はじめまして。
このカテゴリに質問するのが良いのかどうか分かりませんが、
10月にカナダへ旅行する予定があり、困っています。

それは怪我をしたときにどう英語で言えばよいかということです。
具体的に話しますと、右ひざのねんざを5回しており
靭帯(じんたい)がかなり傷んでいます。

旅行中に、また膝をひねって自分で明らかにその靭帯を傷めたとき、
その箇所を傷めたことをどう伝えればよいのかが分からないのです。
きっと発音は分からないと思うので、紙に書いておいて
何かあったときに医者に見せて伝えたいと思います。

医学用語の翻訳サイトも調べているのですが、
なかなかよいサイトを見つけることもできていません。

1)医学用語の翻訳サイト
2)専門知識をお持ちのかたによる英訳
をぜひ教えていただきたいのです。
場所は、右ひざ内側側副靭帯(みぎひざないそくそくふくじんたい)です。

専門用語を使わなくても分かるという方がいらっしゃれば
それに越したことはありません。
添乗員の方にも伝えておきたいので、ぜひよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

内側側副靭帯


ulnar collateral ligament
右ひざ、ということですので
of right knee
とかつければ通じるのでは....??

↓結構使える辞書コーナーです。

参考URL:http://www.alc.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
一発で翻訳できるサイトがあるんですね。
感動してしまいました。

もし、膝をひねってしまったときは(とても冷静に判断できる状態ではないが・・・)
膝に指を指しながらこの言葉を見せようと思います。
ほんとにありがとうございました。

もちろんひねらないように予防をして行きます。

お礼日時:2001/08/21 16:15

macchan72さんがカナダのどの辺に行かれるのか分かりませんが、カナダの一部地域の病院紹介などのホームページがありました。


でも旅行保険に加入すると、だいたい日本語の通じる、または日本人の医師のいる行き先別の病院紹介が載ってるはずです。(冊子か何かで)

<日加タイムス 暮らしのインフォ「医療」>

参考URL:http://www.nikkatimes.ca/kurain/k4_01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
日本人の医師がいる医者に行けば通じますね。
メープル街道に行くので主要な都市ばかりを回るはずです。
きっと日本人医師のいる病院のある都市でしょう。
よく調べておきます。
もちろん旅行保険にも入っています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「摘出」は医学用語では何?

「摘出」を医学用語では何と言うのでしょうか?
ドイツ語でも、口語的な表現でもいいです。

Aベストアンサー

「摘出」単体で使うことは少ないです。
「○○××摘出術」というふうに何をとった手術なのかをそのまま英語で表すところが多いと思います。(たいがいは“~-tomy”というふうにいいます。)

単体で言うときはremovalです。

Q医学用語draining cystとは何でしょう?

こんにちは。
今英語の本を読んでいて(医学書ではなく一般書、ノンフィクションですが、中に病気を扱っているところがあります)、draining cystという表現に出くわしました。ある薬の副作用として出てきたのですが、研究社の医学辞典では載っていません。
どなたか専門家の方、この語の日本語訳がありましたらお教えいただけませんでしょうか?
日本語訳さえわかれば症状などはこちらで調べられると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

嚢胞の液体を流出する(させる)こと。


参考サイト
http://www.intelihealth.com/IH/ihtIH/WSIHW000/9339/11095.html

Q医学用語について

下記、教えて下さい。

伯母が、伯父の病気についてお医者さんに「DEP」と言われたというのですが、話を聞いても

要領が得ません。

どのような病気なのでしょうか?

宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

診療科が分からないとなんとも言えないですけど、DEP=Depression(うつ病)かなと推測しましたが、そんな雰囲気じゃないですか?

違ってたらすみません^^;。

Q心臓の活動に関連している医学用語でshort-te

心臓の活動に関連している医学用語でshort-term variability (STV)という言葉があるそうですが、これはどういう意味でしょうか。教えてください。

また、ショートタームバリアビリティ(short term variability)と表現しているところと、ショートタイムバリアビリティ(short time variability)と表現しているところがある気がするのですが、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

termのほうが普通でしょう

心拍は一定に繰り返しているようですが、ある程度のゆらぎを持っています
そのゆらぎがvariability変動です

心電図の尖った波をR波と言いますが、全く心拍変動がなければこのR波は一定の間隔で固定です
普通はゆらぎが存在し、それには周期性があります
変動周期や強さを解析することにより心拍変動に影響する自律神経の活動を捉えることができます

また、心電図の波形のうちのQT時間と呼ばれる時間の変動も、
ある種の不整脈の発生との関連が言われ分析の対象となりえます

参考URL:http://ci.nii.ac.jp/naid/110004777797

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報