英語の授業で、「自由の女神」について学習します。「自由の女神」の歴史や由来、行ったことのある人の感想など教えてください。

A 回答 (2件)

こんばんわ。



自由の女神はアメリカの建国100周年のお祝いにフランス国民から送られた物だそうです。

詳しくは参考URLで見てください。

参考URL:http://www.usatourist.com/japanese/places/newyor …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

sevenさんありがとうございました。夏休みの宿題が全然できてなくて困ってたんです。だけど、これならできそうです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 10:26

僕は宇宙飛行士としてNASAで働いていました。


宇宙を漂流した末にたどり着いたその星はなんと驚くべきことに猿が支配する惑星でした。私は猿たちに捕まり、檻に入れられ、自由を奪われることになりました。
なんとか猿の隙をついて檻を脱出、人間に似たその星の女性と逃げに逃げたその地の果てに見たもの。
それは壊れ果てた自由の女神でした。


こんな感想でいい?


真面目に答えると
実際にアメリカで間近に見た自由の女神はでかすぎて実感がわきませんでした。ちょうど工事中で中に入れなかったし。
船から見た遠くからの自由の女神には感動しました。
「アメリカに来た」と言う実感で胸がいっぱいになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pepsiさんは、サルの惑星に行ったんですね!すごい(笑)  
 自由の女神ってゆうのはやっぱり壮大なんですね。私も行ってみたいな。
 面白い回答ありがとうございました。  

お礼日時:2001/08/22 10:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由の女神

 英語の授業で、「自由の女神」について学習します。「自由の女神」の歴史や由来、行ったことのある人の感想など教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

自由の女神はアメリカの建国100周年のお祝いにフランス国民から送られた物だそうです。

詳しくは参考URLで見てください。

参考URL:http://www.usatourist.com/japanese/places/newyork/liberty.html

Q板垣退助は「自由民権は大切である」という思想をもって自由民権運動を起こしたのですか?

板垣退助は自由民権運動で有名です。
自由民権運動といえば、日本史教育では「日本の民主主義発展のさきがけとなった」といった好意的評価をされてる印象があります。

しかし、板垣自身は明治維新直後は政府の要職についていて、下野したきっかけは征韓論政変です。
下野翌年に「民撰議院設立建白書」を出したことで有名な愛国公党のメンバーも、同じく征韓論政変で下野した人たち(後藤象二郎、江藤新平、副島種臣)が多いみたいです。
征韓論政変自体は、政策の衝突、もしくは派閥争いでしかなくて、自由民権というテーマとは関係がないですよね。

ということは、征韓論政変による下野直後にはじまった「自由民権運動」というのは、
板垣達にとって単なる政治的な地位を得るために政府を攻撃する手段でしかなかった、ということはないのでしょうか。

それとも板垣は元から「民衆に自由と参政権を保障するべきだ」という思想の持ち主で、
もし征韓論政変がなかったとしたら、明治政府の中枢という立場からそのような整備を進めていこうと考えていたのでしょうか。

権利を求める運動なのだから「政治的地位を得るための攻撃」で当たり前で、
そのことにより自由民権運動の評価が下がる、というものではないと思いますが
運動と板垣本人の思想との繋がりが気になったので質問しました。

板垣退助は自由民権運動で有名です。
自由民権運動といえば、日本史教育では「日本の民主主義発展のさきがけとなった」といった好意的評価をされてる印象があります。

しかし、板垣自身は明治維新直後は政府の要職についていて、下野したきっかけは征韓論政変です。
下野翌年に「民撰議院設立建白書」を出したことで有名な愛国公党のメンバーも、同じく征韓論政変で下野した人たち(後藤象二郎、江藤新平、副島種臣)が多いみたいです。
征韓論政変自体は、政策の衝突、もしくは派閥争いでしかなくて、自由...続きを読む

Aベストアンサー

板垣退助は自由民権運動の象徴みたいに思われていますが、
同じく指導的な立場の民権家で、
自由党の機関紙「自由新聞」で先鋭な理論を展開した馬場辰猪からは、
厳しく批判されています。
明治十四年十月に自由党が誕生。翌十五年、改進党の結成。
このころまでは自由民権運動は上げ潮でした。ところがです。
自由党の結成からわずか半年ほどのちに、
党首の板垣が「ヨーロッパに行く」と言い出した。
結成されたばかりで、党が政治問題に忙殺されているこの時期にです。
一年ちかい一般的な視察と観光に終始したその遊の費用はどこから?
政府からでした。
藩閥政府は自由民権運動に弾圧と懐柔をくりかえしたのですが、
板垣の外遊もそうした懐柔策の一環だったのです。
ヨーロッパ滞在中にすでに自由民権運動から隠退する意向の板垣は、
帰朝歓迎会の席上で、突然、
自由党は解散したほうがよいという趣旨の演説をしました。
結成から三年、自由党は解党しました。

萩原延壽「馬場辰猪」を参考にしました。

Q【米国アメリカ・自由の女神】の自由の女神は現地のアメリカ人は自由の女神とは言わずに世界を照らす女神と

【米国アメリカ・自由の女神】の自由の女神は現地のアメリカ人は自由の女神とは言わずに世界を照らす女神と言っているって本当ですか?

自由の女神と言っているのは日本人ぐらいで、世界的には世界を照らす女神と言っているというのは本当なのか教えてください。

Aベストアンサー

正式名称は世界を照らす自由 (Liberty Enlightening the World)

Q「大文字の歴史」と「小文字の歴史」

授業で「大文字の歴史」と「小文字の歴史」について学んだのですが、正直よくわからなかったので教えてください。できれば、根本的な「大文字の歴史」と「小文字の歴史」とは何かを知りたいです。難しい話は得意ではないので簡単にお願いします。

Aベストアンサー

「大文字の歴史」とは朝廷がどうした幕府がどうしたと言った「国」の歴史を中心として書こうとする歴史観のことです。
日本と言う大枠で語られる「大文字の歴史」は民族統一の象徴として働く面があり、実際にそう言う使われ方をしています。

「小文字の歴史」とは具体的な個々人の行動の軌跡(個人史)に注目し、権力や文化の主流に必ずしも属さない、しかし大多数である人たちの個人史も視野にいれて、歴史を捉え直そうとする歴史観です。
「小文字の歴史」では、「起こりつつある出来事に歴史上の人たちがどのように考え対応したのか」に注目しますので、本当に歴史に興味がある人や歴史に学びたい人はこちらでないと意味がないでしょう。

Q自由の女神の場所

自由の女神ゎ、正確にどこにぁるのか教えてくださぃ。

※○○市など

Aベストアンサー

アメリカ
ニューヨーク市
リバティ島

参考URL:http://www.ncwind.net/ryokouki/nyc/nyc_7.html

Q歴史認識の違う高校の歴史の授業・・・どうしたらいいでしょう?

高校生です。
私の学校では、歴史の副読本として、日中韓共同編集『未来をひらく歴史』という本を使っています。
その内容は、侵略戦争、日本軍慰安婦問題(河野元官房長官の談話をと国際人権機構の国家賠償責任の決議を記述)、靖国神社問題(日本軍国主義の支柱である靖国神社を参拝する必要があるのかと記述)、歴史教科書問題(日中韓の教科書の一部を抜粋し、日本の教科書が東アジアの友好にどうかと記述)等、私の短い人生の中で知った歴史認識とあまりにかけ離れたものもあり、驚くと同時に日本人としてここまで自国をおとしめなければならないのかと、悲しくなりました。
その気持ちに追い討ちをかけるように、このゴールデンウィークの宿題で「この本を積極的に活用し、皆さんが3国の未来を開く歴史を創造する先頭に立ってほしい。そのような立場から印象に残った内容を上げ、今までと違う認識をまとめよ。」という課題が出ました。
先生の意に沿うようなレポートが書けるか、全く自信がありません。
成績を気にせず、自分の考えを述べるべきでしょうか?
ちなみに、その先生は最初の授業で、「WBCで日本の優勝を韓国が快く思わないのは、戦後の賠償責任をちゃんと果たしてないからだ。」と仰って、スポーツの祭典と戦後賠償がどう関係するのかと私を驚かせました。
このままでは、歴史の授業すら受けたくなくなりそうです。
どのように自分の考えを持ち、この先生の歴史の授業にとう取り組むべきか、人生の先輩方、アドバイスをお願いします。

高校生です。
私の学校では、歴史の副読本として、日中韓共同編集『未来をひらく歴史』という本を使っています。
その内容は、侵略戦争、日本軍慰安婦問題(河野元官房長官の談話をと国際人権機構の国家賠償責任の決議を記述)、靖国神社問題(日本軍国主義の支柱である靖国神社を参拝する必要があるのかと記述)、歴史教科書問題(日中韓の教科書の一部を抜粋し、日本の教科書が東アジアの友好にどうかと記述)等、私の短い人生の中で知った歴史認識とあまりにかけ離れたものもあり、驚くと同時に日本人としてここ...続きを読む

Aベストアンサー

 日中韓共同編集『未来をひらく歴史』は「つくる会」とは逆方向に偏向した本で、副読本には向きません。そんな本を買って読まされるとは不幸な話ですね。
 という話を別にしても、一般論として、学校のみならず一般社会でも、(歴史観のみならず)自分の理論を絶対視して押し付ける理不尽な人というのはいます。議論が通じる相手なら、証拠を挙げて議論する、という余地はあります。が、反対意見を述べると自己を全否定をされたが如く激怒する人もいるので、話し合いが通じるという確信がもてない限り、とくに先生のようにある意味権力がある人相手の議論はリスクが高いといわざるを得ません。
 というわけで、大人の意見としては、GWの宿題は、今後の人生のために「相手の主義主張を否定しない程度に、あたりさわりない答えを書いてスルー」する練習をするのがお勧めです。裏で舌を出しながら先生にその場だけ迎合してもいいし、そういった腹芸が許せなければ、先生の想定しない論点で書くのも良いでしょう。例えば、(日清修好条規とか「対等な関係」に関する記述があるか不安があるが)日清戦争より前に3国で対等な協力関係を結べなかったのを教訓に今後どうすべきか、といった論点です。
 先生の今後の歴史の授業については、近代史以外は簡単に道を外さないでしょうから、そんなに問題ないと思います。ただ先生は中朝べったりな歴史観が古代中世にも及んでいる可能性があるので、朝鮮半島が出てきたら、そこだけマユにツバを塗りながら慎重に聞きましょう。傾向がわかっていれば対策は可能です。
 ここからは余談です。先生の今の歴史観があれだからといって、先生を「変な人」と全否定しないであげてください。人間何かしらの欠点があります。おかしなところがいくつかあっても、他に良い面がある人も多いです。歴史観も、そのうち変わるかもしれません。
 また、自分の歴史観に沿った本ばかり読むと、それはそれで偏りますから、「未来をひらく教科書」については、見地を広める観点で、あちら側の主張を聞いてみる気分で参考として淡々と読むことをお勧めします。こちらとは違った視点や、あちらの思考パタンを知ることができると思いますよ。

 日中韓共同編集『未来をひらく歴史』は「つくる会」とは逆方向に偏向した本で、副読本には向きません。そんな本を買って読まされるとは不幸な話ですね。
 という話を別にしても、一般論として、学校のみならず一般社会でも、(歴史観のみならず)自分の理論を絶対視して押し付ける理不尽な人というのはいます。議論が通じる相手なら、証拠を挙げて議論する、という余地はあります。が、反対意見を述べると自己を全否定をされたが如く激怒する人もいるので、話し合いが通じるという確信がもてない限り、とくに...続きを読む

Q自由の女神って世界遺産なの?

 自由の女神って世界遺産なんですか?。

Aベストアンサー

http://sekaiisan.ab-road.net/goddess-of-freedom/
http://www.shugakusha.co.jp/bijutsu/isan/
http://park1.wakwak.com/~japan/heritage/

 そうですね。自由の女神は「世界遺産」の一つ、「文化遺産」となっています。
 参考までに。

Q源氏は「白」、平家は「赤」の由来。

Netでは、次のような理由を見つけましたが、詳しい説明がないので、すっきりしません。
これらの理由は正しいのでしょうか。
1.源氏の「白」は、源氏が「新羅系」であり、その新羅は「白旗」の国であると
『書紀』に記述されている。
2.平家が「赤」旗を掲げたのは、「赤」が官軍を意味するから。

1 について言えば「新羅は白旗の国である」という意味が解りません。
当時すでに、「白旗」が「降参」を意味するということは、知られていたと思いますが…。
2 の「赤は官軍を意味する」ということであれば、当時、そのように認識されていたのでしょうか。
つまり、過去、何かの戦で、官軍側が赤旗を使ったという事実があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました。

おそらくは、この赤に対抗するための、源氏の白だったと思いますが、白にも、清廉潔白の意味があり、軍神である八幡菩薩の色という事だったので、赤に対抗する色としては、ベストな色だったと思います。

ちなみに、「白旗が降参を意味する」という観念は、その頃(源平の頃)の日本にはありません。

幕末にペリーが黒船でやって来た時(2回目の時)、もし交渉が決裂すれば、攻撃も辞さないという意味の手紙に白旗が添えてあり、「降伏するなら、この旗を掲げよ」みたいな説明があって、日本人は初めて、「白旗が降参を意味する」事を知りました。

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました...続きを読む

Q自由の女神が一方の手に持っているものは何ですか?

自由の女神が一方の手に持っているものは何ですか?グリーンカードですか?移民が真っ先に見るものは自由の女神といいますよね?

Aベストアンサー

ウィキペディアより
「右手では純金で形作られた炎を擁するたいまつを空高く掲げ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印されている銘板を持っている。」

だそうです。

Q「俺は」なぜ歴史を学ぶ必要があるの?

仮定の話ですが、ご相談いたします。
仮に、高校を卒業をした子が以下のような事を言った場合…、
あなたが「教師あるいは親の立場ならば」どう答えますか?
   ↓
  俺は高校を卒業しました。
  科目選択で他の科目を希望したんですが、希望者多数のためやむなく
  日本史になってしまいました。

  歴史なんて勉強しても社会人になれば役に立たないし、受験した大学は
  工学部だから、社会系の受験科目がありませんでした。
  結局、高校の時習った日本史の授業は消化試合みたいなもんでしたよ。

  「歴史学習の意義とは?」みたいな話は聞いた事あります。
  「過去の失敗から学ぶため」とか「祖国への愛国心を育てるため」とか
  言われてますが、でも、俺個人には別に関係ない気がします。
  俺みたいに、イヤイヤ歴史をやってた人も多いと思うし、そういう
  人達にとって、歴史教育なんて何の意味があるんだろう?って
  思います。

   ↓
さて、このような質問に対して、あなたはどう答えますか?

Aベストアンサー

  
 意義を感じる人もいれば、ない人もいるでしょう。
 それは学校や他人が決めることではなく、自分が決めることです。

 「俺」は、ちょっと学校というものに期待しすぎです。
 大学生ならば、自分のいた学校という環境を、客観的に考えるべき立場です。

 たとえば、学校という機関を、「人間の星の数ほどある能力のうち、数学や英語といういくつかの能力のみを選び、点数をつけ、労働力を生産するための機関」ととらえることもできます。
 仮に、「俺」の人生設計にスワヒリ語が必要だったとして、スワヒリ語ができたって普通の学校は1点もくれません。英語が0点なら落第生、欠陥品です。この場合は学校には行かないほうがいいのです。

 学校だって人間の作ったものなので、欠陥だらけです。
 学校が100%役立つことをしてくれるという前提が、大きな間違いです。
 自分にとって、使えるか、使えないか、道具として考えるべきです。
 「俺」の場合、他の教科を教えてくれたり、行き場所や友達を用意してくれたり、トータルで学校が自分の利益になると思い、その欠陥もふくめて学校を利用しました。それで充分です。

 「俺」の疑問なり不満なりの矛先は、そういう学校のもつ欠陥についての制度なり考えなりにむかって、前向きにゆくべきです。
 特定の教科の意義などは人次第だからです。

 押し付けられて学ばされるというのは、洗脳に近い極めて危険な行為です。
 人は、ゆがんだ気持ちで知識を押し込める/られると、その知識に支配されるようになるのです。その知識に自分の存在意義を見出してしまったり、それの多寡で人を量ってしまったり、批判精神をなくし妄信したり、さらに人に押し付けたり。
 また、他人に「これは必要な知識」と押しつけることは極めて傲慢です(親子などだと違うかもしれませんが)。
 仮に「俺」にとって高校で学ぶ歴史が必要、有意義だとしても、そう感じたときにはじめればいいことであり、すぐに学ぶ必要があるものではありません。

 なので、自分ならば、「学ぶ必要はなかった」といいます。

 以上、歴史オタクからでした。

  
 意義を感じる人もいれば、ない人もいるでしょう。
 それは学校や他人が決めることではなく、自分が決めることです。

 「俺」は、ちょっと学校というものに期待しすぎです。
 大学生ならば、自分のいた学校という環境を、客観的に考えるべき立場です。

 たとえば、学校という機関を、「人間の星の数ほどある能力のうち、数学や英語といういくつかの能力のみを選び、点数をつけ、労働力を生産するための機関」ととらえることもできます。
 仮に、「俺」の人生設計にスワヒリ語が必要だったと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報