在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

対面で準光速で飛行するロケット同士があるとき、

片側のロケットからもう一方のロケットの速度を見ると、

感覚的にはゆうに光速を越えそうですが、
越えないのはどのように説明が付くのですか?

gooドクター

A 回答 (3件)

双方が対面でv1、v2の準光速で飛んでいるのを第3者から


みた場合、その「相対速度」 v1+v2は光速cを越えます。


しかし片方のロケットからもう片方のロケットの速度vを
先程の「第3者からみた速度」v1、v2を使って
相対論の速度合成則
で計算すると

v=(v1+v2)/(1+v1v2/c^2)

となります。
v1<c、v2<c で
vが光速を超えることは有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。理解できました!

お礼日時:2021/02/13 09:15

見えているのは光であってロケットそのものではないから

    • good
    • 0

ひとことでいえば、時間と空間が慣性系によってかわるからです。



私たちは宇宙全体に一様に流れる時間と一様な空間があると感じがちですが、そうではなく、慣性系によって時間と空間がかわってきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング