【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私は今大学一回生です。
高校3年生のときは、受験勉強頑張ってて、必死だったんです。でも周りは授業中もうるさいし、指定校やAOで決まってる子が多くて、その中で精神的に辛い中で頑張っていたんです。

入試の一ヶ月前に自信をなくしてしまって、急に志望校を変えたりして精神的にも本当に辛くて、毎日頭痛と吐き気に襲われていました。1日に3回吐いたときもありました。試験当日も10分前までトイレで吐いてました。それくらい追い込まれていました。

高校のとき仲の良かった友達が、先に決まってて、必死な私を「怖い」、と違う友達に泣きながら相談してたみたいで、、相談相手だった友達に今日「謝っときや」って言われたんです。

私はその子に対して暴言吐いたことないし、全然嫌いじゃなかったんです。ピリピリしていたのは自分でもすごく分かっていました。でも、私はなんで謝らなきゃいけないの。こっちのほうが辛かったわ。と思ってしまいました。

私はそこまでしてまで良い大学に入る必要はあったのか、と今になって思います。そしてそこは私の行きたい大学ではなかったので、すごくつまらないです。

大学生になって、燃え尽き症候群(?)になってしまって、全て放り投げたくなりました。対面授業もオンライン授業も楽しくないです。以前、大好きなディズニーに行ったときも心から楽しいと感じませんでした。友達といても、心のどこかでぽっかりと穴が空いている感じがします。何事にも無関心になってしまいました。欲もないです。

受験期間を通じて、得た知識はとても多く、たくさんの人たちが応援してくれました。多くの人に支えられた1年だったと思います。でも失うものも多かったです。私は変わってしまいました。友達も少なくなってしまいました。

頑張ったのに、、。何が正解だったのでしょうか。私はわかりません。

質問者からの補足コメント

  • 友達に謝りました。
    傷つけてごめんね、と。すると友達がずっと接し方がわからなかったけど、心に引っかかっていたものがとれたと言ってくれました。前みたいに戻れるのかも。。
    自分が間違えたら、謝って向き合うことが大事ですね、、

      補足日時:2021/01/22 21:06

A 回答 (4件)

№2回答者です。


お礼のコメントありがとうございます。

補足コメントを見て、友達へは謝罪する選択をしたのだな、と思いました。
謝罪の前に結果についてあれこれ考えたと思いますが、良い結果になって良かったと思います。たぶん、謝罪のタイミングが良かったような気がします。

なお、息子の件は6年前の出来事で、その1年半後に社会復帰しています。
退院直後は殊勝に手紙とか書いて渡してくれましたが、1年もたったら昔と変わらずになりましたので、「その時の感情で手紙とか残したら、なにかあった都度責められるのに、お前バカやな。」と言ってあげました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

息子さん、復帰してらっしゃったんですね!
手紙は読むたびにじんときますね、、でも昔と変わらずになったのは喜ばしいことですね。息子さんもお母様もお身体お大事にしてください。

お礼日時:2021/01/23 11:31

もう一個新しい質問を先に見て、この質問を見ました。


もう、受験は過去のことです。
この文章を見たら、さらに、再受験は勧めません。
過去はわすれて、これからのことに注力しましょう。
今、すでに1年が終わるとしています。
単位がきちんととれていれば、あと3年です。
最後の1年はほぼ就活と卒論でしょうから、今のような生活はあと2年くらいしかありません。
すぐですよ。後2年もしたら、卒論を書きながら就活をする。
それまでに大卒にふさわしい学生生活を送りましょう。

大学受験なんて、遠い昔のほろ苦い思い出にすぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

社会人になるとただの過去の思い出となるのですね。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2021/01/22 11:38

長い人生の中で、その時その時必死になって頑張ることはとても大事なことです。

そして、必死に頑張って達成すると、燃え尽き症候群になります。燃え尽き症候群を乗り越えていないような気がします。
しかし、あなたが頑張ったのは正解のある試験問題だったということに気づいて欲しいです。

大学合格のために推薦を選択することは、なんら責められることではありません。
なんのために勉強するのか?
なんのために試験問題に頑張るのか?
全ては大学合格のためです。

勉強の世界では、大学入学試験も含めて全ての問題に正解があります。
しかし、あなたがこれから生きていく現実世界には正解の問題はありません。
人生の四分の一しか生きていない若者が経験する現実世界で、正解のない問題は学校の試験問題にはなくて、親との関係や友達関係や部活の大会で勝つことなどの日常生活の中にあります。

自分がやってきた結果から過去を振り返って何が正解か?と考えることほど無駄な思考はないと思います。
大事なことは、選択する時にどういう結果が出ても後悔しないか?
ではないかと思います。

私は学校時代も社会人になってもプライベートでも好き勝手に自己中で生きてきましたが、息子の闘病時にあと一か月で息子が死ぬのが現実になるかもしれないという60歳の頃になって初めてこのことに気づきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
息子さんの回復を祈っています。

お礼日時:2021/01/22 11:38

こんばんは



大学受験は本当に大変なことだと自分の経験からしても思います。

今も考えますが、人生において正解不正解というのは
なかなか自分も難しいですね。

あなたが頑張っているのは事実だと伝わってくる気がします。

つらい時はすこし立ち止まってみるのもいいのかなと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心優しいお言葉ありがとうございます。
立ち止まってみるのもありですね。

お礼日時:2021/01/22 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング