四角形の1辺が10cmの中に四角形の4つの頂点を中心に半径10cmの円弧が4つ描かれています。
四角形の中にサーフボードが2つ重なっているような図になると思いますが、その重なっている部分の面積を教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

正方形の頂点を左上から時計と逆周りにA,B,C,Dとします。


さらに円弧の交点4つを上から時計と逆周りにP,Q,R,Sとします。

PQ間の円弧を(PQ)とあらわすとすると
求める面積は(PQ)(QR)(QS)(SP)ですね。

正方形の中心をGとします。
すると
(PQ)(QR)(QS)(SP)
=(PQ)G+(QR)G+(QS)G+(SP)G
=4*(PQ)G ∵(PQ)G=(QR)G=(QS)G=(SP)G

(PQ)Gを求めれば終了です。

また
(PQ)G
=(PQ)C-△PCG-△QCG
=(PQ)C-2*△PCG ∵△PCG=△QCG

(PQ)Cを求めます。

P,Qは半径10cmの円の交点なので△PBCと△QCDは正三角形。
∴∠PCB=∠QCD=60°
∴∠PCQ=30°

(PQ)C
=10*10*π*(30°/360°)
=(25/3)π

△PCGを求めます。
BCの中点をMとすると、△PCBは1辺が10cmの正三角形なので、
PM=5√3
∴△PCG
=PG*MC/2
=(PM-GM)*MC/2
=(5√3-5)*5/2

よって
(PQ)G
=(PQ)C-2*△PCG
=(25/3)π-2*(5√3-5)*5/2
=(25/3)π-25√3+25

(PQ)(QR)(QS)(SP)
=4*(PQ)G
=(100/3)π-100√3+100

以上

説明しづらい!
図を書けば一発。
ふーつかれた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切な解説を頂き感動しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 23:20

円周率を3.14として小数点2位以下があいまいですがおそらく出ました。


絵に描くと分かりやすいので。紙とペンを用意してください。

ココでは描けないので、各ヒント毎に理解したあと進んでください。
(いきなり7まで行くと混乱します)

まず、隣り合う点を中心として円弧を2コだけ書いてください。
<ヒント1>
真ん中にあるラグビーボールの大きさを求めます
(10×10×3.14÷4×2)-10×10=57(cm2)

<ヒント2>
半径10cmの1/4円からヒント1を除いた部分の大きさを求めます
(10×10×3.14÷4)-57=21.50(cm2)・・・(A)

<ヒント3>
ちょっととがった帽子型の大きさを求めます
半径10cm、60度の扇形の面積
10×10×3.14×60/360=52.33(cm2)
それぞれの円弧を中心とする辺を底辺とした半径10cmの正三角形の面積
10×5√3÷2=43.3
正三角形の淵にある細い三日月型の面積
52.33-43.30=9.03
ちょっととんがった帽子型の面積
43.3+9.03×2=61.36・・・(B)

ここで2つの円弧を追加する

<ヒント4>三味線のバチのような形の面積
正方形-B-A=100-61.36-21.5=17.04

<ヒント5>たけのこ(真ん中の四角を含む)を求める
100-21.5-17.04-17.04=44.42

<ヒント6>たけのこの先を求める
57-44.42=12.58

<ヒント7>ラグビーボールからたけのこの先2個を引くと真ん中が残る
57-12.58.12.58=31.84

(※計算間違いがあればご容赦ください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変親切な回答を頂き理解する事ができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 22:42

説明は難しいなあ。

上手な人におまかせ。
値は
100(π/3+1-√3)
で、約31.5です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 22:37

100π/3-100√3+100(平方センチ)



って出ましたけど。計算力無いんで、自信ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一辺の長さが1cmの立方体を8つ積み上げ、3つの頂点ABCを通る平面で

一辺の長さが1cmの立方体を8つ積み上げ、3つの頂点ABCを通る平面で切断したとき、斜面部の切断面の面積はいくらか。

上記問題(添付画像左側)なんですが、解説で切断面は三角形で√2×√6/2×1/2=√3/2cm2になると書いてあるのですが、切断したときどうして三角形になるのかよくわかりません。
切断面が五角形でもいいのではないのかとも考えているのですが、どう考えればよいか教えてください。
添付画像右側は正六面体のそれぞれの切断面です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

立方体8つを積み上げた大きな立方体の3つの頂点ABCを通る平面は正三角形です。

切断面は、斜線部の立方体の3つの頂点を通っています。

大きな立方体の3つの頂点を通る平面が正三角形なら、小さな立方体の3つの頂点を通る平面も正三角形ですよね?

Q任意の四角形の4つの角の二等分線でできる四角形は 円に内接する

「任意の四角形の四辺の中点を結んでできる四角形は平行四辺形」

ですが、これはベクトルなどを使えば簡単に示すことができました。
次に、

「任意の四角形の4つの角の二等分線でできる四角形は 円に内接する」

を示したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?

http://marine.sci.hyogo-u.ac.jp/~hammer/weblog/2006/03/post_11.html

Aベストアンサー

ANo.1さんの補足ですが、四角形の内角をそれぞれ 2α、2β、2γ、2δ とすれば
 (1) 四角形の内角の和は 360度( α + β + γ + δ = 180度 )
 (2) 内角の二等分線と両辺とのなす角度はそれぞれ α、β、γ、δ
から、作図によって、二等分線でできる四角形の内角(4箇所)が計算できます。その後
 (3) 二等分線でできる四角形が円に内接するならば、その四角形の対角の和は180度(1箇所がそうなっていれば(1)から、もう1方の和も180度のはず)
となっていることを示せばいいわけです。なお、この四角形は円に内接するので、いわゆる平行四辺形になることはありません(長方形にはなります)。元の四角形の1部が凹んでいる場合は、内角の1部が180度を越えるということを考慮すれば同じように証明できると思います。

Q高校数学です。 底面の半径1,高さhの直円錐を,頂点を通る平面で切る。その断面である三角形の面積の

高校数学です。

底面の半径1,高さhの直円錐を,頂点を通る平面で切る。その断面である三角形の面積の最大値を求めよ。


という問題です。どうやって解くのか教えてください。

Aベストアンサー

底面の中心Oからのズレをa とします.
aと頂点を通って,O-aに直角な平面が切断面(赤い三角)となります.
aの値を0~1まで動かして,面積の最大値を求めればよい.

切断面も常に三角形なので,
三角形の底辺は 2×√(1-a^2)
三角形の高さは √(h^2+a^2)

三角形の面積Sは
S= (1/2)×2×√(1-a^2)×√(h^2+a^2)
S=√((1-a^2)(h^2+a^2))
(aの4次式ですが)[a^2]の2次式なので,その最大値を求めればよい
S=√(-a^4-(h^2-1)a^2+h^2)
=√(-a^4-(h^2-1)a^2-((h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 + ((h^2+1)/2)^2 ) <ここまですべて平方根の中です>

したがって,a^2= -(h^2-1)/2 =(1-h^2)/2 のとき,すなわちa=√(1-h^2)のとき
最大値 (h^2+1)/2
ただし,これはh<=1 の場合

h>1の場合は,a=0のとき最大でS= h

底面の中心Oからのズレをa とします.
aと頂点を通って,O-aに直角な平面が切断面(赤い三角)となります.
aの値を0~1まで動かして,面積の最大値を求めればよい.

切断面も常に三角形なので,
三角形の底辺は 2×√(1-a^2)
三角形の高さは √(h^2+a^2)

三角形の面積Sは
S= (1/2)×2×√(1-a^2)×√(h^2+a^2)
S=√((1-a^2)(h^2+a^2))
(aの4次式ですが)[a^2]の2次式なので,その最大値を求めればよい
S=√(-a^4-(h^2-1)a^2+h^2)
=√(-a^4-(h^2-1)a^2-((h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 +((h^2...続きを読む

Q四角形の一辺の長さが0になると三角形になるか

ブラーマグプタの公式とヘロンの公式の関係で、一辺を0と考えるとブラーマグプタがヘロンになると聞いたのですが、四角形の一辺が0になると三角形になるという数学的な証明はされているのでしょうか?

Aベストアンサー

四角形の辺長が 0 に「なる」ことはないです。
長さ 0 のものは「辺」ではなく、それはもはや
「四角形」とは呼べないから。

四角形の一辺が 0 に「近づく」とき何が起こるか
についてなら、考えることができるでしょう。
その際、「一辺が 0 に近づく」とは何事であるか
を、きちんと定義しておく必要があります。

簡単なのは、三辺の長さを固定して、一辺の長さ
にバリエーションを持たせた四角形の集合の中で
考えることかな。
極限が同じ集合内に収まるようにするには、三角形も
一個、その集合の元にいれておく必要があり、
「一辺が 0 に近づくと四角形は三角形に近づく」
という結論ありきの舞台設定であることが、やや
スッキリしませんが。

もっと自然な話にするためには、全ての四角形と
全ての三角形を含む(または、全ての多角形を含む)
集合上に「近づく」を定義するほうがよいでしょう。
例えば、平面上でふたつの図形を重ねたとき
一方だけの図形に含まれる領域の面積の最小値
が小さいほど「近い」とか…
他にも候補はいろいろありそうです。

Q三角形で、頂点から対辺へ下した線分の長さ

三辺の長さの分かっている三角形ABCで、
BC上に点Pをとります。
BPはBCの長さのn/mとすると、
線分APの長さはどうなりますか。

Aベストアンサー

BC=a, CA=b, AB=cとすると

BP=na/m=p (1)

余弦定理より

AP^2=c^2+p^2-2cpcosB (2)

b^2=c^2+a^2-2accosB (3)

(3)より

cosB=(c^2+a^2-b^2)/2ac

(2)へ代入

AP^2=c^2+p^2-2cp[(c^2+a^2-b^2)/2ac]

(1)を代入

AP^2=c^2+(na/m)^2-2(na/m)c[(c^2+a^2-b^2)/2ac]

=c^2+(na/m)^2-(n/m)(c^2+a^2-b^2)

=[(n/m)^2-(n/m)]a^2+(n/m)b^2+(1-n/m)c^2

AP=√{[(n/m)^2-(n/m)]a^2+(n/m)b^2+(1-n/m)c^2}


人気Q&Aランキング

おすすめ情報