【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

強い日本人横綱の誕生を期待します

A 回答 (2件)

武双山に負けた時に大けがをしてしまったのだが、それまで武双山など問題にもしていなかったのに、たぶん負けていないと言うことから油断をしてしまったのだろう。


この大けががなければ、後数年は活躍できただろうし、優勝も5-6回は余裕でできただろう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

組み止めれば安心という取り口でしたからね。
ケガのシーンは覚えていませんが 油断の有無に関係なく、
(偶然・必然問わず) 起こり得るものだと思います。

もったいない横綱でした。 ありがとうございます。

お礼日時:2021/01/17 17:03

今の(外国人)横綱はいくらケガして休場だらけでもなかなか引退しないので


当時は日本人横綱に多くを要求しすぎていたのではないかと思ってしまう部分はありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どこで、どこを痛めたのか忘れましたが 
まだ30歳前後だったかな? まだこれからと
いう時だったのに残念です。 
それまでの成績・優勝回数が多すぎたのが、
復活の期待値(成績)を押し上げましたね。
ほかに、武蔵丸という横綱もいたんですが。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2021/01/17 16:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング