【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

天王星から天孫降臨されて天皇に成られたのですよね?

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    https://ameblo.jp/byakrey/entry-12018657199.html

    『シュメール文明』を築いたシュメール人は、現代のそれにも匹敵する天文学知識を有していたと言われているのだ。シュメール文明(以後シュメール)を研究している科学者『セガリア・シッチン博士』

     博士がシュメールの文明に興味を持ち、文字板を解読していた時だった。そこには古代太陽系にまつわる驚愕の記述を発見したのが始まりだった。例えば

    『天王星』だが、シュメール人はこの星を
    「水に満ちた青緑色の星」

    『海王星』を
    「湖沼に満ちた青緑色の星」
     と記している。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/01/14 11:12

A 回答 (9件)

天皇という呼称は、中国の天地人


という思想から誕生したものです。

古代中国で最高神、神格化された北極星(
天皇大帝)を指す語です。

天皇、地皇、人皇となるわけで、
こうした大げさな呼称にしたのは
中国に対抗するためでした。

中国には飲み込まれないぞ、という
自立自尊に基づく呼称です。

この呼称に対し、中国は、中国皇帝よりも
偉そうで、けしからん、ということになり
日本討伐の話さえ出たほどです。

忠烈王、なんて呼称を
平気でつける韓国とは偉い違いです。
    • good
    • 0

ギリシャ神話ではそうです

    • good
    • 0

天王星は無理。


天皇の公式名は「スメラ・ミコト」だそうです。(下記URL)
シュメールからスメラとなった可能性はあるかも知れませんが、天王星からは無理があると思います。
尚、日ユ同祖論と言うのがありまして「日本人こそは失われたイスラエル10支族だ」と信じているユダヤ人の方が結構いるみたいです。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb4 …

三種の神器のひとつである「八咫の鏡」の裏にヘブライ文字が彫ってあると言うのは本当だろうか?
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb0 …
    • good
    • 0

違うでしょうね。

シュメール人は天王星を知っていたかも知れないが、シュメール人が天王星と命名した訳ではありません。また天王星から天皇が来たといったこともいってません。
    • good
    • 0

>『天王星』だが、シュメール人はこの星を「水に満ちた青緑色の星」


>『海王星』を「湖沼に満ちた青緑色の星」 と記している。

そうですか。
で、それを現在の宇宙科学で検証できているのでしょうか?

シュメール人の記述はセム系伝説の起源になったものは多いですが、正しいと検証されていなければ「証拠」とはいえません。

記述がある、というだけなら旧約聖書の大洪水、ノアの方舟も「事実である」と認定しなければならなくなる。
そして、方舟はトルコのアララト山に到着した、というのも「事実」ということになります。

アララト山を聖地認定しなければならないのでは?
「伝説」と「事実」は混同しないようにしたいものです。
    • good
    • 0

違います。



天王星は空気がありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://ameblo.jp/byakrey/entry-12018657199.html

『シュメール文明』を築いたシュメール人は、現代のそれにも匹敵する天文学知識を有していたと言われているのだ。シュメール文明(以後シュメール)を研究している科学者『セガリア・シッチン博士』

 博士がシュメールの文明に興味を持ち、文字板を解読していた時だった。そこには古代太陽系にまつわる驚愕の記述を発見したのが始まりだった。例えば

『天王星』だが、シュメール人はこの星を
「水に満ちた青緑色の星」

『海王星』を
「湖沼に満ちた青緑色の星」
 と記している。

お礼日時:2021/01/14 11:13

ウラヌスは西洋の神だからちがうんじゃね?


字もちゃうでしょ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://ameblo.jp/byakrey/entry-12018657199.html

『シュメール文明』を築いたシュメール人は、現代のそれにも匹敵する天文学知識を有していたと言われているのだ。シュメール文明(以後シュメール)を研究している科学者『セガリア・シッチン博士』

 博士がシュメールの文明に興味を持ち、文字板を解読していた時だった。そこには古代太陽系にまつわる驚愕の記述を発見したのが始まりだった。例えば

『天王星』だが、シュメール人はこの星を
「水に満ちた青緑色の星」

『海王星』を
「湖沼に満ちた青緑色の星」
 と記している。

お礼日時:2021/01/14 11:13

字が違うから無理がある。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

https://ameblo.jp/byakrey/entry-12018657199.html

『シュメール文明』を築いたシュメール人は、現代のそれにも匹敵する天文学知識を有していたと言われているのだ。シュメール文明(以後シュメール)を研究している科学者『セガリア・シッチン博士』

 博士がシュメールの文明に興味を持ち、文字板を解読していた時だった。そこには古代太陽系にまつわる驚愕の記述を発見したのが始まりだった。例えば

『天王星』だが、シュメール人はこの星を
「水に満ちた青緑色の星」

『海王星』を
「湖沼に満ちた青緑色の星」
 と記している。

お礼日時:2021/01/14 11:25

確認は不可能ですね。

この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://ameblo.jp/byakrey/entry-12018657199.html

『シュメール文明』を築いたシュメール人は、現代のそれにも匹敵する天文学知識を有していたと言われているのだ。シュメール文明(以後シュメール)を研究している科学者『セガリア・シッチン博士』

 博士がシュメールの文明に興味を持ち、文字板を解読していた時だった。そこには古代太陽系にまつわる驚愕の記述を発見したのが始まりだった。例えば

『天王星』だが、シュメール人はこの星を
「水に満ちた青緑色の星」

『海王星』を
「湖沼に満ちた青緑色の星」
 と記している。

お礼日時:2021/01/14 11:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング