【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

法学のマルバツ問題をしていて、文章につまずきわからなくなり、質問させてください。

日常生活自立支援事業は、情報提供、相談、助言を基本とし、本人の意思に基づいて行うこととしている。一方、成年後見制度では、本人の意思の尊重を図りつつも、実際にはそれが確認できないことを理由に本人のために代理、取消し、同意をする法律行為をなす機関が必要であるという要請を受けて改正された制度であることから、日常生活自立支援事業は意思決定支援に、成年後見制度は代行決定支援に、より比重を置いた役割と解することができる。

という文章があり、それに対し、

日常生活自立支援事業は、情報提供、相談、助言を基本とし、本人の意思に基づいて行うとしている点で、意思決定支援により比重を置いた役割を持つといえる。一方、成年後見制度では、本人の意思の尊重を図りつつも、実際にはそれが確認できないことを理由に本人のために代理、取消し、同意をする法律行為をなす機関が必要であるという要請を受けて改正された制度であり、代行決定支援に、より比重を置いていると解することができる。

という、マルバツ問題があるのですが、
文章がよく理解できなくて、答えはバツでしょうか?

A 回答 (1件)

〇でしょ


上の文、日常生活自立支援事業と、成年後見制度に分けると、

日常生活自立支援事業は、情報提供、相談、助言を基本とし、本人の意思に基づいて行うこととしている。日常生活自立支援事業は意思決定支援に、より比重を置いた役割と解することができる。

一方、成年後見制度では、本人の意思の尊重を図りつつも、実際にはそれが確認できないことを理由に本人のために代理、取消し、同意をする法律行為をなす機関が必要であるという要請を受けて改正された制度であることから、成年後見制度は代行決定支援に、より比重を置いた役割と解することができる。

となる。
これは、下の文と同一である。よって○
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング