新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

懐良親王と今川了俊ってどっちが勝ちましたか?

A 回答 (2件)

ウィキペディアには



貞治6年/正平22年(1367年)には幼い3代将軍足利義満を補佐した管領細川頼之が今川貞世(了俊)を九州探題に任命して派遣する。
その後懐良親王は今川貞世(了俊)に大宰府・博多を追われ、足利直冬も幕府に屈服したため九州は平定される。懐良親王は征西将軍の職を良成親王(後村上天皇皇子)に譲り筑後矢部で病気で薨去したと伝えられる。

とありますので、懐良親王(後醍醐天皇の皇子)よりも今川了俊(室町幕府)のほうが強かったということですね。
    • good
    • 1

懐良親王は今川了俊に大宰府・博多を追われ、征西将軍の職を良成親王に譲り筑後矢部で病気死亡したと伝えられている。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング