よく双対空間という言葉を聞くのですが、いまいちどういったものなのかが
ピンときません。
どなたか簡単に教えて頂けますでしょうか。

ベクトル空間との違いなどもよければお願いします。

A 回答 (4件)

双対空間(dual space)のことですね。


あるベクトル空間Vから実数Rあるいは複素数Cへの
一次写像全体のことをVの双対空間と呼びます。

例えば、Vが n次元列ベクトルの集合のとき
Vの双対空間V*は n次元行ベクトルの集合になります。
 (a1,a2,…,an)・t(b1,b2,…,bn)  (tは転置)
を計算してみればわかりますね。

専門家の方のより厳密な説明を待ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
なんとなくですが、感じがつかめた気がします。
あとは自分で調べたりしてみます。

お礼日時:2001/08/22 14:21

回答は出ていますし、あとでお調べになるということなので、


追加説明を少し。

双対は「そうつい」と読みます。数学ではこの双対性をよく議論します。
ベクトル空間に対応する双対空間をはじめ、
射影幾何学における点と線の関係も双対です。

そして実は、写像の全射と単射は双対の関係、
集合論の積集合(∩)と和集合(∪)もそうです。
これらは一見、双対を意識させないので、初めて知った時は驚きでした。

u13さんがおっしゃるように、カテゴリーを数学にしておけば、
相対(そうたい)との勘違いもなかったでしょうに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに数学的ではあるのですが、電磁波の散乱界における
双対空間の議論だったので物理にしてみました。
すいません

お礼日時:2001/08/22 21:25

どうもすみません。

1番の回答のu13ですがどうも大ボケをかましていたようです。まったくもって質問を取り違えていました。
とっても恥ずかしい限りです。すっかり無視してください。

質問の「ベクトル空間との違い」はさっぱり意味がわからないなぁと思っていましたがわからないわけですね。
guitarさんにはしばしばお世話になっています。ありがとうございます。

ところで、ご質問の件は物理ではなく数学になるんじゃないでしょうか?…負け惜しみの捨て台詞にしか聞こえないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえとんでもございません。
答えて下さろうとしたことだけでもありがたいです。
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/08/22 14:24

ご質問は「絶対静止空間」に対する「相対性」についてでしょうか?


質問を取り違えていたらごめんなさい。

光は真空中でも直進し,その速度は秒速299,792,458mです。ところで、真空中をどうやって光は伝わるのかかんがえると、真空といえども空間に充満した「エーテル」なるものが存在し,エーテルは宇宙空間(絶対静止空間)に対して静止している。光はこのエーテルを伝って進むのだ。と考えることもできました。
このとき、地球は太陽の周りをまわり,太陽は銀河中心の周りを回転しているので地球は猛スピードでエーテルの中を走っていると考えられます。したがって,地球の進行方向に平行な向きと直角な向きでは光の速度を測ると差が出るはずだ。と思われました。が、マイケルソン=モーレイの実験に代表されるように実際に測ってみるとどの向きでも光速は同じでした。

そのような実験事実から,絶対静止空間の概念は捨てて物事をすべて相対的に考えよう。実験が示すように光の速度はどこで測っても同じなのだ。という考えからスタートしたのがアインシュタインの相対性理論です。ここでは物事は時間の流れも含めていつも相対的に議論されています。このようなものの考え方をする空間のことを「相対空間」と呼ぶのかもしれませんがこれは自信がありません。

「簡単に教える」のはここではちょっとできないのですが,(特殊)相対性理論は決して難しい理論ではありません。たぶん中学校卒業程度の数学力があれば理解できると思います。大学生用の教科書を一読されることをお奨めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q力学の問題です。わからないので答えていただければと思います。

力学の問題です。わからないので答えていただければと思います。


加藤くんは、
3000[m]地点についた後、地上に向かって飛び降りた。
加藤くんの質量は50.0[kg]、飛び降りた時の速度は0.0[m/s]、重力加速度は9.8[m/s^2] として考える。
ただし、人間は質点と考えて良い、空気抵抗は無視する

問題
1)運動方程式を書きなさい
2) 1)の運動方程式を解き、加藤くんの位置、速さの時間変化の式を示しなさい(グラフを書いていただけたらありがたいです)
3) 2)の式を利用し、10[s]後の加藤くんの速さを[km/h]で表しなさい。
また、その時の位置は地上から何[m]であるか。

1)はF=maでF=50×-9.8でF=-490Nと思ったんですけどもどうでしょうか
2)3)はわからないです

Aベストアンサー

教科書に式が載っています
落下速度の式
落下距離の式
教えるのは簡単だがそれじゃ勉強にならん
電卓の説明書にもあるので自分で調べてくれ

Q簡単な問題だと思うのですが(ベクトルの簡単な幾何解析)

考えているうちにこんがらがってきましたので質問させてください。

まずx(横)、y(奥行き)、z(縦)軸を用意してx方向に偏光したレーザー(光)を考えます。
そのレーザーをz軸に沿って打ち上げます。
z軸に沿って打ち上げている途中で反射鏡にぶつかってある方向に反射します。
反射鏡の初期の位置はx、z軸に平行でy軸に垂直な向きにあるとして、その位置での角度(水平方向、垂直方向)をそれぞれ0とします。

反射鏡の水平方向の角度(上から見て反時計回り)をθ_1、垂直方向の角度(正のx軸から反時計回り)をθ_2として、その反射鏡に入射した偏光レーザーは反射したとき偏光の角度はどうなっているのでしょうか?

すいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>反射鏡の水平方向の角度(上から見て反時計回り)をθ_1、
>垂直方向の角度(正のx軸から反時計回り)をθ_2として、
の部分ですが、これは反射鏡を上(z軸正から負の方向?)から見て
θ_1 反時計回りに回した後、少し斜めになった反射鏡を θ_2 回すということでしょうか?

もし、このまま計算するのがやりにくければ、
レーザーのほうを回転させて、電磁気の教科書に載っているような座標系に持っていった後、
反射したレーザーの偏光方向を求め、最後に元の座標系に戻すというやり方ではどうでしょうか?
(反射鏡を反時計回りにθ_1 回すのと、レーザーの偏光方向を時計回りにθ_1 回すのは同じですよね。)
ただ、私はまだ実際に計算してないのでそのままやったほうが早いかもしれません。

Q五次元空間、六次元空間、・・・十一次元空間 それぞれの軸は何なのでしょう?

三次元空間に時間軸が加わって四次元空間ていいますよね
どんな軸が加わって五次元空間と言われているのでしょう?
さらに六,七、八、・・・ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どんな軸が加わって五次元空間と言われているのでしょう?

 5次元以上は具体的には観測されていません。


 この話、最低限高校でやるベクトルが分かっていると
話が早いのですが・・・

 分かっていると期待して書きますね。

 次元とは縦、横、高さといった方向で、数学では
X、Y、Zのような互いに直角に交わったベクトル
(方向)で表せますね。
 互いに直角に交わった直線を3本書く、或いは針金で
作って見せるの容易ですが、4本は無理ですね。

 でも4本の直線が互いに直角に交わっていることを
式で表すのは(絵に描くより)簡単です。
1)4本の直線のベクトルの内積は0(ゼロ)。
2)4本の直線のベクトルは1次線形独立
(ちょっとアバウトですが)

 つまり数式の上ではいくらでも大きな空間の次元(方向の数)
を定義できるのです。

 こんな調子で、アインシュタインの相対性理論(4次元の
空間の理論)が発表された後、計算のとき空間の次元を
いろいろ変えて考える試みが始まりました。

 カルツァークラインの5次元理論(電磁気学のマックスウェル
方程式を空間が5次元と仮定して式を作り直す)が発表されて
物理学の理論式は、空間の次元が多い(5次元以上)と
仮定して計算し直すと式が簡単になると
いう傾向が得られたのです。

 1970年に南部陽一郎博士が最初の超弦理論を発表
したとき、その理論式では26次元を使っていました。

 しかし、以上の次元は数学的に(先の内積0みたいな方法で)
高次元を定義した次元のことで、空間(3次元)+時間(1次元)
を越えた次元(空間の方向性)が実験で確認されたような
事実はないのです。

>どんな軸が加わって五次元空間と言われているのでしょう?

 5次元以上は具体的には観測されていません。


 この話、最低限高校でやるベクトルが分かっていると
話が早いのですが・・・

 分かっていると期待して書きますね。

 次元とは縦、横、高さといった方向で、数学では
X、Y、Zのような互いに直角に交わったベクトル
(方向)で表せますね。
 互いに直角に交わった直線を3本書く、或いは針金で
作って見せるの容易ですが、4本は無理ですね。

 でも4本の直線が互いに直角...続きを読む

Q空間に電場がある状態で点電荷を空間におくとその点電荷から生じる電場も合成して空間の電場とするのかどう

空間に電場がある状態で点電荷を空間におくとその点電荷から生じる電場も合成して空間の電場とするのかどうかについて書かれてるのですがどう解釈したらよいのでしょうか?
回答お願いします!

Aベストアンサー

「証明できる」の「証明」は「もしそうでない場合・・・」で述べられています(^^)
それから、E(ext)=0 とした理由は、No2でも書いたように、
qE(int)を受けるのは明らかに間違っている事を例証するためです(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q教えていただければ幸いです・・・

物理もパソコンも初心者です・・・
電子に関して、p(運動量)に対するE(全エネルギー)のグラフを、ニュートン力学の場合、相対論的力学の場合について考えるのと、v(速度)とE(全エネルギー)の関係についてもグラフを考えないといけないのですが、軸をどうとればいいのかわかりません。公式はE=p2(2乗)/2m  E=mc2(2乗)+P2(2乗)/2mが関係するのかな?とおもうのですが・・・cに関しては光速度の数値を当てはめないといけないのでしょうか?(2乗の書き方がわかりませんでした)

基礎的なことでしたらすみません・・・

Aベストアンサー

グラフでは、横軸に速度、縦軸にEをとるのが一般的です。
 
ニュートン力学と相対性理論との違いは、運動エネルギーを算出する際、ニュートン力学では常にmが一定であるのに対し、相対性理論では速度が光速に近付く従って、質量が静止質量より大きくなり、光速で無限大に発散します。静止質量mに対して、運動質量をMとすると、
M=m/SQRT(1-(v/c)^2))
になります。(SQRTは平方根、^2は2乗を表わす書き方です)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報