【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

憲法についての質問です。
日本は司法消極主義をとっており、付随的審査制度や憲法判断回避の原則などにより最高裁の違憲判決が少ないと言われています。まずこの司法消極主義のメリット、デメリットを教えて頂きたいです。
また、日本の違憲審査制度を活性化させるにはどのようなことが必要でしょうか。

宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

この司法消極主義のメリット、デメリットを


教えて頂きたいです。
 ↑
1,選挙で選ばれた訳でもない裁判官
 が、国政に関与せず、民主制に資する
 というメリットがあります。

2,国民の人権が害されても、救済
 できない、というデメリットがあります。




日本の違憲審査制度を活性化させるには
どのようなことが必要でしょうか。
  ↑
・ドイツのように、司法裁判所とは
 別に、憲法裁判所を設ける。

・最高裁判事の任命権を国会にする。
 憲法改正が必要になります。

・最高裁判事の停年を若くする。
    • good
    • 0

NHKなどの報道機関(メディア)が機能してない今の日本においては国会や閣議をカット無しで公開放送(ネットメディアなど)して国民の監視が必要だと思います。

編集で事実を捻じ曲げた捏造報道しかテレビで映さないので仕方がないです。

最高裁判所の判事もですが人事権が内閣にあるのが問題だと思います。出世したい(判事になりたい)人間は行政の言いなりになってしまう構図なので。

アメリカも付随的審査制ですが、アメリカの場合は日本と違ってメディアがまだ誠実なので比較的まともな裁判が行われてますが、日本はメディアも内閣言いなりで。そもそも内閣や国会議員や官僚が多国籍企業や経団連の言いなり、利権主義の腐敗政権なんですが。メディアも腐敗っぷりが凄いので。そりゃあまともな裁判官が育つわけがなく、司法も腐敗するって話です。
この数十年で富裕層が増え、国民は貧困に苦しむ腐敗政権を誕生させ続けた元凶はメディアだと思います。

違憲審査制度を機能させる為には、フランスのような憲法評議会やドイツのような憲法裁判所を置くなどが解決方法になるかとは思いますが。日本の場合はそれ以前に世襲や利権、天下りを撤廃する事や、安倍晋三のような汚職政治家をきちんと逮捕するような警察・検察になるまでは国民が監視する他は無いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング