最新閲覧日:

タンパク質の変性ってよくいいますが
実際のとこ、どのような変化を変性と呼ぶのでしょう?

加熱しただけでも変性するというのでしょうか?
有機溶媒に入れるとコンフォメーション変化がおきて
変性するともいいますよね。
あとメルカプトエタノールとかで処理した場合ジスルフィド結合が
壊されますが、これは変性でしょうか?
あと例えば6規定のHClで加熱した場合や臭化シアン、トリプシンなどによる処理で
断片化されたりしますが、これは変性ですか?

A 回答 (2件)

岩波の生物学辞典にはタンパク質の変性とは「タンパク質が種々の原因によって、


その一次構造の変化を伴わずに、二次、三次、四次構造などの立体構造に変化を
起こし、もっていた諸性質が変わる現象」とあります。
従って、加熱による変性(熱変性)や有機溶媒による変性、メルカプトエタノール
などによるS-S結合の切断などは変性と呼べます。
ただ、断片化した場合は明らかに一次構造から変わってしまっているため、これを
変性とは呼べないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の用いた生物学辞典ではよくわからなくて質問したのですが
辞典によってここまで差があるんですね(^_^;)

hebikeraさんの答えもすばらしいので
お二方に20ポイント差し上げたいのですが無理ですので
今回は先着順とさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 18:39

 定義からすると、タンパク質の一次構造は変わらずに高次構造が壊れることで、生(native)な状態と物性が変化することを言います。

加熱や有機溶媒によるコンホメーション変化、S-S結合の切断は変性ですが、酵素などによる断片化は変性とはいわないと思います。

変性を起こすのは、上記の他に、凍結、超音波、紫外線、X線などの物理的要因、酸性やアルカリ性、尿素、界面活性剤などの化学的要因があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>タンパク質の一次構造は変わらずに高次構造が壊れること

この一言でようやくイメージができました。
実験をしていたり勉強をしていると変性という言葉を使う機会が
多々あったのですが実際考えてみると何を変性というのかがわからなかったのです。

編成を起こす要因に関しては
凍結や紫外線、X線などでも変性が起こるのははじめて知りました。

お礼日時:2001/08/21 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ