【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

新幹線のスピードアップのため、青函トンネルを行くEH800形電気機関車の引く貨物列車を廃止する見向きがあったがもはや世論的に却下された。

その賛成派は果たして、青函共用区間にこだわっているが、新幹線のスピードアップは他のどこかで試みたのか?

つまりは、東京ー札幌間約1200kmの中で陸地の他の場所を色々試算して、「残るは青函しかない!」という結果となって初めてこう言い出したのか?

実際、青函貨物列車を廃止すると何億もの赤字が出ると試算されているし、だいいち北海道ー本州間の物流は海上とトラックだけでは到底賄い切れない。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    また、EH800形電気機関車は北海道新幹線開業時に在来線をも新幹線(いずれも交流で50ヘルツ限定)をも走れるため、かなりお金を掛けて製造されたもの。

    ならば青函貨物列車を無くさない前提で導入されたとみるのが妥当でしょう?

      補足日時:2021/01/17 21:26

A 回答 (6件)

青函貨物列車を消滅させるなら国鉄やJR北海道が在来線車両を新幹線の規格に準じた車両に乗せる計画がありますが、それを実現できたとして、新幹線車両に組み込めたとしてもEH800をどうするのか……。

改造を施してEH500に編入するのか……。
そもそも北海道新幹線自体が必要なのかとは思いますが……。
どうしてもスピードアップというのなら上下線の間に壁を作れば可能かと思いますが、建築限界に触れる恐れがあります。
だとすればM250系の新幹線版を製造することが一番現実的ですが、JR貨物が貨物電車の製造に消極的だと記憶しているので……。
また、Wikipediaを見る限り鉄道連絡船とか青函トンネルをもう一個作るとかは非現実的です。
参考→ https://ja.m.wikipedia.org/wiki/トレイン・オン・トレイン
   https://ja.m.wikipedia.org/wiki/青函トンネル
    • good
    • 0

新幹線のスピードアップを試みるのはそれを運営するJR各社ですので、賛成派は何やらかんやらという問いかけはそもそも意味不明なのですが。



運営するJR東日本とJR北海道は、当然ながら青函トンネル以外の区間でもスピードアップを図っています。

東京〜大宮間は騒音対策として時速110キロに制限しているのを、対策工事を施して130キロにまで上げる予定です。
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201006_ho0 …

盛岡〜新青森間は国の整備新幹線計画によって建設された、計画策定当時のルールに従って時速260キロの規格で造られていますが、それを時速320キロに上げる改良工事を始めています。

建設中の新函館北斗〜札幌間も同様に、差額をJR北海道側が負担するかたちで時速320キロの規格で造りつつあります。
https://tabiris.com/archives/morioka-shinaomori3 …

また宇都宮〜盛岡間は現在時速320キロですが、360キロ走行を目指した試験車両を作って走行試験中です。

要するに東京〜札幌間の所要時間を少しでも減らすためできることは全部やっているわけで、その中に青函トンネルの高速化もあります。
https://toyokeizai.net/articles/-/388877



ところで、青函トンネルから貨物列車を追い出す話が出てくるのにはそれなりの理由があります。

JR貨物はJR各地域会社に線路使用料を払って貨物列車を走らせているのですが、それが非常に安いのです。「貨物列車が走らなかったらJR各地域会社が払わずに済んだ経費(アボイダブルコスト)」だけを負担すればよいしくみになっています。国鉄が民営化された際、当時経営の苦しかったJR貨物を助けるために決められたルールです。

たとえるなら、あなたが隣家の車を使いたいときに借りてよい契約する、貸主には走った分のガソリン代だけ払えばいい、みたいな感じです。

しかしながら、あなたの使用頻度がものすごく高くて貸主が自分の使いたい時間に使えず不便を蒙っていたとしたら、かつ貸主も生活楽じゃなければ、ちょっといい加減にしろよという話になるでしょう。

赤字に苦しむJR北海道にとって札幌延伸後の新幹線は経営安定の柱になるはずです。なのに大して儲からない貨物列車がトンネル塞いでるせいで利便性が損なわれ客足伸びない、というのではたまったもんじゃありません。

連絡船を復活させるとか第2青函トンネル掘るとかいった案が出ていますが、それらはもしかしたら本当に実現目指すというより、線路使用料を値上げするため、青函トンネルのコスト的価値はこんなに高いんだよと説得する材料として持ち出されているのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございます。

なるほどです。

しかし、新幹線オンリー貨物排除賛成派の「目」ってのはホントに「節穴」ですよね。

青函貨物は「裏防衛」の使命を帯びているのに。

慌てなくても貨物と両立できますからね。

お礼日時:2021/01/19 19:14

現状、青函トンネルは、1日あたり1300tの貨物列車が60本前後通過する大動脈。


新幹線は、その間合いを縫って160Km/hで走行。

青函トンネルを新幹線に明け渡せとの意見も仄聞しますが、現状を無視した非現実話。
東京⇔札幌5時間切なんて誰も望んでいません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どう思う?

回答ありがとうございますm(__)m

間違いなく非現実話です。

その非現実的な話を実現させようという勢力には何かしらの陰謀とか利権狙いなんでしょうかね!?

お礼日時:2021/01/18 11:50

鉄道貨物は衰退でなしに、年々需要が増していて、在来線の乗客収入の赤字を補っているようになっています。



人間様が第一などと考えると、北海道の新幹線など真っ赤の赤字で、廃業の憂き目に。東京ー札幌間で少しくらい時間短縮になって喜ぶ利用者などほぼ皆無です。利用者はより安い運賃が希望。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございますm(__)m

北海道新幹線も高過ぎるよね?
かつ、ラッピング仕様とか一工夫も無いのが悲しい。

お礼日時:2021/01/17 21:17

東北・北海道新幹線の高速化は既に検討されています。



JR東日本は、盛岡―新青森間を最高時速260Kmから320kmに、上野―大宮間を時速110kmから130kmに向上させると発表しています。

JR北海道も時速260kmで建設中の北海道新幹線を320kmに引き上げを要請したことを発表しました。
https://toyokeizai.net/articles/-/388877
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございます。

これなら貨物を排除しないでのスピードアップも不可能ではありませんね!

お礼日時:2021/01/17 21:05

ご存知と思いますがかなり以前からこんな案もあります。



https://www.hokkaido-np.co.jp/article/484109
https://tabiris.com/archives/daini-seikan/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございます。

第2青函トンネルはあんまり現実的ではないけど、一番目のリンクが期限切れで見れませ~ん(笑)

お礼日時:2021/01/17 20:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング