【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

どうして、

【天狗になってはいけない】

と言われるのでしょうか?

A 回答 (7件)

天狗になると余裕や甘えや油断が生まれて出来るはずの事で見落としやミスを犯して失敗する事があるからですよ。

    • good
    • 0

才能は神から与えられたものなので


自分がやったと思ってはいけないと
いう戒めなのです
    • good
    • 0

折れるからです。

    • good
    • 0

天狗になると、あなたを面白くないという人間がうようよ出てきますよ。

    • good
    • 0

一度や二度は天狗になる体験も必要かもしれません



それでそうなった時に気を付けることとか 自分がどうするかとか

体験しておく それで次は天狗にならないで タコのように舞い上がって

失敗しないように心を改める 天狗ではなく鷹になればいですよ

トンビが鷹を産んだように^^
    • good
    • 0

「天狗になってはいけない」というのは、「少々のことができてもそれを鼻にかけてはいけない。


という意味はご存知ですね。
「天狗になる」 =自信過剰になる
「鼻に掛ける」 =自慢する
「鼻高々」 =自慢しているようす
「天狗の鼻をへし折る」 =自慢していたことをつぶす。プライドを踏みにじる
などの言葉もあります。
「天狗になってはいけない」とは
「少々成功した、うまくいったといっても自慢してはならない、一層謙虚になって、より上を目指さなければならない」と教えた言葉です。

「天狗になって舞い上がるとすぐに叩き落される」
などと言います。
    • good
    • 1

思い上がっては行けないとの、戒めです。


良く、人より出来が良いと、「鼻が高い」と、言いますが、それに溺れて、得意に成ったり、自慢したりしては行けないとの、教訓です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング