オンライン健康相談、gooドクター

加速度運動している場合、静止しているものと比べると時間は遅れますが、

とうそく直線運動している場合は、静止している場合と比べて時間はどうなりますか??

互いに遅れて見えると説明されますが
この場合に時計を比べることは不可能ですか?例えば通信機を使って時差も考慮して比べるなど

質問者からの補足コメント

  • 加速期間は考えないものとして

      補足日時:2021/02/11 19:35
gooドクター

A 回答 (19件中1~10件)

多分図が無いとらちがあかないと思うので


ローレンツ変換の時空図をアップしてみました。

横軸が「静止系」の時間t、縦軸が「静止系」の距離Xで、
OC`が等速直線運動の世界線です。
ODCが静止系で静止している物体の世界線です。

BCが「静止系」で時刻が1秒の世界線(「静止系」で同時を表す線)
になります。

B'C'Dが「等速直線運動する系」で時刻が1秒の世界線
(「等速直線運動する系」で同時を表す線)

「等速直線運動する系」C'から静止系の時計(時刻=1秒)で観測すると
Dの時計が見えて、静止系では時刻<1秒 となることがわかります。

「静止系」Cから「等速直線運動する系」の時計(時刻=1秒)で観測すると
BCとOC'の交点の時計が見えて、「等速直線運動する系」では
時刻<1秒 に見えます。

双方から遅れて見える、というのは同時を表す世界線の傾きが、
慣性系で異なっているためで、C’DとBCが交差しているのが
双方から遅れて見える原因です。わかってしまえば
とても簡単なことなのです。

ローレンツ変換は空間と時間の2次元的なイメージがないと
理解できないので、時空図をじっくり眺めることを
お勧めします。
「加速度運動している場合、静止しているもの」の回答画像16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強してみます

お礼日時:2021/02/12 12:55

エーテルでいうと、


エーテルにより公転運動の影響が干渉計の干渉に現れる。
エーテルにより公転運動の影響がキャンセルされ、干渉が変化しない。

また、アインシュタインは「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC …

加速度系と慣性系を分けたらいいと言う問題ではなく、それで合わせないと一生、平行線のまま
    • good
    • 0

>重力が等方的で静止しているのであれば、それは重力が働いていても釣り合っているから慣性系と呼べるのではないですか?



1,重力作用により等方性が産まれそれを慣性系と呼ぼうと、
2,重力を無視した慣性系があると言うのは違うのは?

1では宇宙の階層構造の中で、慣性系があり、非対称です。
2は、慣性系ありきなので、光速度不変を原理にすれば、
お互い様に時間が遅れるような関係がある。

慣性系間の考え方も1,2では変わるんです。

定点A)))))))□□□□))))))))定点Bに
光を伝搬し、中に実験系を入れます。
で実験系を伝搬路にそって慣性運動させると、時間が遅れ
中の光時計もスローになる分、A-B間の光の到着が遅れます。
光源の運動により光速が一定なのではなく、伝送路ととの関係により
変化するのでは?
    • good
    • 0

まあ、時空図なんて絵にかいた餅でしょうね。



アインシュタインは、いいます。

まず、上のように特徴づけられる、この理論についてひとつの注意をする。この理論が(四次元空間を別にして)二種類の物理的なもの、すなわち(1)測定棒と時計、(2)例えぱ電磁場や物質点などの他のすべてのものを導入するという事実は奇異の感をいだかせる。これはある意味では矛盾している。http://fnorio.com/0160special_theory_of_relativi …

慣性系間は質点ではないので、量子論に負けた反省ですね。
    • good
    • 0

絶対静止座標系を排除するってことは、その慣性系の派生の仕組みが重要で、慣性系と加速度系を分けてしまって、重力と他の力が統一ができないっていってるのは、当たり前な話なんです。

    • good
    • 0

マイケルソン・モーリーの実験の公転する地球の表面の一様重力場で、等方的に光速が一定な状況は、まさしくそういう状態では?

    • good
    • 0

>重力がどこにも存在するから静止した状況は考えられないということですか??



逆でしょうね、重力下において無重量状態の等方性ができる。
それが静止であったり、一様重力場では?

でもそういう状態でも重力がなくなったわけではないので
重力加速はされているといってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意図している内容と違うかもしれませんが、

重力が等方的で静止しているのであれば、それは重力が働いていても釣り合っているから慣性系と呼べるのではないですか?

お礼日時:2021/02/12 12:54

?そんなこと書いてるつまりありませんが



では、重力下でない慣性系があるといってますか?
    • good
    • 0

まあ、双子のパラドックスみたいな幼稚なパラドックスで、


重力を先送りして、茶を濁してるんだろうね。
    • good
    • 0

>ということで、このような双子の場合どちらの時計が遅れるのでしょうね。

(偉い人教えてw)

偉い人と言うか宮沢先生の言う通りなことを、アレンジして前に回答したことを書いてみます。

ーーーーーーーー
「光速度不変の原理と慣性の法則は矛盾しますか?」の答えは矛盾するでいいですか?

理由は、光速といった波動と慣性の法則がいう粒子の運動を取り扱う場合、二重性を定式化しないと教えては駄目だから、だから相対論信者がいう、光速度不変は座標変換だからよいわるいと言う問題ではなく、それ以前に

そこで先輩は結論した。Newton 力学はミクロの系では破綻を来した。古典物理から離れて新しい力学を作らなければいけない、と。こうして質点と言う考えを保ったまま原理を変えようとしたので、難しい量子力学へとなってしまうのであった。
しかし、Newton 力学は矛盾のない理論体系で、決して破綻するものではない。破綻したのは電子を質点としたことである。

二重性などという言葉は、その意味が数学的に定義されているのでない限り、科学で使うべきではない。問題提起としてなら良いが、結論として教えてはいけない。
http://www.miyazaw1.sakura.ne.jp/papers/quantum. …

超絶ニュートン力学(光の速度差で生成されるガリレイ系)
https://note.com/s_hyama/n/nda939a973f93

量子論的な超絶ニュートン力学
https://note.com/s_hyama/n/n13c36f2e533a

アインシュタインも、矛盾と言ってます。

座標の物理的解釈を(それ自身可能な何かを)一般にあきらめたくないならば、このような矛盾を許すほうがよいが----もちろん、理論の以後の研究において、それを取り除く必要はある。しかし、ここに述べた欠点を正当化して、距離を、他の物理的な量と本質的に異なる、特別な物理的実体であると想像すべきではない(“物理学を幾何学に還元する”など)。
http://fnorio.com/0160special_theory_of_relativi …
ーーーーーーーーーー

だから双子の質点も無理な原理で辻褄合わせしても、非現実にしかならないのかと
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング