教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

エストロゲンとセロトニンってどんな役割をしますか?

gooドクター

A 回答 (2件)

女性ホルモンのエストロゲンは、神経伝達物質のセロトニンとも関係していて、セロトニンを活性化させる働きを持っています。

エストロゲンの分泌が活発な時期は、女性は肌の状態がいいだけでなく、メンタル的にもイキイキしています。

神経伝達物質のセロトニンと女性ホルモンの関係
セロトニンがへると抑うつになる、眠れない、頭痛やめまいが生じるというのは一般的にいわれております。
セロトニンが減ると片頭痛発作がおこりやすくなる。
片頭痛発作をとめる特効薬はトリプタンというセロトニン受容体の作動薬。
これらのことからセロトニンと片頭痛はきってもきれない関係。

女性の片頭痛
月経が来る前から頭痛がおこる。
これを月経関連頭痛といいます。
月経関連頭痛の7割は片頭痛だと。
女性ホルモンのエストロゲン
排卵日までにだんだん増加。
そしてエストロゲンが急に増えて排卵が誘発されます。
その後は、だんだんエストロゲンの量がへり生理がはじまります。
エストロゲンは脳内伝達物質のセロトニンを刺激する働きがあるようです。
エストロゲンがでている卵胞期(排卵前)はセロトニンが活性化。

黄体期(排卵後)はセロトニンが不活化。
この現象は生理前に頭痛が多くなるのを部分的にですが説明します。
頭痛のみならず、イライラが募ったり、やる気が低下するのもセロトニンが関連します。
ストレスがたまってドカ食いや衝動買いをするのもこの時期。
いわゆるPMS(月経前症候群)です。

セロトニンのふたつの機能
精神を安定させる機能
片頭痛発作がおこるまえの二日前くらいから(多いのは数時間まえ)を予兆期といいます。
この時期から抑うつ傾向になったり、音や光や臭いなどに過敏に。
これは予兆期にはセロトニンが不足するからと要因のひとつに考えられてます。
PMSでのいらいらもしかり。
食欲をおさえる機能 
片頭痛発作がおこるまえの食欲がでてきて過食に。
これは片頭痛の予兆期にはセロトニンが不足するのが要因のひとつと思われます。
PMSでのドカ食いもしかり
https://mbp-japan.com/hiroshima/inoue/column/501 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに詳しくありがとうございます…!!
とっても分かりやすかったですm(_ _)m

お礼日時:2021/02/10 21:04

エストロゲン:卵胞ホルモン


・乳管の発育促進
・皮膚のコラーゲン合成促進、皮脂腺の分泌抑制
・骨の量維持、コラーゲン合成促進
・血管拡張作用、抗動脈硬化作用
・LDLを下げ、HDLを上げる
・子宮内膜の増殖・肥厚、子宮頸管の粘液の分泌
・子宮の筋肉の発育・増大、頸管熟化

セロトニンは2種類ある(脳内に10%、腸内に90%:働きが違う)
脳内セロトニン:神経伝達物質
・ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑制
・自律神経系の指令調節
・痛みの感覚を制させる
・抗重力筋に働きかける

腸内セロトニン:腸の健康維持
・腸を動かす指令
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすく説明して下さりありがとうございます!!!助かりました!

お礼日時:2021/02/10 21:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング