教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

十年近くうつ病で通院しています
晩酌に逃げてしまいます
睡眠薬と抗うつ薬を飲んで寝るんですが、毎日寝る前2時間くらい記憶がありません
これは薬のせいでしょうか、それとも酒の量でしょうか
ちなみにかなり飲みます

gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

№6のお礼への返事ですが、



まず、休肝日を設ける前に、1日の上限を決めましょう。

誰かに言われたわけでもなく、自分自身で「このままじゃ、やばいな」と考えた方ですから、順序さえ間違わなければ、いい方向へ持って行けるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
とても励みになりました、目標ができました

お礼日時:2021/02/11 17:48

セルトラリンはセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。


スルピリド(ドグマチール)は古いタイプの抗精神病薬で、ドパミン分泌を遮断するようですが、不思議なことに少量の場合はむしろドパミンを出すということから、うつ病にも使わています。
いずれにしても、治す薬ではありません。

あなたはひょっとして「病院に通えば治るのでは・・」とお考えではありませんか?
医師自体は現在の薬で治らないことを知っています。だけどそれを患者さんには言えません。患者さんが来なくなりますからね。
治らないけど、ほどよいところで長く通院してくれるのが望みであり、同業者が増える中、患者が増えることでも成り立っています。
簡単に治る病気でしたら医院は成り立ちません。 

前回、ヘルペスウイルス6型がうつ病の原因と言うことは記しました。お調べになられたとお思います。
それならどうすれば治癒できるかが解らない限り、うつ病から抜け出せることはできません。違いますか?
●体内のウイルスの排除は白血球が活性化しない限り困難です。
ハスミワクチンのK.Mという免疫療法剤はそれが可能です。写真のワクチンです。丸山ワクチンも良いと思います。
 要は、皮下に接種し白血球を刺激する免疫療法に効果を見るということです。そのようなものは国内には上記2つしかありません。

別のお方がそれを試されています。ご覧ください。私は寛解ではなく治癒することを期待しています。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12177794.html
「うつ病と飲酒について」の回答画像12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
あくまでも克服するのは自分だと言うことはしっています

お礼日時:2021/02/13 14:10

抗うつ薬のメインであるSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)は、図のように、受け取れずに戻ってしまうセロトニンの、戻り口であるトランスポーターにふたをする阻害剤です。


帰らさずに、すきま(シナプス間隙)にためておいて、少ない受容体で少しずつでも受け取らせようとするものであり、うつ病を治すもので無いことが解りましょう。
「うつ病と飲酒について」の回答画像11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
抗うつ薬で、セルトラリンとスルピリドを服用しています
先生からは調子次第で減らしても良いと言われていて、今やや調子がいいのでスルピリドだけ服用しています
これは正しい減らし方でしょうか
自分的には合ってるような気がしてます

お礼日時:2021/02/13 09:21

細胞のつながりは下の図のようになっていて、様々な伝達物質を受容体で受け取ることで電気信号が流れ、思考などがなされます。


うつ病は、セロトニンという伝達物質の受容体が発現していないことで起きます。その原因が、ヘルペスウイルス6型にあり、細胞が異常になり受容体の発現を少なくしているということです。
ハスミワクチンという免疫療法は、白血球がウイルスを見つけて排除してくれる効果を見るものと思います。以上です。
「うつ病と飲酒について」の回答画像10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2021/02/13 09:22

うつ病について図などで説明します。


添付した図は脳の神経細胞のつながりです。この様に細胞がつながって思考や記憶など脳の働きがなされています。情報の伝達は神経伝達物質によって行われています。
「うつ病と飲酒について」の回答画像9
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
抗うつ薬を飲まないで寝てみましたが、やはり記憶が飛ぶし調子が悪くなります
酒の量が問題のような気がしました

お礼日時:2021/02/13 09:24

アルコール依存症とうつ病は、全ての人がそうなるとは言えないまでも相関関係があるとされています。

検索してお調べください。
その中で、「依存症によってうつ状態になったのか、うつ病によって飲酒問題が起きたのか、それは一定期間断酒しないと(アルコール依存症があるのか)どうかわからない・・」とされています。当然そうでしょう。アル中なら禁断症状が出ます。

私は、うつ病についても、アルコール依存症についても深く調べています。
いずれも脳の細胞に生じた病気であり、ウイルスが関係していますし、それが濃厚です。

●うつ病は、ヘルペスウイルス6型が脳細胞に感染することにより生じることが昨年明らかとなっています。
感染した脳細胞は、セロトニンという神経伝達物質を受け取る受容体の発現が低下することから、セロトニンを受け取れず、うつ病という症状が出るということです。

●アルコール依存症ついてですが
普通では酔いを感じるほどのアルコールを摂取すれば、ギャバという抑制性神経伝達物質の放出により、ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の放出が抑えられリラックス状態をもたらします。そのため、眠気なども起きて過剰なアルコールは受け付けなくなります。
 しかし、
アルコール依存状態となっている脳神経細胞は、ギャバという抑制系の神経伝達物質の受け取りができず、リラックスできず興奮状態のままとなるため、アルコールを断つと離脱症状(いらいら、けいれんなど)を引き起こし、飲酒をやめることができなくなる・・ということです。

その原因として、イギリスの研究チームによれば、ギャバを受け取る受容体をつくる遺伝子(Gabrb1)に★点突然変異が生じていることがわかり、ギャバ受容体の発現が減少し、充分なギャバを受け取れず、ドーパミンの放出を抑えることができないため、興奮したままとなりアルコールが止めれない。ということです。

脳の遺伝子の点変異にもおそらくウイルスが関係します。
脳も神経細胞ですので、ウイルスとしますとヘルペスウイルスの種と思われますので、うつ病とアル中を併発しても不思議はないと思います。
ーーーーーーーーー
私の関係には、うつ病がハスミワクチンのK.Mという種類のワクチンにより短期間で治癒した例があり、アルコール依存症においても効果を見ると思います。
以上、投稿を差し上げます。調べた資料など必要でしたらお示しできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
すみません、難しいです
どうしていいかわかりません

お礼日時:2021/02/12 16:18

№4のお礼への返事ですが、



まったく止めろとは言ってませんよ。(笑)

今の量では酷すぎるから、休肝日を設け、徐々に減らしてくださいと述べているだけです。

医師も立場上、酒を飲んでよいとは言えないですけれど、まったくダメと言うとやけになって治療を放棄してしまう患者さんがいるので、全面否定はしませんよ。

私もうつ病になって19年目ですが、生ビールを2杯以上呑むと嘔吐してしまうので、付き合い程度に吞んでいます。さすがに、カニの刺身やてんぷら、握りが出てくると、日本酒2合くらいは吞んでしまいます。

全く飲むなでは、生きがいも無くなりますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
休肝日が辛いんですよね、まったく寝れなくなるんです
量を加減しようと思います

お礼日時:2021/02/11 16:06

止めろと言っても酒好きな方には無理な話と思います。


だけど酒が鬱病の治療を妨げているのは事実ですから、本当
に鬱病を治したいなら、日頃飲まれる量の半分くらいは減ら
す努力は必要かなと思います。
鬱病は治療に専念すれば、5~6年で完治するとも言われて
います。10年はさすがに長過ぎます。

鬱病を患って辛いでしょ。決して楽ではありませんよね。
その辛さは鬱病を患っている人にしか分かりません。
酒を飲む事は酔いで辛さを紛らわせているだけで、緩和され
る事はなく、病状は悪化するだけです。

質問の最後に「かなり飲みます」って書かれてますよね。
これが酒は強いんだと自慢しているように聞こえたから、そ
れであんな事を言った訳です。別に悪気があっての回答では
ありません。言い過ぎと言われるなら謝罪します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
減らす努力をしてみます
まず寝る時間を早めて晩酌の時間を短縮しようと思ってます

お礼日時:2021/02/11 14:43

№4のお礼への返事ですが、



休肝日を設け、お酒を全く飲まずに薬を飲んで寝た場合、いきなり薬の量を減らして寝たのと同じ状態ですから、眠るのは難しいですね。

眠れなくてつらいと思いますが、もう1日だけお酒を飲まずに寝てみてください。睡眠は浅いですが、眠れるかもしれません。

それでも眠れない場合、医師に「お酒の量を減らしていく」ときちんと宣言をして、現在の薬に、寝つきをよくするだけの超短時間作用型の睡眠導入剤(アモバン、マイスリーなど)を追加で出せないか相談してください。

なお、医師ですから、お酒を飲むなとしか言いようがありませんが、あなたが生活を変えていく姿勢を見せれば、協力することもできるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
2日連日はありませんでした
でも、晩酌やはり楽しみで頑張れてるところがあるので、やめるの辛いです

お礼日時:2021/02/11 14:41

飲酒はよくありませんね。



アルコール類には薬の作用も副作用も高めるとともに、覚醒作用があることから、よい睡眠がとれません。しかも、飲酒を止めると、これまでの薬の量で眠れなくなります。さらに、薬とアルコール類の毒性として、肝臓に負担が二重にかかり、肝硬変になる危険性もあります。

ご質問の「毎日寝る前2時間くらい記憶がありません」は睡眠薬のせいではなく、常用している抗不安薬の副作用が高まり、健忘が出ているものと考えます。

なお、一気に飲酒量を減らすことは難しいことですから、必ず週に2回は休肝日を設け、徐々に減らす努力をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
おっしゃる通りだと思います
休刊日を作るとまったく寝れないんです
少し量を減らすんではだめでしょうか

お礼日時:2021/02/11 13:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング