絶縁材料のいわゆるA種の許容最高温度105℃は何に基づいたものでどういう算出で105となったのかどなたかご存じないでしょうか?

また,絶縁物の温度上昇に関し,アレニウスの法則とは別に,Montsingerの法則(?)みたいなのがあるみたいですが,これについての出典は何を調べればよいのか合わせて御教授いただけたらと思います。(アレニウスの出典はどこでも確認できるもののMontsingerについての文献が調べても調べても探し出せません)

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

単に、許容最高温度105℃としたい絶縁材料(ワニス含浸繊維、油性エナメル、ポリエステル、ブタジエンゴムなど)をIEC規格でA種と定義しただけだと思いますが、そういう意味ではなくてですか。



詳しく知りたければ、JIS C4003(電気機器絶縁の種類)、IEC 60085(Thermal evaluation and classification of electrical insulation)を参照してみてはいかがでしょうか。

Montsingerの法則なるものは知りませんでしたが、検索してみると温度が絶縁物の寿命に影響する度合いに関する法則で、アレニウスの法則のような物理学的法則ではなく、経験則と思います。参考URL
(http://www.compsys.com/files/ProactiveTCF.pdf)のpdfファイルには

"A general rule of thumb is that the thermal life of an insulation system is halved for each 10℃ increase in exposure temperature"

とあり、この参考文献として

Montsinger, V.M.,“Loading Transformers by Temperature”, AlEE Trans. Vol. 32,1913.

があげられています。AIEEはIEEEの前身で、1913年の論文ですからずいぶん昔に提唱された法則のようです。

参考URL:http://www.compsys.com/files/ProactiveTCF.pdf, http://www.fanox.com/pags/ingles/productos/prote …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度や湿度気圧などが分かる腕時計ってありますか?

凄く欲しいんです。温度計は絶対無いと嫌なんですが、湿度や気圧はできれば欲しいです。そんな腕時計ってありますか?また、あるとしたら値段的にはどのぐらいなんですか?

Aベストアンサー

カシオのプロトレックシリーズは温度計や気圧計があります。
湿度計はなかったと思います。
ただし、温度・湿度(仮にあったとした場合)は腕につけた状態では正確な測定はできません(体温や汗の影響を受ける)。

参考URL:http://www.casio.co.jp/ww/PROTREK/

Qオームの法則にあるE,I,R

E、I、Rの各文字は、何の略、あるいはなぜこうなってるのでしょうか?そもそも何語?特にIは見当がつかないのですが・・・。

Aベストアンサー

I…intensity of electric current…電流

参考URL
E、I、Rはどんな意味がある?
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/denryu_s.html

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/denryu_s.html

Q各温度での相対湿度の求め方を教えてください。

不活性ガスを純粋中に通してバブリングを行い,湿度を変化させています.サンプルを入れている箱の中の温度を変化させて,一定の温度に保ち,湿度を変化させたガスをフローしているのですが,湿度の値はサンプルの箱に入る直前の値を測定しています.
湿度測定している場所は室温なのですが、サンプルが入っている場所は別の温度で一定の保っています.どうすれば、サンプルの箱内の湿度に変換できるでしょうか。
例えば,25℃(室温)で50%の湿度だとすると,サンプルの箱内(温度0℃や100℃)だと湿度の値はどうなるでしょうか。
わかる方是非教えてください。

Aベストアンサー

目的の部分での温度における飽和蒸気圧を Pt とします.
25℃での飽和蒸気圧を P25,25℃での相対湿度を R25 とすれば,求める温度での相対湿度 Rt は
Rt = R25×(P25/Pt)
これだけでいいはずです.
たとえば,100℃であれば P100 = 1 atm なので,P25 = 0.031 atm とすれば R100 = R25×0.031 ですし,0℃であれば P0 = 0.0060 atm から R0 = R25×5.17 です.ただし,Rt は最大でも100%なので,それを超える数値が出れば過剰水分がどこかに結露して RH100% になるということになります.

Qボイルの法則に矛盾だと!?(温度が変化?)

突然すみません、、変なこと書いてしまって・・・

早速本題です。。ボイルの法則はご存じの通り、
『温度が一定のとき気体の体積は圧力に反比例する』
(温度が一定のとき圧力が増えると体積は減る又はその逆)

ですがここである疑問が出ます。

『気体は圧力を高めて圧縮すると温度が高くなる』ことは知られてますが、
ボイルの法則において圧力を高めて体積を小さくすると温度が上がるはず・・・!!!???温度が一定のはずなのに温度が上がってしまう・・・そっか温度が上がらないように体積を増やせばいいんだ?ん?でもそうしたらボイルの法則の曲線が2次関数に!!
(↑上のように体積を増やしても元の温度まで下がらないことに後から気づく・・・)

質問はこのボイルの法則における『温度の発生』をどう説明するかです。


実はこの疑問には一つの答えがあるみたいです。それは、『ボイルの法則における「
温度が一定」とは「外界からの熱の流入がゼロ」という意味で圧力の変化による熱の変化は考えない』というもの。しかし、私にはこれが正解なのかよく分かりません、、、


そこでこの答えが合っているのかも教えていただきたいのです。。
皆さまのご協力よろしくお願いたします!

突然すみません、、変なこと書いてしまって・・・

早速本題です。。ボイルの法則はご存じの通り、
『温度が一定のとき気体の体積は圧力に反比例する』
(温度が一定のとき圧力が増えると体積は減る又はその逆)

ですがここである疑問が出ます。

『気体は圧力を高めて圧縮すると温度が高くなる』ことは知られてますが、
ボイルの法則において圧力を高めて体積を小さくすると温度が上がるはず・・・!!!???温度が一定のはずなのに温度が上がってしまう・・・そっか温度が上がらないように体積を増やせばいいん...続きを読む

Aベストアンサー

等温変化において成立するボイルの法則を,断熱変化その他の等温でありえない状態変化に適用しようとしたら,矛盾するのはあたりまえです。

>『気体は圧力を高めて圧縮すると温度が高くなる』

これは断熱変化等の場合であって,当然ボイルの法則は成立しません。

>『ボイルの法則における「温度が一定」とは「外界からの熱の流入がゼロ」という意味で圧力の変化による熱の変化は考えない』というもの。

熱の流入がゼロなら断熱変化ですから,当然温度は変わらなければなりません。温度一定と熱の流入ゼロとは異なります。

総じて,熱力学第1法則=エネルギー保存に対する理解があやういようですので,そのへんを学習されることをおすすめします。

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Q工学:絶縁膜の一箇所にあるμサイズの導通スポットがどこにあるかを調べる方法

タイトルのような箇所を調べる方法はありますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

絶縁膜を平坦な導体の上に置き 放電試験するのが一般的なのでは・・・

コンドームのピンホール確認試験は 金属棒にかぶせ 放電試験 で行うそうです

Q温度が上がると気圧は下がる?気圧の意味

温度が上がると気圧はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=CLvuNAhGX_8
この動画を見て天気のことを勉強させていただいていました。

すると温度が上がると気圧がさがると言っているのですが
これはあっていますか?

僕のイメージでは
空気には目に見えない粒子があり、それが飛び回っていて、
気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?


少しひっかかるのは、袋があるとし、その袋の中から外に押しているのが気圧ですか?
それとも、外から中に教えているのが気圧ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空気は上方に逃げて行く為,気圧が下がって低気圧になっているように見えます。
2.夏の太平洋では,昼夜の平均で見れば,陸地よりも海水の方が温度が高く,その為蒸発量も海域の方が遙かに多くなります。湿った空気と乾いた空気を比べると,湿った空気の方が遙かに軽くなります。このため海域の空気は大きく膨張し対流を起こしますが,上昇できる高さには制限があります。上昇範囲の最高高度を『圏界面』と呼び,圏界面より下の対流可能な範囲を『対流圏』と呼びます。夏の太平洋では,膨張した湿った空気の勢力は四方八方へも広がります。これが太平洋高気圧の正体です。台風は,太平洋高気圧の周辺部の,気流の乱れやすい地域(陸地からの冷気と接触する部分)で発生します。
3.冬の陸地は対流(大気大循環のシステム)によって,偏西風帯が南下してくる為,冷気団を抱え込むことになります。海域では日射が弱まる為,夏ほどには高気圧が発達しません。その関係で日本付近には冷気が強く吹き出してくる訳です。

それから,『気圧』の定義についてですが,1.のような容器内ではなく,自由空間での圧力を考えます。『1平方cmあたりの地表面における空気の重さ』或いは『君の肩に掛かる1平方cmあたりの空気の重さ』と定義します。平均的な地表面付近の気圧=1気圧=1013hp はご存じでしょう。

気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?

密閉容器内ではそう言う考え方も出来ます。別の考え方として,
密閉容器内では温度が高くなると,空気分子の熱運動エネルギーが高まり,分子同士の衝突が激しくなって,その結果として気圧が高くなる。逆に,冷えると運動エネルギーを失って気圧が下がる。・・・と考えます。
夏の太平洋高気圧は,非常に大きな密閉容器内での,大量に水蒸気を含んだ(熱エネルギー量の大きい)空気分子の「振る舞い」と,陸地での冷却・乾燥した大気の「振る舞いの結果」と理解しましょう。
解りにくい部分があったら,補足で質問してね。

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空...続きを読む

Q絶縁抵抗と絶縁耐圧

大抵、絶縁抵抗はDCで、絶縁耐圧はACで
規定されていますが、DC、ACを使い分ける
理由は何でしょうか。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

【絶縁抵抗】インダクタンスの影響を受けないため直流で測定する。交流で測ると絶縁抵抗が高め、すなわち安全側に出る。

【絶縁耐力】直流高電圧を可変させることが、現場では事実上できないため交流で測定する。試験室や工場では、直流で試験することもある。

ではなかったでしょうか。ウン十年前に習ったことなので、自信ありません。

Q部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?

冬って、部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?
であれば
部屋の温度を下げれば、湿度は高くなりますか?

Aベストアンサー

一般に湿度はその温度での飽和水蒸気量を100%としますから、
(理想的には)温度が下がると分子はそのままで分母が減るので、湿度は上がります。

実際には部屋の温度が一定なんて事はあり得ませんから、もう少し複雑なのですが。

Q10,000,000MΩの絶縁抵抗の絶縁物て有りますか

真空容器の電流導入端子、は高純度アルミナなどを使用しています。
(絶縁抵抗1000MΩ)がもっと抵抗値が高い材料て有りますか?

Aベストアンサー

ご質問に出てきたものは、アルミナを磁器にした絶縁物ではないですか。
アルミナ磁器は、優秀な絶縁性と耐熱性を持っていますので、広く使用されていますね。
他にも酸化チタンやマグネシヤの磁器が有りますが、固有抵抗は似たような物です。
白雲母が2桁ほど固有抵抗が大きな物が有るかと思います。

ご質問は、抵抗値を問題にしていますが、それでしたら、その材料のまま絶縁距離を必要な倍数だけ大きくすれば、所要の抵抗値になります。

固有抵抗が問題でしたら、体積固有抵抗で補足されると材料に詳しい方の回答が得やすいように思えます。
絶縁物の選択は、使用環境によって要求される物性があると思います。
また、高圧で使用されるのでしたら、絶縁物の表面を電流は流れますので、見かけの抵抗は下がります。形状にも、ご注意ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報