教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

国民年金と厚生年金を受給しています。去年から会社の給与収入が増えて去年の途中から年金額が減りました。医療費控除を受けるためもあり、ネットから確定申告しようとしたところ逆にかなりの額の追納になるとの試算結果が出ました。公的年金の源泉徴収票では介護保険料はありますが、個人住民税も2回支払っていますが記載がありません。そこで質問です。確定申告では年の途中で収入が変わった場合に受給した年金そのものの再計算もされるのでしょうか?また源泉徴収票には記載がなくても支払った個人住民税も申告していいのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

所得税は、超過累進課税です。



課税対象所得額が、100万円の人、200万円の人、300万円の人それぞれに、課税対象金額に対する所得税の税率は、課税対象金額が高い人の方が税率も高いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

累進課税によるものということで理解できました。ありがとうございます。

お礼日時:2021/01/20 16:51

>確定申告では年の途中で収入が変わった場合…



確定申告とは、前年 1 年間の総収入から所得税を計算することであり、月ごとの数字は関係ありません。
例えば 1~11月がごく低所得だが 12月だけ多くな儲けがあったのと、1~12月ほぼ均等に設けてきたのとで、年間の総額が同じなら確定申告の結果は同じになるのです。

>受給した年金そのものの再計算もされるの…

医療費控除と年金の受給額との間に因果関係はありません。
年金受給額に関係するのは、あくまでも給与の総支払額 (源泉税や社保を引く前) です。

>源泉徴収票には記載がなくても支払った個人住民税も申告して…

住民税は所得税を払った後のお金から払うものであり、確定申告書の所得控除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
でも税額控除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
でもありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。よくわからないのは、国税庁の確定申告でシミュレーションしてみると、医療費控除が給与のみだと17万円の還付、給与と企業年金と公的年金だと25万円の追納、給与と企業年金だと3万円の還付、給与と公的年金だと17万円の追納となります。
公的年金は130万円ほどでこれを入れるのと入れないのでは20まんえんも違うことになります。130万円の所得税が20万円かかるというのが理解できないのです。

お礼日時:2021/01/20 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング