システムメンテナンスのお知らせ

科学者ロバートコーニッシュは犬にラザロと
名前をつけて死から蘇生させたらしいですね。
現代の医療技術だったらもっと簡単にできる
のではないでしょうか?どうして現代で犬や猫を
蘇生させようとする人がいないんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • フランケンウィニーという映画になりましたね。

      補足日時:2021/02/01 15:51
gooドクター

A 回答 (1件)

それが文字通りの「死から蘇生させた」という意味合いがある超常的なものではなく、今日では当たり前のように行われている瀕死の者への救急救命措置だったから、同様の事をする人のことが話題に上らないだけだと思う。


彼がやったのはどうやら、人工呼吸で酸素供給、シーソーを揺らして血液循環促進、アドレナリン注射で心臓の拍動を強くする、ということらしい。
これは(血液循環がシーソー揺らしから心臓マッサージになっているけど)基本的に今日行われている一般的な心肺蘇生法とほぼ同じなので、必要があれば同じようなことをそこらの医師や獣医師もやっているんじゃないかな。

実在した「人体蘇生」専門のマッドサイエンティスト、ロバート・コーニッシュ! 死刑囚の死体を入手し…
https://tocana.jp/2018/05/post_16772_entry.html
---一部引用---
 心肺蘇生法(CPR)が一般的に広まったのは1950年代なので、それ以前のアメリカで「蘇生」などというと、なにやら宗教的タブーめいていたのではないか。ラザロ蘇生の奇跡は、人類全体の罪をキリストが贖罪し、生に立ち返らせることだというが、コーニッシュ博士の実験は、神への冒涜と受け止められたのかもしれない。
---引用終了---
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング