このカテゴリーでいいのか分かりませんが、日本で外科医になる際、どういう手順を踏むのか教えてください。

現在翻訳をしているのですが、その中で以下のような文章が出てきます。
「アメリカで(整形)外科医になるには医学部を出た後、さらに数年の訓練を重ね、その最後に知識と適正を示す難しい試験を突破した後、資格が与えられる」

日本ではどうなのでしょう?医学部を出た後さらに何年か修行(?)するのですか?

またアメリカではAmerican Board of Orthopedic Surgery(米国整形外科専門医協会?)というところが整形外科医の資格を与えるようですが、日本にも同じような組織があるのでしょうか?それとも一括して国が「医師免許」という形で資格を与えるのでしょうか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法律上は日本では医学部を卒業し、医師国家試験に受かりさえすれば、一応すべてのことができるということになっています。



しかしながら、実際にはそれぞれの診療科、外科ならば外科の学会があってそこに登録し、何年かの研鑽を積んだ後に試験を受けて専門医だとか、認定医という学会の与えた資格を手にするというのが一般的です。

しかし、この資格は法的に医療行為を制限するものではなく、「この医者は一人前ですよ」ということを示すものであったり、医師のレベルの維持・向上のためであったり、学界の権威を高め、その資金源となったりするものです。

医師免許取得後、2年という初期研修期間があるのですが、義務ではありません。

ただし、臨床に携わるほとんどすべての医師は学会に登録し、認定医、専門医(もしくはそうなれるようにしている)であり、初期研修も受けています。将来は初期研修を義務化して、受けない場合は保険診療ができないなどのペナルティーを課す方向に行っているようです。
    • good
    • 1

国家試験に合格すれば、医師の資格はあります。

ただ、大学医学部の派閥により、病院勤務、あるいは開業には、地域の医師会に所属しなくてはいけません。
医師会から排除されてしまうと、事実上その地域で商売(医療行為)できなくなります。

>医学部を出た後さらに何年か修行(?)するのですか?
 インターン制度は、最近廃止されたと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口腔外科と歯科、整形外科と外科

口腔外科と歯科、整形外科と外科はそれぞれどのように違いますか?お願いします。

Aベストアンサー

 口腔外科についてはお答えがありますので,外科について

 整形外科は運動器,主として骨,筋肉,腱などを扱う科です。一般的に外科というと現在では呼吸器,消化器などの腹部,乳腺などの病気を扱うことになります。

 昔は手術を行うのはみんな外科だったのですが,治療の専門化で脳外科,整形外科,泌尿器科などは分かれて一つの科となり,外科が扱わなくなりました。最近は外科の中でも臓器別の専門化が進んでいます。

 大学病院ではそのようにきれいに分けられますが,一般病院では人手の関係で境界があいまいなことがあります。たいてい整形外科の方が忙しいですから簡単な打ち身や手足のけがは外科が見ることが多いようです。

Q外科?整形外科?

すみません、ちょっと教えてください。

先日娘が顔面を強打し、あわてて小児科に行きました。
小児科の先生は一応診察をしてくれ、
「もし気になるようなら外科を受診してください」と言われました。

で、近所の病院を調べたところ整形外科なら近くにあるのですが、外科となると総合病院かちょっと離れたところになります。

そこで質問なのですが、こういう場合整形外科?外科?どちらを受診した方がいいですか?

整形外科と外科の違いって何ですか?
整形外科にはお世話になったことがなくて、どんな時に整形外科にいくのか分かりません。

整形外科に行った場合、「外科へ行ってください」なんて言われたりしますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
ご心配ですね。
大まかに言えば、骨、筋肉、靭帯、関節 を扱っているのが整形外科。
内臓や、血管、等の手術を担当するのが外科です。

お嬢さんはお顔を強打ということですので、顔面の骨折がないか
診て貰うなら整形外科、脳や神経の障害の有無を診て貰うのでしたら脳外科です。

小児科でお嬢さんの意識の程度は確認済みかと思いますので、
この場合は「外科」ではなく「整形外科」かと思われます。
もし顔面に大きな内出血があったり、裂けていたら、外科も適応かと
思いますが、。
でも、もし我が家の娘が顔を縫うことになったら 外科には連れて行きません。
形成外科もやっている皮膚科に連れて行きます。
綺麗に縫ってくれるのは 形成外科です。

整形外科に行っても、外科に行ってくださいとは言われない症例だと
思いますよ。
なんともなければいいですね。
「気になるようなら、、」程度の勧め方でしたら、行かなくてもいい程度だと判断されて良いと思います。

Q外科医から内科医へ(長文です)

ベット数が350床位の総合病院の外科の先生、年齢は見た目38~43歳位の方、普通に手術も担当されてたのですが、先日病院に行くと内科医になりました。と記載されていました。そんな事ってあるのでしょうか?医学部を出てお医者さんになられたので内科でも外科でも出来るとは思いますが、素人の私にしたら???と感じました。今は告訴されるとかで産婦人科・小児科・外科などを専門に選ばれる人が少なくなっているとテレビなどで時折、耳にしますが急に科を変更する方がリスクが高いような気がします?私には関係無い事なので『聞いてどうしたいのか?』と聞かれても困るのですが凄く気になります。本人しか本当の理由は分からないでしょうが医療に携わっている方、一般の方、周りに同じ様な理由で転科された方、考えられる理由を教えて下さい。よろしく御願いします。長文を読んで頂き有難うございました。

Aベストアンサー

こんにちは、内科医です。
よく外科の医者が、「外科は内科の知識も持っているから、内科もできる」と言うのを聞くことがあります。
しかしそれは内科医からしてみれば、あきれるのを通り越して、笑うしかないといった感じです。

私も内科医でありながら、交通事故やなんかで切り傷を負った人を縫ったり、簡単な手術くらいはすることがあります(救急当番だと、そういうのもやらざるを得ない)。
だからといって、内科医も外科ができるとは思いません。
やはり専門で毎日数多く経験している医者には到底かなわないからです。

外科の医者も、内科の勉強を毎日して、内科の患者を診察しているわけではありませんから、たとえ内科の知識が少しあったからといって、すぐに内科医になれるわけではありません。
野球のピッチャーが、キャッチャーもできると言ってみるのと同じで、やることは可能であっても、本職にはなりえません。


外科医が内科医に転職することは、まれではありません。
訴訟を避ける。働きがきつい割りに報われない。などの問題や、体調の関係でメスを握ることができない。目が衰えてきて自信がない。などの肉体的な問題もあります。
また、外科は医者1人ではできず、麻酔科医や他の外科医と一緒に手術をするわけで、他のスタッフがいなくなったことでしかたなく内科にならざるを得なくなることもあります。

外科医はすぐに内科医として力を発揮することはできませんが、あとはその医者のがんばり次第です。がんばって勉強し、真摯に内科医としてやっていけば、なんとかなるでしょう。
もともと内科医でも、内科をちゃんと診ることができない医者も、数多くいますからね。

こんにちは、内科医です。
よく外科の医者が、「外科は内科の知識も持っているから、内科もできる」と言うのを聞くことがあります。
しかしそれは内科医からしてみれば、あきれるのを通り越して、笑うしかないといった感じです。

私も内科医でありながら、交通事故やなんかで切り傷を負った人を縫ったり、簡単な手術くらいはすることがあります(救急当番だと、そういうのもやらざるを得ない)。
だからといって、内科医も外科ができるとは思いません。
やはり専門で毎日数多く経験している医者には到底かな...続きを読む

Q整形外科でてんかんの薬?

71歳の父の話なんですが。。。
去年の秋、すべり症で背中にプレートを入れる手術をしました。
その後、左ひざから下が、しびれる症状が出ました。
医者に相談しても、「大きな手術だったから」とか「運動すれば治る」「暖かくなったら治る」としか言われず、ずっと我慢をしていました。その後何度か病院に行ったのですが、毎回答えは一緒です。
全然良くならないので、今月初めに強く訴えたところ、薬が出されましたが、それが「トリプタノール」(夜1回)「リボトリール」「ガバペン」(1日2回)で、
処方箋には、夜尿症の薬とかてんかんの発作を抑える薬と書いてあり、
さらに、『「リボトリール」は絶対飲むな』と言われています。
飲まない薬をなぜ出すのか?間違って飲んでしまったらどうするんでしょうか?そもそも、出された薬は何に効くのでしょうか?父はまったく変わらないと言っています。
3年前に、脳梗塞を起こし、そっち方面の薬も飲んでいるので、かなり心配です。
地元では結構有名な整形外科の病院なので、間違いがないと信じたいのですが。。。とても不安です。

Aベストアンサー

薬剤師です。
抗てんかん薬を疼痛や痺れに応用することはありえます。
がん患者さんなどの疼痛補助に利用することもありますし、糖尿病による末梢神経障害からくる痺れや痛みなどにも、抗てんかん剤は利用されることが、最近はかなりあります。
もちろん他の原因での痛みにも使われることがありますので、特にすごく変わったことではないんです。

何でも使えばよいというものではもちろんありませんが、通常の鎮痛剤はお使いではなかったのでしょうか?
それらが無効であったので、鎮痛補助の目的で処方されているのではないかと思うのです。
それからトリプタノールが最強の抗うつ薬という趣旨のことを、No.4さんがお書きですが、鎮痛補助薬としては比較的ポピュラーなものですので、そんなに心配しなくてもいいと思いますよ。
少なくとも「嫌がらせ」ではないと思います。
それをもし嫌がらせとして医師が処方したとすれば、これは一種の犯罪ですよ。
「いたずら」とか「悪ふざけ」などという程度の話ではありません。

また
>『「リボトリール」は絶対飲むな』
との説明書きを受け取っておられるようですが、おそらくそれには何か限定条件があるのではないでしょうか?
たとえばある種の薬とは「絶対に一緒に飲まない」とか、特定の状態では飲んではいけないとかいった条件付けがあるのではないかと思います。
頭ごなしに薬剤師が「この薬は飲んじゃいけない」と言うことはないと思います。

「温かくなったら治る」というのも、手術などで動きが落ちてしまった部分は、固縮(要するに筋肉などが固くなって動かしにくくなり、痛みなどを伴う状態と思っていただければよいかと)を起こしているとすれば、温かいほうがそれらは和らぐでしょうから、その趣旨の発言と思います。
運動すれば~、というのもおそらくは同じような意味合いも含むものと思います。
言い方に多少の問題があったのかもしれませんが・・・。

疑問があれば処方医や、調剤を担当した薬剤師などに遠慮なく尋ねることをお勧めします。
その質問に誠実に回答してくださらないのであれば、病院を変えたほうがよいと思いますが、お書きになっている状況だけでは病院をあえて変える必然性は希薄だと思います

薬剤師です。
抗てんかん薬を疼痛や痺れに応用することはありえます。
がん患者さんなどの疼痛補助に利用することもありますし、糖尿病による末梢神経障害からくる痺れや痛みなどにも、抗てんかん剤は利用されることが、最近はかなりあります。
もちろん他の原因での痛みにも使われることがありますので、特にすごく変わったことではないんです。

何でも使えばよいというものではもちろんありませんが、通常の鎮痛剤はお使いではなかったのでしょうか?
それらが無効であったので、鎮痛補助の目的で処方さ...続きを読む

Q至急!!整形外科って

個人クリニックと、大きな市中病院などの中にある整形外科とでは治療できる範囲は違いますか??

Aベストアンサー

個人クリニックだと手術をするような治療までするところは少ないと思います。
手術となるとそれなりの設備、スタッフが必要なので、やっても部分麻酔で出来るような箇所の治療でしょう。
捻挫、関節炎、単純骨折、リハビリが主だと思います。

ただ、いきなり大きな病院行くよりも個人クリニック等で見てもらってそこでの治療が無理なら紹介状を書いてもらって大きい病院にいかれたほうが、予約や、初診料の点で有利になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報