映画『ミスティック・リバー』を先日DVDで観ました。

賛否両論あるようなのですが、
私にとってあの作品は非常に複雑で
どう評価していいのか分かりません。

非常に巧みに練られたメタファーですよね?

あれはアメリカを正当している作品なのでしょうか?
または独善的な態度を批判している作品なのでしょうか?

私が見た限りでは批判しているように思えるのです。

アカデミー賞授賞式でオスカーを手にしたショーン・ペンが“間違いを正さなければならない”という発言をしていますので、あの作品は独善的な態度を取り続けるアメリカに警鐘を打ち鳴らしているのではないかとも取れるのです。

原作を読んでいないのですが、原作にもそのメタファーは組み込まれているのでしょうか?

そして、クリント・イーストウッド監督自身どういう意味でそのメタファーを組み入れたのでしょうか?

誰かお答えできる方おりましたら宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

非常に色々と解釈できる映画だと思います。


私には戦争反対のメタファーは感じられませんでした。逆にアメリカの暗部、問題点を深く考えさせられました。
幼児虐待、犯罪の被害者への救済(PTSDへの理解)、貧困、暴力、怒り、銃、復讐についてです。
(てんこ盛りですね)
特に今まで貧困や暴力は非白人社会の問題点として描かれる場合が多く、白人低所得者層を描いたものとして特筆すべき作品と思います。「8 Mile」を見た時と同じ衝撃を受けました。
それを象徴するのが、多分よい大学を出て仕事に就き、今は裕福な生活をしているケビン・ベーコン演じる刑事との対比だと思いました。

戦争と絡めて考えるのであれば、他国に介入する前に自国の問題点をもっと見つめる必要がある、ということだと感じました。
今のアメリカの政策が低所得者層や犯罪被害者に優しいとはとても思えません。この映画で描かれていることは、決して現実とかけ離れたものではないと思います。

とはいってもこれは見終わってから冷静に考えたことで、見ている最中はismaelさんと同様素晴らしい俳優たちの演技に釘付けでした。
    • good
    • 0

私もメタファー的なものは感じませんでした。

ただ、映画のテーマとして

・失敗をごまかそうとしたり、また、誤解を解こうとしないと大きな不幸が舞い込むことがある
・人生には取り返しのつかない失敗や、理由のない不幸がある

というふうなことは感じました。

そのなかで、この映画のテーマ自体が
1.アメリカがイラクを攻撃する根拠となった、「大量破壊兵器を示す情報」自体が間違いであった
2.それでもなおアメリカは戦争に首を突っ込んでいて、特定の国々の反感を招いている
3.「不確かな情報に基づき他国を攻撃した」過ちを*潔くは*認めていない

というアメリカの「不幸」のメタファーだと類推した人はいらっしゃるかもしれません。

ですが、基本的には人生の不条理性を描いたもので、アメリカの現状を嘆く映画とは私には特に感じられませんでした。映画の感想は人それぞれで、人は自分が「見たい」と思うものを探すものですから。
    • good
    • 0

未だに映画を「文学的」に解釈しようとする人が結構存在する事に驚きました。


あの映画を観ている間に「非常に巧みに練られたメタファー」「あれはアメリカを正当している作品なのでしょうか?」「または独善的な態度を批判している作品なのでしょうか」という疑問が浮かんで来たのですか?私は観ている間、イーストウッドの演出力、撮影のすばらしさ、役者の演技力などを楽しむのに忙しくこのような疑問の片鱗も浮かびませんでした。
何かメタファーが込められているとしたら、それはアメリカではなく「人生」に関係することではないでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/tido/20040110#p1

参考URL:http://homepage3.nifty.com/cinema1987/moviecriti …

この回答への補足

ご回答有難う御座います。

>あの映画を観ている間に疑問が浮かんで来たのですか?

そうです。もともと、深く読みすぎて的外れな事を言い出したりするのですf^^;
CMのアナリストを目指していましたので、どうも自分なりの強引な解釈をしがちですね。

>それはアメリカではなく「人生」に関係することではない>でしょうか。

そうですね。それは表層のメタファーで、深層に私の言うメタファーが込められていると感じたのです。

補足日時:2005/02/15 04:35
    • good
    • 0

そうそう。


そーいう意見あるんです。あれは米国の現状を描いた映画だと。

私としてはそこまで深読みはしていなくて、単に幼少の頃の経験は簡単に拭い切れんよな、と感じました。
    • good
    • 0

なるほど、そういう観かたもあったのですね。

逆に勉強になりました。自分はあの映画はif映画の傑作だとおもいながら観ていました。
と、するとショーン・ペンがアメリカですね。そういう観かたをすると、これでいいのか色が強い映画ですよね。
ショーン・ペンはアメリカのイラク攻撃にも反対していたようですしね。
でも、たしか舞台はイギリスだったような。
もし、監督がそのつもりでつくったのなら舞台をアメリカにおきかえてつくる様な気もするんですけど。う~んなんかこっちまで悩んでしまった回答にならずに申し訳ないです。

この回答への補足

回答(?)有難うございます(^o^)

>たしか舞台はイギリスだったような。

舞台はアメリカのボストンですね!

この映画は謎だらけです・・・。
深く読み過ぎかもしれませんが。

補足日時:2005/02/13 07:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリント・イーストウッド監督作品のベスト5は?

あなたの好きなイーストウッド監督作品の上位5本はなんですか?
一本一本点数なんかも付けてくれたら面白いので、点数付きのベスト5を教えてください。

Aベストアンサー

1位 ミリオンダラー・ベイビー (100点)
2位 ヒア アフター (95点)
3位 ペイルライダー (95点)
4位 許されざる者 (95点)
5位 グラントリノ (90点)

点数は甘めに見えるかもしれませんが、実はすべて100点でもいいぐらいです。イーストウッドはそれほどまでに傑作ぞろいです。しかも90点越えはまだある始末。しかし私は軽い信者なので、話半分、点数8割で聞いてくれたらちょうどいいです。

少し前までは『センチメンタル・アドベンチャー』と『ブロンコ・ビリー』が必ず上位5本に入っていたのですが、最近またちょくちょく近年のイーストウッドを見たりしていて、近年の凄さに圧倒されています。ここ最近のイーストウッドは「映画は目で見るもの」という姿勢が洗練されてきていて、演出がより凄いことになっています。長くなるので詳述は避けますが、おそらく見ているであろう『ミリオンダラー・ベイビー』をまた見る機会があるようでしたら、冒頭から暗闇にいるヒラリー・スワンクに感動してください。なぜ彼女は暗闇いるのか…。2度目に見たとき私はここでいきなり泣きました(笑)。

1位 ミリオンダラー・ベイビー (100点)
2位 ヒア アフター (95点)
3位 ペイルライダー (95点)
4位 許されざる者 (95点)
5位 グラントリノ (90点)

点数は甘めに見えるかもしれませんが、実はすべて100点でもいいぐらいです。イーストウッドはそれほどまでに傑作ぞろいです。しかも90点越えはまだある始末。しかし私は軽い信者なので、話半分、点数8割で聞いてくれたらちょうどいいです。

少し前までは『センチメンタル・アドベンチャー』と『ブロンコ・ビリー』が必ず...続きを読む

Q西部劇で一番のスターはクリント・イーストウッドか

アメリカの西部劇映画で一番のスター俳優は、クリント・イーストウッドだったのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカの西部劇という時点で

スターになるのは ジョン ウェインしかないでしょう
ヘンリー・フォンダやゲーリー・クーパーも印象深いですが
西部劇ならジョン・フォードにジョン・ウェインの組み合わせが真っ先に出ますから


イタリアの西部劇ならイーストウッドも有り得ますが
イタリアならジェンマにフランコさんも絡みますしね

Qクリント・イーストウッドの映画で・・・。

クリント・イーストウッドがブロンコ・ビリー(?)という役名で出ている
映画のタイトルわかる方いらっしゃいますか?
西部劇ものみたいなんですけど。
カウボーイの。
「人生は1度しかない」という台詞があるそうです。
知ってる方教えてください、お願いします!!

Aベストアンサー

Bronco Billy・・・ブロンコ・ビリーではないでしょうか。
私もこれを見たことがあります。

結構面白かったです。

では。

Q原作を超えるリメイク作品

ハリウッドがヒット映画のリメイクを作ることがありますよね?

原作とリメイクの両方を見た作品で今思いつくものは「es」「オープンユアアイズ」「ぼくのエリ」なんかがあるんですけど、リメイクの方はお金かけた割に元より面白くないと思いました。映像やセットだけ立派にするためにリメイクしたの?って印象です。
古い記憶は美化も入ってるし、新鮮な驚きがない分つまらなく感じてるってこともあるとは思いますが、逆の順番で見て同じ感想になるとも思えません。だいたい原作のほうが良作であることが多いと思います。

リメイク作品で原作より数段よくなったなんて作品はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

『宇宙戦争 (The World War』
『地球が静止する日 (The Day the Earth Stood Still)』

共にSFの古典的作品で(映画だけではなくノベライズとしても)映画のオリジナルの場合、『宇宙人が攻めてきた…どうしよう』的な造りですが、リメイクの方は人間ドラマ(主に家族愛)をうまく盛り込み、ストーリーとして良くできていると思います。

他にも、質問者の意に反するのですが、SF作品の場合はリメイクの方が良い作品は多数あると思います。

ただし、個人的には『タイム・マシン』はオリジナル(?)の方が良かったです。

Qスティーブン・キング「原作」の映画化作品について

彼の小説を読み、その映画化作品も観ている方にお尋ねします。

彼の小説作品のファンなんですが、彼の作品で映画化された物の内、「イメージが違う」、「見ないほうが良かった」等、期待外れだったと感じられた作品を教えて下さい。

多分に主観的な意見をお待ちしています。重複も構いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バトルランナー。
こりゃぜんぜん違う。
原作の方がはるかによい。

ペットセメタリー。
ラストが違ってがっかり・・・。
2がビデオで発売されましたが、
なんだかなぁという感じでしたね・・・。

有名どこではシャイニング。
まあ、キューブリックらしいですね。
キューブリック作品としては好きなのですが、
原作とはちょっとね・・・・。
あとから、キングが監修しなおしたシャイニング(ビデオが出てます)は
さすが監督自らということでイメージどおりです。

これまた有名どころですが、
グリーンマイル。
コーフィーの話が主体でしたが、
原作にあった老後の看守との淡いラブロマンスが
ごっそりぬけていてがっかり。
まあ、コーフィーの話の部分が映画的に作りやすいから仕方ないのかな?

キング原作は、書き込みがしっかりしているため
映像化しやすいと言われていますが、
なかなかこれといった映画はないですね。
日本未公開ですが、「トウモロコシ畑の子どもたち」の映画は
結構良い感じでしたよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報