【初月無料キャンペーン中】gooドクター

例えば、総資産は1000万として、保有銘柄は5つとします。
1つの銘柄の株価が下がり続けているので、損切りで売却したとします。

これって、総資産が減るのが普通何ですか?

売却段階での総資産が1000万なんで、売却しても1000万ではないんですか?

ちなみに、成行で売却しました。

もしかして、成行と指値では、どちらが売却に適しているのでしょうか?

株の素人なので、おかしなことを聞いていたら申し訳ありません。

gooドクター

A 回答 (2件)

・それはいつの時点を基準として判断するかによります。



・売却時の時価評価での総資産が1,000万で、そこで株式を売却すれば
それは総資産は、売買手数料や税金等を考慮しなければ変わりません。

・5銘柄1,000万の評価だったものが、4銘柄の時価評価+売却した1銘柄分の現金にかわるだけです。

・買値を基準としてそれより下がったところで売却すれば、それは当然値下がり分だけ損失が出て資産も減少したということになります。

・成行と指値、どちらが適しているかを断言することはできません。
即座に売却してしまいたいなら成行、この値段でなければ売らないというのであれば指値、それは売買する側の都合で指定するのが基本です。
    • good
    • 0

総資産1000万円はその時点での時価総額です。


成り行き売りであれば、指値のように価格の指定が出来ないので、相場が弱いときは安く売れ、高い時は高く売れる傾向があり、同一保有銘柄すべてを売却すると一気に売れる場合と、ばらばらに売れる場合があり、平均売却単価として考えることになるでしょう。

差し出がましいことですが、どのような銘柄をお持ちだったのでしょうか?
私なりですが、分析させていただきますが・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング