プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

拳銃を撃った後の弾を警察の方が一生懸命探している様子をニュースで見たのですが、どうして撃った後の弾を探す必要があるのですか?

A 回答 (7件)

ニュースでは聞いたことないなぁ。


ちなみに何の事件?
    • good
    • 0

裁判に於いて、弁護側は当然の作戦として対応した警官の行為が妥当だったのか?と追求します



それに対して逮捕時の警官の行為に問題がない事を立証する為に
そう言った拳銃弾も証拠品として確保する必要があります

警官が『この場所からこの方向に向けて威嚇射撃した』という証言に対して
全然違う場所から弾丸が出てきたら、この警官の証言には真実味が無い
とすると他の証拠に関しても疑ってみなければならいののでは?
と言う事になります

弁護側の戦術に対して付け入る隙を与えないために、ありとあらゆるモノを収集しておきます
    • good
    • 0

違うところに刺さっていたら賠償物だから

    • good
    • 0

弾丸の周囲に線状痕と称する、発射した銃器に特有の疵が残る。

よって弾丸が見つかれば、発射した銃が特定できる重要な証拠となる。
    • good
    • 0

警官が威嚇で撃ったとしても それがどこかに当たって害を与えてないとは言えないので 弾を探して確証を得るのです。


ないとは思いますが、発砲した警官が嘘をついて威嚇じゃなくて家や人に向けて撃っていたら大変です。(どこかの家の中で一人住まいの老人が撃たれて倒れてるかもしてないもんね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね!
すごくよく分かりました。
丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2021/02/05 07:15

証拠品だから

    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!!
ちなみにそのニュースでは、警官は犯人に向けての威嚇の発砲だったのですが、それでも証拠はいるんですかね?

お礼日時:2021/02/05 06:49

裁判での犯人特定の為の証拠品だから。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/02/05 06:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング