母が13年前に再婚し、母は私と弟つれて養父と暮らしています。養父は今年61才になりそろそろ老後のこととか考えて、そろそろマンションを購入しようということになりました。(ちなみに貯金は全然ないので、頭金がなくても買える物件を買うことにしました。)母と父だと条件が満たさないので、私と養父と30年ローンで親子リレーで金融公庫に借りる事になりました。(持分は半々です)私はまだ21才なので、30年後は51歳のおばさんになってしまい、自分の人生を考えるととても気が重いです。また家のローンだけではなく、最近もう1つ気になる事があります。養父の借金問題です。今まで養父に聞くのもこわかったのですが、将来その借金を私や弟や母が背負うことになるかもしれないので、思い切って聞いてみました。
養父は曖昧な答えしかくれなかったので、現在私がわかっていることは、その借金は養父の前の妻が養父名義でお金をサラ金業者から借りたことです。金額は教えてくれなかったのですが15年前の事なので、実母とはまだ出会っていなかった頃の借金です。養父はおまえたちが支払う必要がないお金だから、心配するなというけれども、もし養父が亡くなった時に負の財産として私たちに相続されるのではないでしょうか。およそ15年前の借金なのですでに時効になってますでしょうか。どなたか教えて頂けませんでしょうか。
ちなみに養父を除いて、私、母、弟は中国で育ったので日本の法律など全然わからない、そのうえどこに問い合わせばいいのかよくわからないのです。みなさんからよきアドバイスを頂けたら大変有り難く思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

是非、少しでも早く、専門家に相談するのをお勧めします。


消費者金融については弁護士会の法律相談があります(新聞チラシに出ているのは業者とつるんでいる整理屋の可能性大ですので、市役所に問い合わせます)
費用は30分につき5000円くらいで、高額ではありますが、あなたの人生を左右する問題ですので、長い目で考えれば必要経費でしょう。

もしお父さんが貸し手と接触を絶って長期間経過していれば、時効が成立しているかもしれません。
その辺りの細かい条件も弁護士と相談して確認すべきでしょう。(時効が成立しても、一円でも返済すると、無効になりますので悪しからず)

自治体にも消費者相談窓口があり、無料で相談できますが、専門性も影響も高い問題で、相談員には得手不得手がありますし、弁護士の方がお勧めです。

個人的な感想を言わせて頂くと、
そこまで高いリスクを負ってまでご両親の面倒を見る義務はあなたにはありません。

ご両親は現状を「子供の養育のためにこうなった」とおっしゃるかも知れません。
でも、大人は自分の人生設計には自分で責任を持つべきで、子供に責任はありません。
親は未成年の子供の養育に責任がありますが、子供が親の人生に責任を取る必要はないのです。

親思いのやさしいあなたですが、
親の老後同様、あなたの将来も、とても大切なものです。
あなたの生活に支障のない範囲でお手伝いすれば、それで十分です。
以上が私の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強い言葉ありがとうございます。一刻も早く弁護士に相談するべきことがわかりました。今まで親の老後問題について、本人たちがなにかしら考えていると思って、そんな真剣に考えてませんでした。今は養父の借金問題、家ローン、また年金がもらえるかどうかもわからないので、本当に頭痛いです。母は日本語が上手でないために、私も去年まで学生でしたため本当にどうすればいいのかわからずにいました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 15:23

二度目の書き込みになります。


本題と外れるのですが、ちょっと気になったので・・・
補足の中で公庫から通知があったとおっしゃってますね。

計画の段階ではなく、実際に申し込みも済んでいたのですね。
失礼ながら去年まで学生さんだったあなた(とお父さん)に与信がおりると思っていませんでした。
公庫って、割と借りやすいのですね。知りませんでした。

11月に引越し、という事は、まだ決済までは済んでいない、という事でしょうか。

住宅購入じたいが嫌なのか
それとも借金問題さえ解決できればOKなのか、どちらなのでしょう。

決済してないのなら、そしてリレーローンを組みたくないなら、
今からでも公庫、お父さんに意思表示をして下さいね。
契約は本人の合意が無ければ無効なのですから。
弁護士に頼むのが一番ですが、契約も無理矢理書かされたものでしょうし、交渉の余地はあるんじゃないかな。

与信がおりてからのキャンセルは出来ませんが、
手付を流せばキャンセル可能だったと思います(どうでしょう>皆さん)

何と言われようと、納得できない事で、サインをしたり、判をついたりしないように。
あなたを守るのはあなたしかいないのです。頑張ってね。

この回答への補足

初め私は住宅購入に反対でした。契約もしたくなかったのですが、やはり親の老後が心配でしたので、しぶしぶ了承したのが現状です。私が負うことができるリスクはこれで精一杯です。もし養父が亡くなったあとに債権者から借金を払えとか、また前の妻の子供たちがお金を要求してきたらと思うととても不安になります。ですからどうしても今養父の借金を時効成立させたいのです。これらの問題を解決しないと、マンション買っている場合ではないような気がします。また養父は年金がもらえない可能性がありますので、それについて本人に聞いてもまじめに答えてもらえず、近々区役所に行って調べてこようと思います。今後の生活がかかっているので・・。また今からマンション解約できたとしても親戚から借りた頭金300万が戻ってこない可能性大ですので、それはそれで問題大きいです。私が解約するといったならば、家を出て養父とは縁を切らなければなりません。結論としては、マンションは買う件はいいのですが、将来的に養父の借金は負うことはさけたい。またうちは経済的に余裕がないため、前の子供がお金要求してきても支払いする能力ないので、相続問題を解決したい。以上が私がかかげている問題です。

補足日時:2001/08/23 15:27
    • good
    • 0

既に弁護士に相談されていることを検討されていらっしゃるようなので、


補足のみご参考まで。
消費者金融からの時効は最終の支払い日から5年間支払いをしなかった時点
で時効は成立します。その間たとえ債権者から請求が来たとして全く支払って
いなければ時効の成立の妨げにはなりまねん。
そのために養父の方が一番はじめにいくら借り、その後何年間支払いを続け、
最終の支払いをした日がいつか確定する必要があります。
これは弁護士を通さずとももちろんご自分で確認することはできますが、そう
すると債権者が自宅等に押しかけて嫌な思いをすることもあるかと思います
のでやはり弁護士が介入し、債務状態について調査する必要があるでしょう。
その場合、借り入れしたのは養父の方であるので、当然養父の方が弁護士に
依頼しなければなりません。
そして最終の入金日が確定し、その後5年間支払いをしていなければ時効を
「援用」できます。時効は時期がすぎれば自動的に認められるものではなく
「私は時効を援用します」という意思表示によってはじめて成立するのです。
この場合内容証明郵便にて「時効援用の通知書」を各債権者に送ることで
時効の援用がなされたことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、昨日さそっく弁護士事務所に予約をいれました。みなさんありがとうございます。みなさんの言葉にとても勇気付けられました。今きびしい現実ですが立ち向かいます。

お礼日時:2001/08/23 15:44

業者が時効を阻止するためには、本人が借金の一部分でも支払うか、借りていることを認めることが条件となります。

時効期間が過ぎてしまえば、催告や請求の手紙をいくら送っても、時効は成立しています。しかし、借主が時効が成立していることを知らずに払ってしまえば、そのお金を取り戻すことはできません。業者はこれを狙って、請求書を送りつづけているのです。ですから、請求書が送られていることと時効の成立には関係ありません。養父が普通の教育を受けられた日本人でも、こういう事は知りません。もしかしたら知っていて、心配しなくていいと言っていたらいいのですが。養父にこのことは確認しておく必要があります。そうであれば、弁護士への相談は不要なります。業者が具体的に法律手続きを執ったとき、弁護士の相談を受ければ問題ありません。時効が成立していたら絶対に支払わないことです。
    • good
    • 0

 弁護士に相談に行かれるにも、サラ金の金額がいくなのか、はっきりさせる必要があります。

小額であれば、家族協力して、全額払ってしまえばいいのですが、金額が多いと、利息だけでも大変ですし公庫の返済が危なくなるのは、目にみえています。なぜ、老後の不安にマンションを購入する気になったのか、理解できません。あなたの名前で公庫で借りて、養父を保証人にするやり方ならば問題はなかったのですが。
 また、サラ金の時効は5年(商事時効ですので)です。時効の起算点は借りたときではなく、払われなかったときからです。15年間も払いつづけているとしたら、既に利息制限法で定められた金利に置き換えて計算すれば、全額支払済みの可能性があります。どちらにせよ、サラ金問題と片付けないと、全ての問題は前にはすすみません。

この回答への補足

金額は全然予想つかないです。養父しか知らないので、そのうち弁護士経由で聞いてみたいと思います。私のような素人だと説得力もなく、昔のいやなことをほじくりかえすなっと思われがちなので、弁護士が話してくれるのであれば、いくらか今の問題真剣に考えてくれると思います。その祈りたいです。またサラ金業者と養父は接触してないと思います、ただ年に1度手紙で返済を要求するような手紙が来ています。昨日ことの大きさを知って、その手紙を探がそうと思ったのですが、見つかりませんでした。もしかしたらすでに処分されているのかもしれません。例えば、5年間一度も支払いをしなかったとしても、業者が年に1度の手紙や電話などコンタクトしてきているから、時効は成立しないということでしょうか。その点なにか教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。

補足日時:2001/08/22 09:30
    • good
    • 0

既に回答が出ていますので、それについては省略します。



早急に、弁護士に相談されたら宜しいでしょう。

弁護士会では、30分5000円で法律相談をしています。
申し込みは電話で出来ます。
申込先は、参考URLをご覧ください。

なお、相談される際は、できる限りの資料と、質問事項を整理して、箇条書きにしていくと、時間が無駄にならず費用も節約できます。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おしゃる通り聞きたい事を整理してからいきます。

お礼日時:2001/08/22 10:20

 養父と表現されてますけどあなたと養父との間で養子縁組をなさってますか、もし養子縁組がなされてなければ養父といっても法律上は赤の他人ということになります。

当然、養父の相続権をもつのはあなたのお母さんだけとなります。
 養父の遺産を相続する場合は養父の借金も同時に相続する義務が生じます。養父の遺産の相続を放棄すれば借金を引き継ぐ必要もなくなります。
 たとえあなた方母子に借金の責任が無くても、養父の遺産の相続権を主張する場合、負の遺産も相続する義務が生じます。
 いずれにしても共同でマンションを購入、所有するわけですから、相手の借金がいくらあるか確認しておくことは必要です。借金の額次第では養父の死後マンションが人手に渡り、借金だけが残るなんてことが無いとは言えません。

法律扶助協会(参考URL)や各地域の弁護士会などで無料の法律相談会などが行われていますので、相談されてはいかがでしょうか。

 もう1つ、時効は期待しないでください。民法では借金の時効は10年と定められていますが、10年間まったく返済もせず、相手が請求もしなかった場合です。サラ金の借金が10年も取立て無しなんて考えられませんから。

参考URL:http://www.jlaa.or.jp/

この回答への補足

マンション購入について、現在金融公庫の融資の知らせを受け、11月にも引越しする予定です。名義は父と私で半々ですが、実際に払うのは母と私だと思います。自分たちが払うことになるにもかかわらず、父の財産(書類上)として借金と一緒に相続しないといけないのは納得できません。法律だから仕方ないとは思うのですが、なんだかとても損しているような気がします。最初は今まで育ってもらっているから老後はできる範囲で援助できたらと思っていたのですが、マンション購入時に私が責任重いから連帯債務者にはなりたくないといったら「だったらあまえこの家から出て行け」といわれました。あんなやさしい父がこんな変貌すると思わなかったです。最初から私を老後の保証として可愛がってくれただけなのかなって、今人間不信になりそうです。父は現在61歳であと3年働いたらもうやめるといってます。派遣なので、退職金もありません。

補足日時:2001/08/21 15:37
    • good
    • 0

「養父」という記載から判断いたしますと、戸籍上はあなたの養父であり、お母さんの夫という前提で考えますと、当然、養父が不幸にも亡くなられた場合には、民法の相続が発生します。


 現在、どの程度の借金があるのか、時期を見て確認してみてはいかがでしょうか? サラ金業者との契約書も、確認できたらなお良いですね。文中表現の「時効」は、質問内容からは成立しないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。昨日戸籍謄本を確認しました。私は養女になっております。弟もそうなっています。養父の財産といってもマンションの半分の名義だけですので、もし借金がすごい金額だったら財産放棄しざるえないですね。その場合、マンションは売りだすしかないということになりますね。実際、これからローンを払うのは母と私だから、途中で名義を母に変更してくれれば、もし、養父がなくなってもその財産を放棄すればいいということになると思うのですが・・・。たしか養父には前の奥さんとの子供が2人います。(その辺もなんとなく引っかかります)

お礼日時:2001/08/22 10:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の催告書が届いたのですが、時効に影響がありますか。

 先日、市役所から住民税の催告書というものが届きました。(督促状ではありません)
 たしか、住民税は5年で時効が成立し、払わないですむと思うのですが、催告書が送られたことにより、時効は中断してしまうのでしょうか。
 催告書は市長名もありました。

Aベストアンサー

督促とは違い時効の中断とはなりません。
税金が課せられていることを知っていてなぜそれなりのアクションを起こさないのですか?例えば払えない理由をお役所に届けて分納させてもらうとか...。
まあ後半は余計なお世話ですがきちんと税金を払っている私から見れば少々納得がいかない行為なので。

では。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/book/2001/11-01.htm

Q夫の借金癖が治らないので、借金できなくさせたいのですが・・・

2年半前に夫が消費者金融で不動産を担保に借金をしていたことが発覚。半年後に担保の自宅を売却し、完済しました。
その時に、二度と借金しないよう信用機関に申し出を考えたのですが、本人の強い後悔と反省があり信じて届出はしませんでした。
しかし先月、50万の借金をまたしていたことが分かり、取り急ぎ、新たにカードを作れなくしたいと考えています。
(1)手続きは配偶者の届出では無理なようなのですが、本人は信用情報機関に申し出るのは拒んでいるので、夫の許可無くできる方法を探しています。
(2)不動産担保で借金していたときの金利が高くて、借りていた所も完済した後に業務停止になった会社だったので、夫の場合もかなりの過払いをしたのではないかと気になっています。
詳しい金額や金利はここで書き示すのは難しいのですが、もし、完済した件についても調べたいと思ったときには、どこに相談するのが良いのでしょうか。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう少し、慎重に対応した方が良いですよ
貸金業協会に対して貸出禁止依頼ができるのは、
「債務者本人及びその配偶者または二親等内の血族」で可能ですが
当然、まともな金融会社は貸しません
過払い訴訟等をすれば自動的にブラックになり
当然、まともな金融会社は貸しません
その結果、闇金に走る可能性があります
その方が怖いです
その辺りを考えられて貸出禁止依頼をされた方が良いと思います

Q時効の中断、催告について

教えて下さい。
裁判外で時効を中断させる方法として “催告”というのがありますが、不法行為(時効三年)に対してもこの催告ってできるのですか? 教えて下さい。
現在、病気療養中で裁判を始める気力がありません。

Aベストアンサー

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に裁判上の請求等の手続きを取ることを条件に、「その到達後」6ヶ月の期間だけ時効の完成を引き伸ばすという効果が認められています。
たとえば、ある年の4月末日に時効が完成する場合、3月末日到達の催告がなされていれば、その6ヶ月後である翌年の9月末日までに訴えを提起すれば時効は中断します。(本来の時効完成時である4月末日からの6ヵ月後である翌年の10月末日ではありませんので注意してください。)
 催告による時効期間の延長は「時効完成直前の催告について1回限りのもの」で、6ヶ月ごとに繰り返せば時効の完成を引き伸ばせるものではありません。
 不測の事態もありますので、早めに対処するに越したことはないと思います。 

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に...続きを読む

Q弟の借金

実家に、弟の借金の督促状が来ております。

最近まで住所が落ち着かずまた連絡が取れないため、そのままの状態です。
家の家族が全く(私を含め)クレジットカードを使ったことがなくこの先、心配です。

私としては、現在、住所がわかっているので、督促状と払い込み通知を送り、状況を認識させ、考えかたによっては、相談に乗ろうと思っております。
しかし祖父(父母は、訳ありで親としての能力がない為)は、やっと住所がわかった手前、またわからなくなってしまうと怖いのか、そんなことしなくてもよいといいます。(しかし借金を払うつもりなのかわかりません。祖父のお金の収支は、自分で抱え込んでいてよくわかりません。役場につとめていたので年金があるはずですが、証書も見当たらず、貯金を食いつぶしてるのでは感じてます。)

祖父の意見をくみとりしばらく様子をみるべきでしょうか、私の独断でいくべきでしょうか?
また、借金が膨らん来ると今後どなるのでしょうか?
現在ア○○スというところから別の債権会社に、処理が移動した旨の知らせが督促状に添えられてました。この移動したところはどいうところなのでしょうか?具体的には、書くのは問題あると思いますので、これぐらいしかお話できませんが、どなたか詳しいかたお教えねがいませんでしょうか?

実家に、弟の借金の督促状が来ております。

最近まで住所が落ち着かずまた連絡が取れないため、そのままの状態です。
家の家族が全く(私を含め)クレジットカードを使ったことがなくこの先、心配です。

私としては、現在、住所がわかっているので、督促状と払い込み通知を送り、状況を認識させ、考えかたによっては、相談に乗ろうと思っております。
しかし祖父(父母は、訳ありで親としての能力がない為)は、やっと住所がわかった手前、またわからなくなってしまうと怖いのか、そんなことしなくてもよ...続きを読む

Aベストアンサー

架空請求の疑いはありませんか。
この場合は当然無視することが大前提ですが、残念ながら架空請求でなく、実際に弟さんが借金をしていた場合と仮定して意見を述べます。

保証人に成っていなければ、支払いには応じない方が良いです。
と言うか、一旦支払いに応じてしまうと今後際限なく後始末をする事になります。
弟さんが可愛かったら、此処は心を鬼にして放置することです。
いずれ自己破産をするようになるか、場合によっては犯罪に手を染めることになるかも知れませんが、将来のためにはそれが弟さんを立ち直らせる近道になります。
最後に弟さん本人が現れて救いを求めてくるか、最悪警察からの連絡になるかも知れませんが、それからしっかりと今後のことを話し合ってください。

繰り返しますが、金融業者は保証人になっていない限り無視してください。
一旦相手をしてしまうと取り返しが付かなくなります。
強硬な手段に出てくれば、お近くの生活相談所の指導を仰ぎましょう。
また弟さんの為にも、安易に後始末をしてしまうと、同じ事を繰り返すことになってますます悪くなる可能性が大きいでしょう。

架空請求の疑いはありませんか。
この場合は当然無視することが大前提ですが、残念ながら架空請求でなく、実際に弟さんが借金をしていた場合と仮定して意見を述べます。

保証人に成っていなければ、支払いには応じない方が良いです。
と言うか、一旦支払いに応じてしまうと今後際限なく後始末をする事になります。
弟さんが可愛かったら、此処は心を鬼にして放置することです。
いずれ自己破産をするようになるか、場合によっては犯罪に手を染めることになるかも知れませんが、将来のためにはそれが弟さん...続きを読む

Q公示催告中に時効

受取手形を紛失してしまった場合、手形を無効にする為に簡易裁判所に公示催告の申立をし除権判決を得るという手続きが必要になるそうですが、もし手形紛失後、何の対策も講じず1年半以上経過してしまっている場合、公示催告(6ヶ月以上)の間に売掛金の時効(2年)をむかえることになりますが、この場合時効の中断も出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金として,訴訟を起こすことができるということです。

 手形と引換に支払えという判決がされた場合に,手形が除権判決で失権すれば,手形と引換ということもなくなって,売掛金の支払いを受けることができます。

 しかし,売掛金の支払いに代えて手形が出ている場合には,売掛金の債権は残らないとされていますので,この場合には,売掛金の時効自体が問題になりません。手形の時効が問題になるだけです。

 普通,売掛金の支払いに代えて手形を振り出すということはありませんので,基本的には,前者の取扱い(すぐ訴訟を起こす)ができるわけです。

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金とし...続きを読む

Q弟の借金

昨日、兄から電話がありました。
内容は弟の会社の社長から弟が使い込みをしたそうです。
金額はわかっているだけで400万、おそらくもっと上回るでしょう、とのこと。
また、1年前にも100万使い込みをしたが、弟の上司が代わって返済してくれていた。(上司の責任と言うことで責任を取った形になったそうです)
上司の方や社長いわく、能力のある人間だからクビにはしたくないそうです。
きっとそういってくれているだけでしょうけど…

実は消費者金融に450万ほど借金があります。
手を出したのは今回で5回目です。
そのたびに親がすべて払ってきたのですが、今回は親にも資金的に支払うことが出来なく私たちに連絡してきたようです。
姉にも200万借りています。

何も聞いてもうそで固めるので何が本当かわかりません。
今どれくらい借金があるのか本人もわかっていないんではないでしょうか?

そこで質問ですが、
どうにかして今の借金全額が分かる方法はありませんか?

情けない話ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

借り入れ金額を調べるだけでしたら日本データバンクとシーアイシーに信用情報を開示してもらえばわかると思います。ただし本人が行かないとだめですけどネ 会社の使い込みまではさすがにわかりませんが。あと闇金融の借り入れもわからないとおもいますけど。でも借り入れ総額をしらべてどうするつもりですか。話の状況だと解決策はむずかしいですね。弁護士に相談するしかないでしょうが悪徳弁護士もいるので気をつけてくださいね

Q消滅時効の中断のための催告の方法

消滅時効の中断(6か月間の延長)のための催告ですが、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」と内容証明郵便で書いて出すだけでよいでしょうか?
それとも、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」に続けて、「・・・銀行の普通預金 口座番号・・・に振り込んでください。」という支払方法まで書かなくてはダメですか?

Aベストアンサー

「・・・に振り込んでください。」と言うようなことは、記載してもしなくても時効中断に影響しないです。
しないですが、催告の趣旨が相手に届かないと効力は発生しないので、内用証明郵便で配達証明付きにします。
なお、「6か月間の延長のため」と言いますが、催告書が相手に届いた日から6ヶ月以内に裁判などしないと中断しないと言うことで、例えば、平成26年4月30日に時効の成立日だとすれば、6ヶ月先の10月30日になるのではなく、明日催告が届けば7月30日までに裁判などしないと、4月30日に時効は成立します。
7月30日までに裁判などすれば、4月30日が7月30日に伸びたことになります。
要は、6ヶ月ごとに何回でも催告すれば限りなく延期になることではないです。

Q弟に借金が…

弟に借金があるのですが、実家に消費者金融からハガキや封書が届きました。現在弟は家に帰ってこず、連絡も取れません。弟宛に届いたハガキや、封書は本人に確認せずあけてしまうとまずいですか?それとも、そのまま送り返した方が良いのでしょうか?誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

封書やハガキには「親展」と書かれていますか?
通常督促状は請求明細などには親展をつけて送ります。
親展というのは名宛人自身が開封することを求めるのに使う言葉なので、その文字がある場合にはご本人以外開封してはいけません。
他の方もおっしゃっているように、「あて先人不明」で返送するかそのまま保管するのがよろしいと思います。
業者は弟さんと連絡が取れない為、それ以外の連絡先であるご実家に督促状を送ったのだと思いますが、今後もしかしたら電話がかかってくる事もあるかも知れません。
その際には「本人から連絡もないし、こちらにも住んでいないので今後連絡しないで欲しい」と伝えるといいと思います。

Q消滅時効の中断としての催告のイメージ

消滅時効の中断としての催告のイメージがよく湧かないので質問します。

例えば、2011年1月15日に暴行を受けて傷害を負ったことによる不法行為の損害賠償請求の訴訟をしようとする場合、2011年1月15日の暴行の日から3年以内の2014年(今年)の1月13日に、「2011年1月15日の暴行による傷害の損害賠償として金200万円を請求します。」という手紙を内容証明郵便で出して、2014年(今年)1月14日までに相手方に到達させたら、こちら(当方)は、上記の内容証明の到達日から6か月以内の2014年(今年)7月13日までに、相手方に金200万円の損害賠償の訴訟を提起できる、という考え方でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の考え方であっています。

催促による時効中断はあくまで一時的な措置と考えていいです。
消滅時効まじかにとりあえず催促しておけば、そこから6か月以内に訴訟起こさないと時効消滅します。
6か月後にまた催促して延長…ってことはできません(民法153条)。

ただ催促して相手から「支払まってくれ」等の返事がもらえたなら、それは債務の承認ということになり
時効は中断、もしくは時効期間完成後の債務承認となり、相手はその後に時効を援用できなくなります。

Q弟の借金返済について

先月、弟に3社より総額約300万円の借金があることが判明しました。借金が判明するのはこれが3回目で、前回までは義妹が貯金から返済をしましたが、それは一部だったようで、今回さすがに愛想をつかされ、協議離婚離婚したばかりです。
現在は両親のもと、返済計画を立てている最中で、私は任意整理を勧めました。しかし、両親は一度ブラックリストに載ってしまうと、将来的に再婚したり、今の家を建て替えたときに住宅ローンが組めなくなるのは困るとか、離婚した義妹のところに闇金などから勧誘が来るのは困るといって、立替え返済をしようとしています。(義妹は前の家にそのまま住んでいます)
弟自身は、任意整理でも親の立替え返済でも自分が支払って行くことには変わりない。でも義妹に迷惑をかけたくないと言って、両親の考えに従うと言っています。
実際、任意整理をし、一度ブラックに載った人はそのご難年たっても住宅ローンは組めないのでしょうか?また、離婚して住所変更・転居届けを出していても、前の住所あてに電話やDMの勧誘が来ることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

もう3回目なんですよね?
代払いすることは得策ではありません。むしろ最も悪い対応方法です。

家を建て替えて・・・とありますが、こんな弟さんでは仮にローンを組めたとしてもすぐに競売にかけられますよ。
ご両親も面倒を見てもらうどころか、家を追い出されます。まず間違いありません。

一生借家に・・・とあなたが言ったとありますが、冷たくも何ともありません。あなたが正しいです。
むしろ家族の中で現状を冷静に見ることができる唯一の人じゃないでしょうか。

わたしは破産しかないと思いますよ。
債務整理などではお金がいくらあっても足りません。
また闇金のことで元妻に迷惑をかけるかもしれない、と案じているようですが、郵便物は転送すればいい訳ですし、元妻も事情はよく知っているわけですからきちんと説明すれば理解してくれると思いますよ。
借金はそれでとりあえず解決するのですから。

少なくとも最悪の方法だけはとらないことを願っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報