システムメンテナンスのお知らせ

いろんな人間がいるから、世の中はやっかいなんだけど
これも合意したとか、鎌倉市の住人あたりは反対派が多く
鎌倉市長に1万人程度の反対署名を提出したとか
ごちゃごちゃやってるようだけど、

県が30%、藤沢市が35%、鎌倉市が20%、JR東日本が15%

とかの割合で金だして、無駄に駅を作る仮定みたいだけど

もちろん、こういうのって近くに住んでいる人間、そこれへんに企業がある人間からみれば
歓迎、

この駅以西や、関係ないので自分の税金だけ使われる人の大半は反対って所でしょうけど。

たいてい

湘南地区の人間って大船や横浜あたりまでおりない人が大半だと思うので

もちろん駅数がすくない方がわずらわしい乗り降りの回数、所要時間なども短いわけだから

無駄に駅なんて増えない方がいい、駅の周辺にすんでいる人間とかだと、それらの人間は

土地の価格があがったりとか利点があるので、オリンピック同様に利権とかになる人間共からみたら

歓迎って話なんだろうけど。

gooドクター

A 回答 (4件)

造るよ。

県主導の事業、後戻りはあり得ません。
負担割合は、神奈川県が30%、藤沢市・鎌倉市が27.5%、JR東日本が15.0%です。
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/130524 …
    • good
    • 1

藤沢市、鎌倉市、JR東日本の三者が建設で合意し、東海道線に新駅が出来ることに決まったと先日発表がありましたので、ようやく建設されるのでしょう。


この駅の話は同所に「湘南貨物駅」があった時代からあることなので、土地の価格などはある程度織り込み済みなのではないかと思います。
鎌倉市の一部の住人が反対しているのは大船を鎌倉市の一部という感じでとらえていない旧市内方面の方多いから・・・という話も聞きます。鎌倉駅方面の方からすると、何のご利益も無い東海道線の駅建設にお金を出すのはけしからん・・・ということなのだと想像します。
しかし、一方で鎌倉市としては市役所がこの新駅からそう遠くないJRの工場跡地(大船駅からはモノレールか路線バス利用の場所)に移ることが決まっていることもあって合意に至ったのだと思います。
藤沢市としてはこの新駅資金には武田薬品の大きな研究所があったり、南側一帯はこれも「湘南貨物駅」があった時代から住宅街が広がっていて藤沢駅へ出るにも大船駅へ出るにも歩くには遠く、交通手段は路線バスしかないが駅j方面への幹線道路が無く朝夕は混雑して時間を要する・・・という地域であるてめ駅を欲していたと聞きます。

ちなみに全ての普通電車が停車する駅になるかどうかまでは決まっていないのではないでしょうか。
まぁ横須賀線の大船、北鎌倉、鎌倉の3駅の間隔も相当近いので似た様な感じなのかなぁと思っています。これよりも更に数百メートルくらい近いか。。。(^^;

参考まで。
    • good
    • 1

おはようございます。


2032年開業で「村岡新駅」は話が進んでいます。

質問者様は他所の土地の方なのでしょう。
事情をご存じ無いように感じました。

⚪鎌倉市は市役所など行政が御成町にあります。鎌倉の正に鎌倉に。
地下に平安後期からの遺跡があるので地面は迂闊に掘れず、開発も出来ず、道路一つ拡げる事もままならない所にあります。
渋滞に巻き込まれやすく、立地としては好ましくない。
元々、鎌倉中心部に発展性が無い。
⚪深沢地区はJR工場が無くなり更地に。行政業務のスムーズさ、都市を発展させたいが土地の確保に苦慮している鎌倉市としては、この深沢の広大な土地を生かしたい。
⚪武田薬品工業の研究所の目の前にある。
⚪昔は湘南貨物駅があり、土地が元々あった。
⚪藤沢市は行政サービスが進んでいて、気候が温暖なので住みやすい都市として少子高齢化の最中でも人気であり、東京から離れているものの人口はいまだに増加傾向。
⚪村岡地区の耕作地の開発で土地を確保したい。
⚪藤沢駅の混雑緩和と、新駅設置で利用旅客の分散化による駅周辺道路の渋滞解消。

この村岡新駅構想自体は昔からあるもの。それこそ20年30年も過去から。
藤沢市の人口傾向、武田薬品工業、そして鎌倉市の事情が相まって具体化しただけです。
    • good
    • 6

この質問よりは新駅の方が遙かに有益ですね。



自分のことしか考えないのは馬○の証拠ですね。
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング