システムメンテナンスのお知らせ

摂関政治と院政の違いについて教えてください。

gooドクター

A 回答 (3件)

院政は、天皇の称号を譲った元天皇が、現役の天皇をサポートする形。


天皇=社長。上皇=会長。のような形。

摂政、関白は、副社長、秘書ぐらいの立ち位置。必ずしも、血の繋がりがあるとは限らない。関白=豊臣秀吉のように、朝廷と関係ない外部の人間がその地位をえることもある。
    • good
    • 0

摂関政治は、摂政や関白が政治の主導権を握る政治形態のこと。


摂政は過去聖徳太子しか例がないが、ようするに「天皇代理」のこと。
当然天皇一族につながる者しかなれない。
関白は公卿の最高位。
日本ではその地位は藤原家の者しか就けなかった。

院政とは、天皇でなく上皇や法皇が政治の主導権を握る政治形態のこと。
上皇とは皇太子に位を譲り退位した天皇が就く地位。
法皇とは出家した上皇が名乗る地位。
    • good
    • 0

摂関政治とは、平安時代に藤原氏(藤原北家)の良房流一族が、天皇の外戚として摂政や関白あるいは内覧といった要職を占め、政治の実権を代々独占し続けた政治形態。



院政は、天皇が皇位を後継者に譲って上皇となり、政務を天皇に代わり直接行う政治形態。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング