励磁作動型の電磁ブレーキ
無励磁作動型の電磁ブレーキ

↑この2語の正式英語名称がはっきりしません。
英語圏で一般的に認められる正式な呼び名が知りたいです。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

電磁ブレーキは、


electromagnetic brake
ですね。
で、問題は励磁作動型、無励磁作動型ですよね。

Power-on activated electromagnetic brake
Power-off activated electromagnetic brake

で通用すると思いますけど、正式名称というのがあるのかどうか、、、
日本語でも正式名称なんて無いですよねぇ。
参考までにオリエンタルモータのURLを付けておきます。
(ここも電磁ブレーキモータを作ってましたよね。)
いろいろメーカサイトを当たるしかないかなぁ。

参考URL:http://www.orientalmotor.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱこういう書き方になっちゃうんですよね?
日本の企業URLに出ている名称は、どうも直訳&当て字っぽくて、しっくりこなかったんです。
海外のURLでサーチをかけても標準的な表現は見あたりませんでした。
いろいろ調べていただき、ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/22 11:46

励磁作動型の電磁ブレーキ


Excitation operation type electromagnetism - a brake


励磁作動型の電磁ブレーキ
Non - excited operation type electromagnetism - a brak
自信ありませんが、一般的にこんなんかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
こういった直訳的な名称では無く、英語圏の技術者が通例的に使っている名称が無いものかと思っているのですが・・・。

いろいろ調べてみた結果、決まった名称というのは無いようですね。

お礼日時:2001/08/22 11:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界の言語は日本語型、英語型、どっちが多い?

こんにちは。暇つぶしの質問ですが、お付き合い頂ければ幸いです。私たちが英語を勉強して戸惑うことの一つに、語順の違いがあるのではないでしょうか。一方、世界には色んな言語がありますよね。そこで質問ですが、世界の言語には日本語型、英語型、どっちの言語が多いんでしょうか?

Aベストアンサー

語順
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%9E%E9%A0%86

日本語 SOV型
英語 SVO型

世界の言語の約45% がSOV型、約35%がSVO型とのことなので、日本語型の方が多いことになるようです。

ただし、SVO型に、英語・中国語・スペイン語など、話者人口が多い言語が多数含まれているので、話者人口ベースだとSVO型人口の方が多いのかもしれません。

Qチャールズ皇太子はフランス語圏やドイツ語圏ではどのような綴り字で表記され、どのように発音されるのでしょうか

うろ覚えの知識なのですが、英語圏でマイケルという人はフランス語圏に行くと綴り字は変わらないけれどもミシェルさんと呼ばれ、ドイツ語圏に行くと綴り字は変わらないけれどもミヒャエルさんと呼ばれると聞いたことがあります。
そこで疑問に思ったのですが、英国のチャールズ皇太子はフランスに行ったときやドイツに行ったときは各国のマスコミからはどのような綴りで表記されどのような発音で呼ばれているのでしょうか。普通でしたら英語圏のチャールズさんはフランス語圏では綴り字は変わらないけれどもシャルルさんと呼ばれ、ドイツ語圏では綴り字は変わらないけれどもカールさんと呼ばれると思うのですが、チャールズ皇太子に対しても同じように扱うのでしょうか。

Aベストアンサー

はい、マイケル・ジャクソンはフランスではミシェル・ジャクソンになります。
Charles はフランス人の名前でもそのままシャルルです。例としては元大統領の名前Charles de Gaullesが使われているCDG空港はシャルルドゴール空港として日本でも知っている人が多いと思います。

Prince Charles はプランス・シャルルと、Princess Dianaはプランセス・ディアナと呼ばれていました。
ドイツではDianaはそのままの表記で発音はディアナ、チャールズ皇太子はPrinz Charlesでプリンツ・チャルズと発音されるはずです。

Charlesという英国人の名前はそのままで、カール(独)さんになったりカルロス(スペイン)さんに「なる」わけではなくドイツにはドイツ人のカールさんが、スペインにはスペイン人(またはスペイン語圏の人の名前で)カルロスさんがいるわけです。

同じような例ではJohnに相当するJuan(スペイン語圏のホアン)、Jean (フランス語圏でジャン)、Johann(ドイツ語圏のヨハン)が語源が同じでもそれぞれの国では別々の名前になります。
ヨハン・シュトラオスはスペイン語圏ではつづり字をそのままスペイン語読みしたホアン・ストラウスと発音されますが、CharlesはCarlosとは明らかに違うのでカルロスにはならずにチャルレスと読むはずです。

Georgeはフランス人の名前としてそのままジョルジュ、英国人のGeorgeはドイツなら表記はそのままでもGeorgというドイツ人の名前の読みと同じゲオルグになりそうです。

参考URL:http://de.wikipedia.org/wiki/Charles_Mountbatten-Windsor,_Prince_of_Wales

はい、マイケル・ジャクソンはフランスではミシェル・ジャクソンになります。
Charles はフランス人の名前でもそのままシャルルです。例としては元大統領の名前Charles de Gaullesが使われているCDG空港はシャルルドゴール空港として日本でも知っている人が多いと思います。

Prince Charles はプランス・シャルルと、Princess Dianaはプランセス・ディアナと呼ばれていました。
ドイツではDianaはそのままの表記で発音はディアナ、チャールズ皇太子はPrinz Charlesでプリンツ・チャルズと発音されるはずです...続きを読む

Q重曹を英語圏で購入したい

重曹を英語圏で購入したい


英語圏に住んでいます。掃除用に重曹を手に入れたいのですが、「重曹ください」は、英語で何と言ったら買えますか。

買える場所は薬局でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Arm & Hammer がすでに重曹の代名詞となっていますので、これでも通じます。下のパッケージは世界中の大体のスーパーやディスカウントストア等で売っているはずです:
http://www.armhammer.com/

Q励磁と消磁を英語では

電気の用語なんですが、コイルに電気を流すことで磁力を起こすことを「励磁」と言い、その逆を「消磁」
と言いますが、これは英語では何て言うんでしょうか? 和英辞典にも載っていませんでした。
ドイツ語も教えて頂くと更に嬉しいです。

Aベストアンサー

使い分けは難しそうですが。

励磁:excite、ramping

帯磁、着磁:magnetize、magnetic catch

消磁、脱磁:degauss、demagnetize、erase

Q英語圏の人にとっての外来語の発音

日本語での外来語は、それが日本語として使う以上は原語通りではなく、むしろ日本語訛りになるのは、周知の通りです。

それと同じようなことは英語でも起こりうると思うのでが、具体的にはどう発音しているのか、いろいろと勉強したいと考えているところです。

原語の発音とのズレはたくさんあるでしょうが、その中でも例えば英語ではあり得ないロシア語やチェコ語由来の子音連続はどう発音しているのか気になるところです。

ほかにもあるのはあるのですが、質問が長くなるといけないのでこの辺りで切り上げておきます。

私の挙げた例以外でも結構ですので、何かご存知でしたらご回答の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「英語ではあり得ないロシア語やチェコ語由来の子音連続」の語は、さすがに英語化して読んでいるんではないでしょうか。
具体的な例を思い付かないのですが、たとえば食物で、有名な борщ は、日本語ではあの語尾の音はないので、「ボルシチ」になっていますが、英語では Borscht (あるいは、borsht, barszcz、borshch という綴りもあるそうです)としていますので、かなり変形を加えています。
водка は日本語で「ウォッカ」、英語で vodka 、тройка は日本語でも同じような読み方で「トロイカ」、英語でも Troika だし、самовар は日本語では в の音を「ワ」に置き換えて「サモワール」というし、英語では原音に近くて Samovar 。
мамонт を Mammoth としている例は、かなり変えているという気がする。
有名な пирожки (ピロシキ)が英語になると Pirozhki となり、これまた変形が加わっている。
要するに、無い音、発音できないものは置き換え、あるいは耳で聞こえたように変形してしまうのは、日本語に入った外国語と同じようなもんだと思います。
ロシアの首都は「マスクヴァ」なのに、日本語では「モスクワ」になり、英語では「モスコー」になるし、「ガルヴァチョーヴァ」が「ゴルバチョフ」や「ゴーヴァチョフ」になってしまう。
都合のいいように変えてしまうってのは、便利ですね。

「英語ではあり得ないロシア語やチェコ語由来の子音連続」の語は、さすがに英語化して読んでいるんではないでしょうか。
具体的な例を思い付かないのですが、たとえば食物で、有名な борщ は、日本語ではあの語尾の音はないので、「ボルシチ」になっていますが、英語では Borscht (あるいは、borsht, barszcz、borshch という綴りもあるそうです)としていますので、かなり変形を加えています。
водка は日本語で「ウォッカ」、英語で vodka 、тройка は日本語でも同じような読み方で「トロイカ」、英語でも Tr...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報