100%になった場合、今のような真冬は、電気が使えないのでしょうか?
    日本では、夏と風に強い日だけ、電気が使えることになるのでしょうか?
    その他は、寒いけど我慢しなさない。環境にやさしい節電をすることが一番大事なのでしょうか?

      補足日時:2021/01/13 13:25
  • どう思う?

    太陽光や風力発電を普及させようとしている人は、石頭&鉄頭で、幾ら説明しても、理解できない人だと思います。
    今、電力逼迫時に、これらの設備が何の役にも立ってないことを言えば、少しは理解してくれるかもしれません。
    もうそれでもダメなら、もう何をやっても無理ですが、、汗、、

      補足日時:2021/01/13 14:03
  • どう思う?

    再生可能エネルギー、自然エネルギー普及って、エネルギーのことや日本のことを、真剣に考えてるのか?

    電力逼迫時に、役にたたない不安定な太陽光や風力発電をどんどん建てて、どうするのか? 腹が立ちます。

    https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/kouyaku/20 …

      補足日時:2021/01/13 14:16
  • ムッ

    再生可能エネルギー、自然エネルギー100%を目指すって、どんだけ電気代高いねん、どんだけ不安定やねんって、素人以下の政治家とか思えないです。純粋なアホしか思えないです。


    https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1081

      補足日時:2021/01/13 14:47
  • どう思う?

    不安定な電力しか供給できない太陽光や風力発電設備は、高性能な蓄電池が開発されるまで、凍結すべきではないでしょうか?
    こんな不安定なものを、どんどん建設して、何の役に立つのでしょうか?

    再エネ賦課金は、無駄金になるのではないのでしょうか?
    これは大問題だと思います。
    国民にちゃんと「凍結します」と説明すべきだと考えます。

      補足日時:2021/01/13 15:20
  • ムッ

    考えますと、太陽光や風力発電設備が大好きな環境重視の人はいるみたいです。
    今後、これらの人の寄付とかで、お好きなように、お好きな数だけ、どんどん建てたら良いと思います。

    でも、再エネ賦課金を一律に徴収するというは、おかしいです。
    私は、こんな不安定で値打のない代物に、一銭も出したくないです。

      補足日時:2021/01/13 15:40
  • どう思う?

    核融合は、理論は確立してます。でも制御する技術は確立されていません。もう50年以上研究されていてもダメです。
    同様に、高性能な蓄電池も、技術的に作ることは無理かもしてません。
    そうすると、太陽光や風力発電設備は、何の役にも立たない代物となるのです。
    なので、高性能な蓄電池を開発してから、再エネに取り組むという考えは、技術とはどんなものか?を少しでも知っている人からすれば、至極当然のことなのです。

      補足日時:2021/01/13 16:29

A 回答 (14件中1~10件)

悪天候や夜間は太陽光は特に働いてません


風力の場合そこそこの悪天候なら働いてくれますね

火力や水力であれば、随時の調整可能ですが
自然エネルギーではそうはいきません
なので、巨大な蓄電池などを開発して時間毎の需要変動を吸収するような仕組みを検討しています

ただしその場合でも数日~のスパンでは対応しきれませんね

本来は、ベース電力を原子力でまかない
時間変動や気候変動に伴う供給変動を火力・水力で賄うのがセオリーです

今はそれが出来てないので、やり繰りが窮屈になっています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>悪天候や夜間は太陽光は特に働いてません
>風力の場合そこそこの悪天候なら働いてくれますね

風力って、コストが合わなくて、どんどん倒産してますね。(風のエネルギーなんで、しれてますものね。倒産して当たりです。)

電力逼迫時に、何の役にも立たない「太陽光や風力発電」を沢山建設しても、負の遺産になるだけです。

太陽光や風力発電の普及って、「役に立たないモニュメント」を作っているだけです。

2012年から、もう10年もアホなことをやり続けています。

いつまで、アホなことを続けていくのでしょうか?いつになったら、気がつくのでしょうか?

お礼日時:2021/01/13 13:42

良質な蓄電池が製造されればあなたの心配はなくなります。


中国などは月で発電して
マイクロウェーブで発電所におくるそうです。
現実は想像をはるかに超えています。ww
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>現実は想像をはるかに超えています。ww

建設コストや送電のロスが大きく、コストが嵩んで実用化できるのか?疑問です。

月って、宇宙線が、バンバン飛んで来て、被爆するので、人が行って、建設作業をするのは、容易ではない気がします。

お礼日時:2021/01/13 17:33

さすがに飽きたので、これで終わりにします。


どうせ平行線でしょうし。

> 私は、高性能の蓄電池が完成してから、すなわち、蓄電池の技術が確立して、真面な太陽光や風力発電設備が技術的に確立した後、再エネに取り組んでほしいです。
> 中途半端な段階で、未完成の太陽光や風力発電設備ばっかり建てたら、ドブに銭を捨てているのと同じです。

別に、今の太陽光発電が風力発電が役に立ってないわけじゃないでしょ。
大半を再生エネで賄うなんてことをしなければ(他で不安定さを調整すれば)、ちゃんとそれなりに役に立ちますよ。
蓄電池の開発が終わってから再生エネの普及を始めたのでは、世界から何周遅れになるでしょうね?
その頃には世界中で特許を押さえられて、日本は金を払って使わせていただくしかなくなるし、海外への輸出も出来ないでしょう。
貴方が書いているように、新しい技術の開発は一朝一夕にはできません。
蓄電池の開発もしつつ、太陽光パネルの新技術の開発もしつつ、風力発電の研究も進めていかなきゃいけないんですよ。
で、「完璧なものが出来るまで実運用には載せない」なんてことは、新技術では絶対に無理です。
使ってみて、問題点を洗い出し、改良を行う。
それをやってない技術なんて、使い物になりません。

あと、貴方は再エネ賦課金のことばかり書いていますが、原発にかかる金を徴収されていることには腹を立てないんですか?表立って取られている金だけが、全てじゃないんですよ。
しかも、電力会社からだけじゃない。税金でも大量にとられてます。
今後の展開が見込める再生エネにかかる金に腹を立てて、廃炉だのごみ処理だのに膨大な金のかかる原発には腹を立てないなんて、私には理解不能ですね。
「原発にも腹は立ってますよ!」ということなら、要するに貴方は、「とにかく少しでも金をとられるのが嫌な人」であって、再生エネの不安定さがどうだこうだは、何なる言い訳なんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>蓄電池の開発が終わってから再生エネの普及を始めたのでは、世界から何周遅れになるでしょうね?

蓄電池が開発できたら、、の話ですね。
もし10年経っても、蓄電池が開発されてなかったら、現状の技術的に未完成の太陽光発電、風力発電は、今のままで、電力逼迫時に役に立たない「只の木偶の坊」になります。
その間、無駄に、継続的に再エネ賦課金を払わされることになります。
多分、現実的に、そうなる確率が高い気がします。(そんな簡単に、10年程度で、蓄電池が開発されるとは思いませんので、、)

>大半を再生エネで賄うなんてことをしなければ(他で不安定さを調整すれば)、ちゃんとそれなりに役に立ちますよ。

それなりに、、、ですか、、はっきり言って「邪魔なだけ」でしょ。
周波数とか、電圧とか、調整する必要があり、「なんで、こんな再エネを使わなくても、量的に間に合っているのに、こんなことをする必要があるのか?」って感じな気がします。
無茶苦茶、勉強できん奴のために、クラス全員が足を引っ張られている状況と同じです。
全く「百害あって一利なし」の状況でしょう。

>蓄電池の開発もしつつ、太陽光パネルの新技術の開発もしつつ、風力発電の研究も進めていかなきゃいけないんですよ。

蓄電池の開発は重要だと思います。
でも、太陽光パネルや風力発電の研究は、個人的に「いらん」と思います。
電磁気力のエネルギーは、eV単位のものです。1円が、3円や5円になっても、所詮、しれてます。
そんな研究より、MeV単位でエネルギーが得られる核エネルギーについて、クリーンな核分裂や核融合を研究する方が余程価値があると思います。


>廃炉だのごみ処理だのに膨大な金のかかる原発には腹を立てないなんて、私には理解不能ですね。

「原発のコストへの誤解」をされているかもしれませんね。

https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/toku …

お礼日時:2021/01/13 17:26

> 多分、まだ20年~50年以上、かかると推測します。



100%を目指すと言っている党も、「50年までに」と言っているようですよ?
しかも、「目指す」ですから、多少の遅れは考えのうちでしょう。
20年や30年で完成するなら、充分やる価値はあるでしょう。
原発に金を大量につぎ込んでますが、その金の一部でも再生エネの研究にまわせば、他国にも売りつけられるし、斜陽の原発よりもよほど良い産業になりうるんですけどね。
少なくとも、地震大国で核のゴミを安全安心に埋める技術よりは、実現可能性は高いですし。

> 取り合えず、今後の太陽光や風力発電設備は凍結して、高性能な蓄電池が完成してから、これらの設備の建設をすべきだと考えます。

そもそも、太陽光や風力発電設備なんて、言うほど増えてませんよ。
最初に書いた通り、現状はたかだか20%程度にしかならないものであって、今現在着手しているものを含めてもたいして増えません。(買取価格が下がっているので、「うまみ」が減っているから。)
政府の目標も、書いた通り、25%です。
「凍結だー!」と騒ぐほどの数でもないんですよ。

あと、何か勘違いしてますが、再生エネをやらざるを得ないのは、それしか道がないからです。
原発は、金がかかる(廃炉費用と地方への金の大量投下。原発が安いというのは幻想)わりに、やっかいなゴミを生産するばかりの代物。作らせてくれるところも見つからない。かといって、輸出も頭打ち。燃料のウランは輸入しないといけないから、世界情勢が不安定になればアウト。
火力はCO2削減の圧力が強いから増やせない。燃料も輸入がほとんど。
水力も、今どきはそうそうダムなんて作れない。
頼るのは、再生エネくらいしかないんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あと、何か勘違いしてますが、再生エネをやらざるを得ないのは、それしか道がないからです。

太陽光や風力発電設備は未完成の技術です。
この証拠は、今、寒波の電力逼迫時に、何の寄与もしてないからです。
真面な太陽光や風力発電設備と呼べるのは、高性能の蓄電池が完成したときです。そのときは、電力逼迫時に、役立つときでもあります。

私は、高性能の蓄電池が完成してから、すなわち、蓄電池の技術が確立して、真面な太陽光や風力発電設備が技術的に確立した後、再エネに取り組んでほしいです。

中途半端な段階で、未完成の太陽光や風力発電設備ばっかり建てたら、ドブに銭を捨てているのと同じです。

お礼日時:2021/01/13 16:17

おー、まだ伸びてるのですね。



そうですねーそうすると一番現実的なのは、過去の過ちはしっかりと反省し出来るだけ安全な原子炉を作るのが手っ取り早いのではないでしょうか。

しかしこれ以上地方の方々にご迷惑は掛けられないので、いっそのこと永田町に作るとか。もちろん東京電力本社も兼用とします。万が一のときはお偉い方は全て被爆して責任を取って貰いましょう。そうすれば少しは真剣になるのではないでしょうか。

質問者様も回答に対する批判だけでなく何かしら改善案も書いて貰えると良いかなと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が言いたいのは「太陽光や風力発電設備は未完成の技術だ」ということです。
高性能な蓄電池がないこれらの設備は、使い物にならないのです。

そんな中途半端なものを、これ以上、増やすなって言いたいのです。

お礼日時:2021/01/13 15:46

> でも自然エネルギー100%を目指す党もいますね。

、、、理解不能です。

だーかーら、それは蓄電技術なりなんなりも開発しつつ、と言う話でしょう。
開発出来なくても、経済を犠牲にしても、何がなんでも!って言ってるんですか?

・・・まあ、ごみの処分方法すらろくに考えず、「そのうち技術開発がされて、なんか、いい感じになんとかなるんじゃないかなー」っていう見通しで原発を作りまくった国なので、「政治家のことなんて信頼できない!」と言われれば、頷かざるをえませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>だーかーら、それは蓄電技術なりなんなりも開発しつつ、と言う話でしょう。

蓄電技術が完成してから、自然エネルギー100%を目指すというのなら、まだ理解出来ます。(でも今、自然エネルギー100%を目指すというのは、何を考えているのか?と思ってしまいます。)


今、安価で安全で高性能な蓄電池は完成していません。
そんな簡単に開発出来る代物ではないです。
多分、まだ20年~50年以上、かかると推測します。

仮にそうだとすると、建設済の太陽光や風力発電設備と、これから先、建設していくこれらの設備は、10年後も、現状と同じで、寒波による電力逼迫時に、何の役にも立たないものです。
取り合えず、今後の太陽光や風力発電設備は凍結して、高性能な蓄電池が完成してから、これらの設備の建設をすべきだと考えます。
如何でしょうか?

お礼日時:2021/01/13 15:07

No.6です。



> 電力供給に不安がない程度の蓄電がないにも関わらず、再エネ賦課金を徴収して、太陽光や風力発電の設備をガンガン建設してます。
> 10年後、電力供給に不安がない程度の蓄電が開発されてなかったら、沢山建てた太陽光や風力発電の設備は、何の役に立つのでしょうか?

日本の再生エネルギー比率は、水力を含めても、たかだか23%程度ですよ。
水力を省けば15,6というくらいです。
政府の目標は、2030年=約10年後に25%程度。
「太陽光や風力発電の構成比率が100%」なんて目指してません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「太陽光や風力発電の構成比率が100%」なんて目指してません。

すいません。そうですね。でも自然エネルギー100%を目指す党もいますね。、、、理解不能です。
まあ個人の意見とかなら在り得ますが、何人かで真剣に討論し協議して考えたら、そんな結論にはならん気がします。恐ろしいです。

https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1081

お礼日時:2021/01/13 14:38

>太陽光や風力発電の構成比率が100%になった場合、今のような真冬は、電気が使えないのでしょうか?



日本のように国土が狭い場合は全国が曇りの場合もありますし、そういう事もあり得るかも知れません。もしくは赤道直下の海に太陽電池をプカプカ浮かべて海底ケーブルで電気を引っ張ってくるとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>赤道直下の海に太陽電池をプカプカ浮かべて海底ケーブルで電気を引っ張ってくるとか。

コストが嵩んで、使い物にならないと思います。宇宙太陽光もダメですが、、




https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/toku …

お礼日時:2021/01/13 14:07

真夏の電力不足解消には、太陽光がベストでしょう。


なんでも、夏の甲子園大会決勝の約2時間、皆が冷房の効いた室内で野球観戦するため、このときだけ電力使用がピークとか。これさえなければ、原発1箇所不要になるぐらい。

冬に関しては、ウィンタースポーツに関心の高い西武の元オーナー、堤義明氏が、冷やすより暖めるようが簡単と発言しています。
一般家庭でも、灯油ストーブという強い味方があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>一般家庭でも、灯油ストーブという強い味方があります。

では、太陽光や風力発電の設備をガンガン建設して、夏はこれで発電して、それ以外は、灯油ストーブを使うのですか。

環境第一、節電第一で、原始時代に戻っていくような気がします。汗、、

お礼日時:2021/01/13 13:57

> 太陽光や風力発電の構成比率が100%になった場合、今のような真冬は、電気が使えないのでしょうか?



もしも太陽光発電や風力発電が100%になる日がくるとしたら、それは大容量かつ安価な革新的な蓄電池が開発された後の話です。
真冬でも真夏でも、電力供給に不安がない程度の蓄電が出来ることが大前提。
それもないのに100%になるなんて、ありえません。
ありえないことを考えても仕方がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>真冬でも真夏でも、電力供給に不安がない程度の蓄電が出来ることが大前提。
>それもないのに100%になるなんて、ありえません。

電力供給に不安がない程度の蓄電がないにも関わらず、再エネ賦課金を徴収して、太陽光や風力発電の設備をガンガン建設してます。
10年後、電力供給に不安がない程度の蓄電が開発されてなかったら、沢山建てた太陽光や風力発電の設備は、何の役に立つのでしょうか?

お礼日時:2021/01/13 13:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング