教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

中性ヨーロッパの皇帝・国王・大諸侯・諸侯・領主の違いがいまいち分かりません。
違いを教えてください

A 回答 (2件)

簡単に説明します。


中世ヨーロッパは地上の権威と天上の権威に分かれ、地蔵の権威の最高権力者が「皇帝」です。当然天井の最高権威が「法皇」です。皇帝から支配を認められた人が「国王」でその支配の正当性は「皇帝」に由来しています。その下で「国王」の支配地の管理を任されたのが「諸侯」となります。ただこの場合「諸侯」が国王に忠誠を誓い、支配地を差し出すこともありました。領主は実際に領民(農民・農奴)を使って領地経営をしている人物を指し、諸侯の中にも領主となっている人もいました。
このように土地支配の承認とそれに伴う対価(軍役等)が結びついている状態を封建制と言います。簡単に説明しても長文になる内容です(笑)
    • good
    • 0

国王に次ぐ大封建領主(大貴族)領地の大小で大領主から小領主までいた。


皇帝とは、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者。特にドイツとイタリアで重要な位置を占めた。ドイツ皇帝、(神聖)ローマ皇帝
中世では、皇帝と国王の間には明確な区別が存在し、帝権と王権の間も基本的な相違が存在した。国王は1部族や複数部族単位の支配者だが、皇帝は世界全体を治める者と考えらた。
諸侯とは、封土を持つ貴族
領主とは、主従制による私的権力で一定の土地・人民を支配する人
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング